『攻撃魔術の使えない魔術師』について 

November 26 [Sat], 2011, 3:05
 
 
 こんばんわ、絹野帽子です。

 夜分遅くに申し訳ありません。でも今夜中に言っておきたくて、投稿させていただきます。
 『コマツな』では、実に多くのキャラクターを書いています。少なくとも30人以上、1話限りのみ、セリフだけ、名前がない、そんなキャラを含めれば50人を超えてしまいます。

 今回は、その中から私の好きなキャラを選んで紹介させてもらいます。



 まずはこのブログでも何度か記事にしたジルでしょうか?

 初登場は5歳編の幼馴染と森に行くシーン。最初はただの、オオカミの子供でした。
 人間になれるようになってからの、ジルを書いている話はかなりテンションがアゲアゲでした。よく、バカっぽいキャラと言われます・・・まぁ、実際その通りなのですが(笑)

 私にとって、ジルはどちらかいえば「正直者」という印象です。
 「素直」とか「一直線」でもいいかもしれませんが、「正直」というイメージが一番しっくりきます。
 裏表がないから、そういうキャラだから、双子の妹のリリアを除いてジルは皆から愛されています。そのリリアだって、本当はジルのことは嫌いじゃないのです。どちらかというと、好敵手と書いてライバルと読むような関係なので。


 つぎにアイラさん。本名はアイラ・ウェステッド。

 初登場は3歳編。実は作中で主人公の次に登場しているのが、このアイラさんです。バーレンシア家の使用人(メイド)のお姉さん。
 クールな見た目にドジッ娘要素があって、年上好きです。
 頼れる男性にクラクラっときちゃうタイプですね。だから、ロイズとのカップリングは最初から決まっていました。

 ドジッ娘な部分を除けば、まじめで仕事は丁寧なタイプですから、周りの皆から自然と頼りにされています。だからこそ、頼らせてくれる人に弱いんですね。
 バーレンシア家でロイズと交流しつつ数年をかけて憧れを恋に変化させ、そしてさらに数年かけて(ロイズを落とし)恋を愛として実らせた人です。かなり情熱的かもしれません。


 女の子が続いたので男性代表でフェルくん。本名はフェルネ・ザールバリン。

 10歳編のプロローグから登場している王都編のキーパーソンと言えるキャラです。物語の進行には直接的には関わっていませんが、ユリアを茶飲み友達兼相談相手として活躍してくれました。
 フェルは【夢夜兎の加護】のせいで幼くして大人びてしまった少年です。一種の天才少年かもしれませんね。どうも私は大人びた子供キャラが好きなようです。

 彼にはユリアと対等に話し合えるという重要な役どころをやってもらいました。彼のおかげでユリアの新しい魅力をを知ることができました。


 それから新人メンバーから、マルグリット嬢。本名はマルグリット・ラシクレンペ。

 15歳編で突如現れたユリアのライバルキャラ・・・の予定だったのですが、気付いたらユリアにデレていました。
 イヤなキャラとして登場しながら一本気があって賢いんだけど、思い込みが激しく、恋愛関係に本気で疎くいつの間にか人気が出ていそうなキャラ。コンセプトは、ザ・お嬢様です。

 彼女は実力がある人に対してはとても敬意を払うため、周りには上級貴族の子よりも下級貴族の子が多くて、かつ慕われています。将来的に得難い人材を自然と確保しちゃうあたり、ある意味でハイスペックなお嬢様なのです。
 愛称はマリーでしょうか、やっぱり。


 そして、我らがユリィちゃん。本名はユリア・バーレンシアor大杉健太郎。

 好きなキャラを上げろと言えば、欠かすことはできないでしょう主人公です。
 私の理想をこれでもかと詰め込みました。可愛いらしい容貌に、甘いと言われる位の人の良さ、無敵の魔術、素敵な家族。
 設定的にココロは男ですが、ある程度はそれを受け入れて楽しめる芯の強さ。
 『コマツな』を書くためにユリアがいるのか、ユリアがいるから『コマツな』を書くのか、わからなくなるくらい楽しかったです。


 最後で失礼します。セロさん。本名は祁島セロ様。

 ラフを見たときから『コマツな』は私一人の作品ではなくなりました。それくらい、セロさんの絵の威力はすごい衝撃でした。
 どのキャラクターも、かわいく、かっこよく、そして魅力的でした。
 ホットケーキも本当にフワフワで美味しそうでした。蓄光石のランプが超かっこよかったです。

 表紙の構図を決めるためにああでもない、こうでもないと長い一夜を過ごしたこともありました。
 ほとんどがセロさんのアイデアでしたが、それに私のアイデアを足したりして、二人で満足のいく挿絵を何枚も作りました。
 私がカレーを食べに行った話をブログに書いたら「今度連れてって」と冗談まじりに言われました。いつか連れて行きます、きっと。



 この記事を書きながら『コマツな』を読み直し、ああ、こんなシーンもあったなぁ、とか自分で思い直したり。
 よし、このキャラも書くか・・・みたいにやっていたら、こんな時間になってしましました。

 私が小説を書くときは、大体キャラクターが先に生まれてくることが多いです。その子たちが勝手に動いて物語を作ってくれる感じです。だから、どんな悪役だろうが、彼らが自分から動いて死なない限り殺したくはありません。
 だから、ユリアたちは、たぶん、同じ名前ではないけれど、いつか別の作品でひょっこり顔を出すと思います。

 しばらくは、ネタがありしだい、適当にブログを日常的な話を書き綴ります。
 そして、次の作品を書きたい力が溜まり次第、再起動しようと思います。

 長い記事に、お付き合いありがとうございました。
 
 

本を寄贈してみました。 

November 22 [Tue], 2011, 22:00
 
 こんばんわ、絹野帽子です。
 
 本が出ることが決まってから、やってみようとずっと思っていたことがあります。
 
 それは、地元の図書館に『コマツな』を置いてもらうこと!
 
 小さいころから本が好きで、一時期は毎日のように図書館に通っていたこともあります。
 その図書館に『コマツな』があったら素敵だなと思うのです。
 
 
 本を出版すると、その出版社から献本と言う形で何冊か本をいただけます。
 まず普段からお世話になっている人に渡し、1冊を自分の手元に残して、残りを全部地元の図書館に寄贈をしてきました。

 それが先日の話です。
 先ほど図書館の公式サイトで確認したところ、「準備中です、」となっており、すでに「予約数:1件」に!!
 テンションが高まって参りました!!
 
 
 個人的な事情で申し訳なありませんが、プライベートで予想外のことがあり、更新の方もお休みをいただいています。
 ただ余裕を見て、少しずつ書き溜めようと考えています。
 
 
 皆さんの応援を糧に、図書館の本棚に『コマツな』が並ぶ日を心待ちに頑張ります。
 
 

神保町へ行ってきました。 

November 16 [Wed], 2011, 22:00
 こんばんわ、絹野です。
 
 昨日、出版社の林檎プロモーションから、

「絹野さん、神保町にある書泉ブックマートさんてご存知ですか?
 そちらの書店さんから、『コマツな』の販売を記念して絹野さんのサインが欲しい、というご指名があったのですが・・・」

 ご指名ありがとうございます。絹野、行きます!


 というわけで、『書泉ブックマート』様をお伺いしてきました。
 
 もちろん今回も店舗の撮影とブログ掲載の許可を、書店さん側から頂いております。
 
 
 『書泉ブックマート』様は、本とカレーの街「神保町」の一角にドーンとそびえたつ大型書店様です。
 地上4階、地下1階の5階層ビルが、コミックやライトノベル、芸能関連の書籍を中心とした専門書店となっています。
 

 
 
 全国から初版の在庫切れの声が届く中、新刊の棚に『フェザー文庫』がガッツリ積まれていました。
 店員のN様から「新創刊ということでドーンと入荷させていただきました。これでももうかなり売れてしまったんですよ」とのこと。
 ・・・“王者の貫録”を感じました。本の激戦区、神保町にどでかいビルを建てているだけはあります。
 

 
 
 売り場の撮影をさせていただいたあと、さっそくサインを、ということで事務所の方へ。
 で、以下がサインです。




 「あれ?」と思った貴方はの疑問は、ごもっともす。
 
 サインはサインでも、これはいわゆる「サイン本」です。
 色紙にサインする覚悟はきちんと決めていた私の想像の斜め上をいかれました!!
 
 書いたのは1冊だけじゃありません、10冊です。
 つまり、飾るためではなく「実際に売るためのサイン本」です。
 
 ひとまず、無心になってサインを書いてきました。考えたら負けです。
 
 明日より『書泉ブックマート』様にて、作者のサイン入り『攻撃魔術の使えない魔術師』(10冊限定)が売りに出されます。
 
 えー、その、新刊の価値下げてません?
 無サイン本だけが売れて、在庫はサイン本だけにならないかが心配です。


 最後に今回の対応してくださった店員N様より、
 
 「フェザー文庫売れています!
 次回作も期待していますから、絹野さん頑張ってください」

 
 とのお言葉をいただいてきました。
 が、頑張らせていただきます。

 店員N様、書泉ブックマートのスタッフの皆様、『フェザー文庫』を応援ありがとうございます。
 今後の執筆をもって、そのご厚意に応えさせていただきます。


 □ 関連リンク □
 
▼書泉:【公式サイト】【書泉ブックマート

▼林檎プロモーション:【『フェザー文庫』特設ページ
 
 

『フェザー文庫』が届きました! 

November 15 [Tue], 2011, 22:00


 こんばんわ、絹野です。
 
 おかげさまで『フェザー文庫』の第一弾は全作品とも重版が決まりました!
 
 『コマツな』は先駆けとして、今週末の18日に第2版が発売されます。
 入手に失敗された方は、この機会に是非ご購入を再考くださいませ。


 それと、本日、私がAmazonに頼んでいた同期の皆さんの本が届きましたので、ちょっとご紹介を。


  『ウォルテニア戦記』



 並べたときにちょっと違和感がありましたがすぐに解決、ページ数がちょっと多い?
 第一弾作品の中で一番ハードな雰囲気の作品です。
 イラスト数はちょっと少なめで、文字が多くて読みごたえがあります。


  『地味な青年の異世界転生記』



 ウォルテニアとは逆にイラスト点数が第一弾作品で一番多い作品です。
 挿絵が入っていないページの方が珍しいくらいに、大量のイラストが載っています。


  『脇役の分際』



 第一弾作品の中で、一番イラストを有効活用しているのが、この作品だと思います。
 内表紙あり、人物紹介あり、他の作品にはない1ページ丸ごとイラストありです。
 
 
 第一弾はレーベルの創刊ということもあり、レイアウトに対して作家と絵師の裁量が大きく、本ごとに特徴があります。
 せっかくなので、そのあたりも読み比べて欲しいな、と思います。
 
 

お祝いしてもらいました! 

November 13 [Sun], 2011, 22:00
 
  
 こんばんわ、絹野帽子です。

 仲間で集まって、錦糸町で、ものすごく美味しい焼肉を食べてきました。
 集まった趣旨は『コマツな』の出版祝いです。ありがたい話です。
 
 メンバーは、橙乃ままれ先生をはじめ、関西から来てくれた方(ソニア教授の元ネタの人)を含めて7人ほど。
 
 今回の書籍化にあたって支えてもらった方々でもあります。
 
 
 お肉が来る前に、ままれ先生に今回の本を上納したところ。
 
橙「絹ちゃん、この本は受け取れないよ?」
絹「え! 受け取ってください。色々と相談に乗っていただきましたし」
橙「だったら、ほら、ここに宛名とサインがないから受け取れない☆」
 
 ・・・なんの罰ゲームですかぁ!? 
 
橙「サイン書くまでお肉食べちゃダメだぞー♪」
 
 は、恥ずかしさで人が死ねるなら、たぶん仮死状態になりながら、サインを入れさせていただきました。ばっちり宛名も入れて。
 思い出すだけでも恥ずかしい・・・。
 
 そんなままれ先生のいぢめを耐え抜き、美味しいお肉をたくさん食べてきました。
 
 
 印象に残っているのが骨付きカルビです。
 脂がしっかりのってて、肉の旨みがすごい一品。
 専用のハサミで切り分けて食べます。
 
 
 
 このカルビ以外も、出てくるお肉のすべてが美味しかったです。
 タン塩やハラミ、サイドメニューのレバ刺しも絶品です。あと、自家製のジンジャーエールもおすすめです。
 
 お店は錦糸町にある『とんつう』というお店で、店長さんの肉へのこだわりが半端ありません。
 日々、お肉の研究に明け暮れ、ただ「お客様に美味しいお肉を出すこと」が生き甲斐のような方です。
 
 もっとお店のことが知りたければこちら:【錦糸町とんつうのブログ


 お店に寄れる方は一度食べに行ってください。
 きっと今までの焼肉への見方が変わります。
 
 
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絹野帽子
  • アイコン画像 誕生日:4月19日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・漫画-色々読んでいます。
読者になる


最新コメント
アイコン画像えびぞふ
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2016年12月03日)
アイコン画像リヴィアのゲラルト
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2016年09月27日)
アイコン画像粉絲
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2016年05月11日)
アイコン画像名無し
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年12月05日)
アイコン画像エント
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年10月19日)
アイコン画像组队送信团
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年07月16日)
アイコン画像暇人
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年06月16日)
アイコン画像無敵の【帽子の加護】
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年06月09日)
アイコン画像無敵の【帽子の加護】
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年06月09日)
アイコン画像ameagari
» 『攻撃魔術の使えない魔術師』について (2015年02月27日)