日本一の記憶王と呼ばれた男 

June 16 [Tue], 2009, 13:48




確実に合格を

勝ち取りたいあなたへ




はじめまして、日本記憶術学院の藤本憲幸です。

私は現在中国を中心としてヨガを広める活動をしているのですが、
これまで30年間に渡り記憶術の第一人者として活動をしてきました。

これまで400冊もの書籍を出版し、
記憶術に関しては私の書籍に触れたのは、100万人くらいは軽く超えていて、
現在まで30年間でトータル3万人ほどのクライアントさんに
実際に記憶術を教えてきました。(ここ5年は活動はしていません。)

そして、

この手紙は以下の人のために書きました。

 ・どうしても合格しなくてはいけない入学試験を控えている
 ・何が何でも、取得したい資格の試験がある


もし、あなたがこれに当てはまるのならば10分ほどお時間をとって、
この手紙を読んでみてください。

あなたのその目標は記憶術をマスターすることによって、
あなたが思っている以上に簡単に達成することでしょう。

ただし。

この手紙の中で、あなたに“真実を”お伝えするため
所々で「現在の学習法」 に ケンカを売っていると
誤解されてしまうのを覚悟の上で、お話していくということを予めご了承ください・・・



≫手紙の続きはコチラから



結果の出ない勉強法はもう止めてください 

June 16 [Tue], 2009, 13:47




時間=結果では

ありません




私は、これまであらゆるクライアントと関わる中で
間違った勉強法をしている人を沢山見てきました。

例えば、よくあるのが


■繰り返し繰り返し参考書や教科書を見る。
■ノートに綺麗にまとめ何度も見直す。
■基礎から教えてくれる参考書を探す。
■一夜漬けをして一気に覚える。
■過去問を徹底的にやる
■試験に出そうな問題を予想する。
■やる気を出しモチベーションを上げる。

 


このような勉強をしている人がとても多いです。
これは学校にしても、塾・家庭教師にしてもこのような方法をとっています。

つまり、勉強時間=試験の結果

教科書や参考書に向かう時間が長いほど結果が出てくる・・・


しかし、これらのやり方ではどうしても時間がかかってしまいますし、
実際に勉強をしたことを記憶することはできないんです。

その証拠に、

覚えようとしているんだけど

どうしても忘れてしまう・・・



今まで、この声を何度聞いたか数えきれません。

絶対に受からなくてはいけない試験が迫っているのに、
思ったように勉強がはかどらなかったり、
徹夜で勉強してテストに臨んだのに、せっかく覚えた個所を忘れてしまったり・・・

あなたも似たような経験があるのではないでしょうか。

これは、いわば受験生の宿命であり、
「試験制度」というものがこの世にある以上、
文句ばっかり言っていられないのが現状です。



≫そこで知ってもらいたいのが・・・