キヌアは太る!?その原因と知らないと損するダイエット法!

June 07 [Tue], 2016, 22:20

「キヌアはダイエット効果があるということで食べ続けたのに、
 逆に太ってしまったんだけど…!?」

と、あなたは悩んでいませんか?

キヌアはテレビなどでもよく紹介されていて
かなり話題になっていますよね。

美しく健康的に痩せることができる、ということで
毎日のように食べる人も多いですよね。


しかし、キヌアを食べ続けても全然痩せない
と悩む人は本当に多いですよね。



「なにをしても痩せることができないけどなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?


■キヌアで太る原因とは?


キヌアは栄養が豊富でダイエット効果を期待できる成分が
豊富に含まれている、とされていますよね。

そして、水分を含むと膨張し、満腹感を得やすいので、
食べる量を減らしやすい、とも言われていますよね。


確かに、食事でキヌアを一緒に摂ると
満腹感を感じやすくなりますよね。

しかし、お腹がすくのも早いと思いませんか?


それで、間食が増えたり夕食後に
また食べたりしてしまいがち
ですよね。

そうなったら太りますよね。


「キヌアならダイエット効果があるから、
 間食や夜食で食べても大丈夫では?」
と、あなたは思いませんでしたか?

実際には、間食や夕食でキヌアを摂っても太ります。

キヌアは言うほど低カロリーではありません。

キヌアは100gあたり350kcalです。

ということは、白米とさほど変わりません。


太るか太らないかはカロリーだけではないと言われています。

確かにそうです。

カロリーは食べ物に含まれているエネルギー量であって
それがすべて吸収されるわけではありません。

極端な話、摂取したカロリーが一切吸収されることなく
すべて便と一緒に排出されれば太りませんよね。

ただし、カロリーはダイエットでは
かなり重要な要素の一つになります。

現実には食べたものの多くは吸収されます。

ですから、高カロリーのものを食べれば、
少々太りにくくなることはありますが、
太ることには間違いありません。


ですから、カロリーの高いキヌアを
間食や夜食で食べてしまったら太るのは当然です。

キヌアには糖質などの吸収スピードを
遅くする働きはあります。

しかし時間がかかるにしても
吸収されるのは間違いありません。

ですから、たくさん食べたら太るのは当然ですよ。


■キヌアで痩せないあなたにおすすめのアレとは?


キヌアは食べた糖質などの吸収スピードを
遅くすることができます。

それで、白米よりは太りにくいと言われています。

ただし、吸収はされるので太ることは太ります。


ただ、最近になって脂質の吸収を抑え、
便と一緒に体外に排出することができるものが
見つかったんです。

それは、海藻ポリフェノールです。


ポリフェノールは赤ワインに含まれていることで
知られていますよね。

実はポリフェノールはほとんどの野菜や果物に
含まれています。

そして、それぞれ働きに違いがあります。


それで、海藻に含まれるポリフェノールには、
脂質の吸収を抑える働きが明らかになったんです。


海藻ポリフェノールはわかめや昆布などに
含まれています。

であれば、普段からわかめや昆布をたくさん摂ればいい
と、あなたは思いませんでしたか?


しかし、残念ながらわかめや昆布には
少ししか海藻ポリフェノールが含まれていないんです。

ダイエット効果を実感できるだけの海藻ポリフェノールを
わかめや昆布などの食品から摂るのは難しいでしょう。


そこで、海藻ポリフェノールが豊富に含まれている
サプリを摂る
ことをおススメします。

理研ビタミン「マルチポリフェノール」は、
海藻ポリフェノールが豊富に含まれているサプリです。

さらに、美容や健康をサポートする
3つのポリフェノールが含まれているんです。

ですから、健康的に美しく痩せたい
と思っているなら「マルチポリフェノール」はおススメですよ。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

理研ビタミン「マルチポリフェノール」詳しくはこちら



























.