1日数分トレーニングするだけで、誰でもできる記憶法の紹介

カテゴリアーカイブ
受験に使える記憶法 / 2009年03月04日(水)
どの高校や大学を出たかなど、社会に出てからの実際の仕事には、

ほとんど関係ありませんが、周囲の待遇やそんな仕事を担当するかなど、

見えないところで、やはり大きな影響があります。



言葉に出さなくても、態度・雰囲気でどの大学か、どれぐらいのレベルの大学かも、

人を見慣れた人なら、おおよその見当で当てられたりします。



実力主義がいわれていて、学歴は関係ないと、いわれていますが、

現実には、人の接し方・待遇は全く変ります。



できるなら、より上のレベルの大学に入っておきたいと思うのは、

当然です。



受験では、理解しておくこと、解法の仕方を覚えておくことなどのほか、

大量の事柄を記憶しておくことが大事になります。



しかしながら、古文・漢文・現代語・英語・数学・生物・化学・

物理・日本史・世界史・地理・倫理など多数の教科となると、

覚える事にも時間がかかってしまいます。



1日24時間は、誰でも同じですから、

覚える時間を効率よくすることが、

大事です。



右脳のイメージを使えば、覚えることが楽になり、

しかも、適切なイメージを作っておけば、

イメージ間の関係のイメージで覚えられるので、

理解も速くなり、忘れにくく、

しかも、思い出すのに時間がかからなくなります。



言葉で必死に覚えていたら、

頭の使い方を変えて、イメージで覚えるように変えたらどうでしょうか?



きっと、違った自分を経験できると思います。





詳しくは、右脳を使い脳を活性化する

>>川村明宏のジニアス記憶術 <<をご覧ください。


返金保証つきです。
安心して試せます。



暗記し、暗誦することが、理解力や創造力を高めます。



 
   
Posted at 14:36 / 記憶法 / この記事のURL
誰でもできる記憶法 / 2009年02月24日(火)
「試験があるのに、全然覚えていない。」と、悩んだことがありませんか?

「頭がいいやつが、うらやましい。」と、思ったことはありませんか?

「頭が悪いから、仕方ない。」と、あきらめていませんか?




 頭が悪いからと、高校・大学や資格をあきらめるのは、早すぎます。

 実は、誰でも頭がいいのですが、脳の使い方や記憶法を教えられていません。

 頭がいい人には、頭がいい理由があります。



頭がいい人は、小さい頃から、自然にイメージを使った記憶法を身につけています。

記憶する事柄を、ごく自然にイメージにしてから記憶しています。

イメージで記憶すると、実は、誰でも皆、記憶したことを忘れなくなります。

相対性理論を発表したアインシュタインも、イメージで考えていると言っています。



また、考える時もイメージを中心に考えますので、

言葉で考えるより、複雑に、しかも速いスピードで考えることができます。

頭がいい人は、頭の回転が速いと言われますが、

実は、言葉ではなくイメージで考えています。



人は、誰でも皆小さい頃は、創造力豊かで、空想力もあり、

記憶力も優れ、イメージで考えています。

しかし、小学校に入って、文字を習い、言葉を覚えるにつれ、

次第に、言葉で考えるようになり、言葉が中心になります。

大人になるころには、多くの人は、

脳裏にイメージを自由に描くことができなくなります。

また、試験勉強で記憶する時には、言葉で記憶するようになり、

語呂合わせなどの記憶法に頼るようになります。



言葉も大事ですが、右脳のイメージも使うことで、

記憶力や理解力が増します。

頭がいい人は、周囲の人とは違う頭の使い方や、

イメージを使う記憶法をしていることに、

自分でも気がつかず、他人に教えることもありません。



誰でも、毎日数分の訓練で、イメージが描けるようになります。



イメージを、脳裏に自由に描けるようになると、

イメージで記憶できるようになるだけでなく、

右脳が活性化して、理解力も向上し、頭の回転も速くなります。




詳しくは、右脳を使い脳を活性化する

>>川村明宏のジニアス記憶術 <<をご覧ください。


返金保証つきです。
安心して試せます。



暗記し、暗誦することが、理解力や創造力を高めます。



 
   
Posted at 17:44 / 記憶法 / この記事のURL
P R
 
 
Powered by yaplog!