生命保険の考え 

April 23 [Mon], 2012, 8:05
生命保険というのは、事故や病気などによる人の生死に対して、一定金額を支払うことを約束する保険です。 あとに遺された遺族に対しては、死亡者が生命保険に加入していれば、生活に必要なお金を「保険金」という形で保険会社等がきちんと支払うことになります。 こうして「万が一のときのために加入しておくのが生命保険」であって、現実に、日本の全世帯の9割が何かしらの保険に加入しているのです。 さて、とてもまずいことに、その生命保険契約がどんな内容なのかをしっかり分かって加入している人は本当に少数です。 やってきたセールスマンの話を鵜呑みにしたり、友達からの勧めを断れずに、やむを得ず生命保険に入ったという人も多いようです。 複雑な生命保険の仕組みに戸惑ってしまって、自分では調べてみる気も起きないという方も多いとのことです。 しかし、それでは合わない保険につい加入してしまったりして、毎月本当に高額な保険料を何十年もの長い間払い続けることになります。 そうならない為に、生命保険の加入を考えている人は、これからはしっかりとした知識をつけなければいけません。 すでに生命保険に加入している人は、その保険の保険証券を近くにおいたうえで、もう一度契約内容をきちんと見直しましょう。
必要 選び 付加 生じ 選択肢 素人 生命 保障 渡っ 保険 特約 自分 決め 主 多 同種 特約 大切 について 一定
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kinyuutts
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる