聖(さとし)の中津

August 08 [Tue], 2017, 0:57
妊娠が分かった後に意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも良いと思います。しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも体に有益な様々な働きをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も、葉酸の摂取によって毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。
妊娠における葉酸の効果が認められてから、病院や産婦人科でも妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も少なく無いそうです。もしも、サプリによる葉酸摂取無かったとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。例えば青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普通の食生活を送っていれば、ある程度は摂取できるのです。
妊婦にとって葉酸は必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。では、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸は細胞分裂に働きかける栄養素だと報告されています。ですから、胎児に葉酸が不足した場合、先天性の障害などを発症するリスクが高まるというデータがあるのです。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」は切り離して考えることは出来ない程、関係の深いものです。なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。もちろん、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が分かってから、急いで葉酸を摂るよりも、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中には十分に葉酸を摂るように注意してください。
不妊に効果のある食べ物というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、摂取が推奨されます。また、栄養バランス良く多くの食材から栄養をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けるようにしましょう。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。しかし、実は葉酸は熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することでお腹の中の赤ちゃんに葉酸が働きかけることで、先天的な神経管障害が発症しにくくなることが認められています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が勧告しているのです。例えば葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうちトクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊活中には食事の内容にも気を配りますが、何気なく口にしているお茶の成分も気になりますね。一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、妊活中の女性にも胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。
葉酸は重要なビタミンの一種で、妊娠初期に細胞が分裂するのを助け、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床するのをサポートするので妊娠確率が上がることが期待できます。造血作用で血液が増えることで、血行が良くなるだけでなく生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:咲良
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kinucoervselth/index1_0.rdf