【 更新情報 】

スポンサード リンク

セコムの電線事故

セコムは商店街から防犯カメラの設置依頼を受け、電線を設置したがトラックの荷台に積まれたパワーショベルのアームが街路灯を倒すという事故が起きた。 事故後の調査で、電線の高さは基準より低かったためこのようなことが起こり、基準を子会社に伝えず、子会社も確認しなかったことに問題があったとセコムは述べている。 また他の企業や誰もしていないことをし、創造し、世に送り出すことでアドバンテージが作れ、ビジネスとしてこういった取り組みは重要なことだと考えている、ともセコムの担当の方は言っています。 今回の場合、電線の設置にあたり、さまざまなことを把握するのは前提であるものの、“まだ誰もしていない失敗”にも果敢に挑んでほしいと前向きなセコムの意見もあるので今後こういったことをするにあたり慎重に取り組まれると思います。 いままでの膨大な失敗事例がストックされているので、電線の件もなぜそういったことが発生したのかを今後の発展に活かしていくと考えられます。 今後もセコムは半年ほどで新しいことを次々と形にしていくのでそういった失敗の発生を抑えていくと思います。

セコムラグビーチーム「ラガッツ」

セコムにはラグビーチームの「ラガッツ」というものがあります。
仕事をしながら練習をし試合もしています。
マスコットキャラクターの「ラガッツくん」は警備を思わせるドーベルマンがモデルでセコムのイメージにあっています。
「常に新しいものへのチャレンジ」を行うことを理念とし、会社の創業時代から今日にいたるまでの取り組みがそのままラグビー精神に反映されています。
セコムといえば機械によるセキュリティが有名ですが以前は人による警備が主でした。そこから時代が変わるにつれて人と機械による警備を確立しました。
「ラガッツ」の名前も「ラガー」と「ガッツ」の文字で構成され人が頑張ることが前提となった名前でもあります。
いずれは誰しも引退し、会社の中へと戻っていく。そのときにラグビーで培った鍛え上げられた意思や判断、精神力や肉体を力に、セコムの事業を通して社会に有益に貢献していくことを見通してチームがあり、会社があり、選手がいると思います。
ラガッツは「アマチュアリズム」の精神があるからこそ、普段は仕事をしながらラグビーに向き合うという姿勢が取れるそうです。

セコムのcm

セコムのcmはユニークなものが多く、イメージキャラクターの長嶋さんを中心とした警備を連想させる内容で構成されています。
野球の鉄壁の守りを、セキュリティにかけて作られたものや、笑うことをテーマとして笑顔が絶えないことで安心感をアピールしたものもあります。
「セコムしてますか?」は有名なセリフで順番に隣の人に問いかけていくcmでは問いかけに対し、首を傾げた女性に「してないんですか?」といつもの言葉ではない問いかけをしています。
合成した撮影方法もあり絵画をモチーフにセコムの警備内容である「泥棒」「火事」「ケガ」を伝えるために演技と背景の絵との合成はみごとなものです。
木村拓也さんにイメージキャラクターが変わったのですが、やはりcmでお馴染みの「セコムしてますか?」というせりふは引き継がれ、「安心」と「信頼」を与えるには適任であると評価されました。
また「困ったときはセコムに頼めばいい」というシステム作りを目指し、ガン治療用の保険のcmも作成しており、損害保険株式会社という引き受けの会社がするものもあります。

セコムのaedはレンタルがいい?

そもそもAEDは医療機器であり、販売や賃貸することは、薬事法により保健所長の許可を取らないと誰でも販売や賃貸などをすることができません。
ですが最近ではセコムでは、「aedのパッケージサービス」という、機器一式をパッケージにして、レンタルで提供するものがあります。それにより、企業などで導入されることが多くなりました。
主にレンタルが主流ですが、買取だと30万円程度します。
aedはレンタルだと保守込みなので企業などはレンタルが多いです。
おおまかにはセコムは日本国内において流通しているAEDメーカーのメドトロニックを取り扱っています。
aedを実際に使用した後は、電極パッドの交換をしないといけませんが、セコムのレンタルではサービスセンターに連絡するだけで、すぐに新しい消耗品と交換してくれます。
値段は月々4,900円(税込5,145円)で、使用をしていなくても電極パッドや充電池の定期交換もしてくれます。
また盗難や破損の被害にあっても、基本的に交換や修理を無料でしてもらえます。
ですからaedは購入するよりレンタルの方が便利なようです。

火災保険はセコムが安い?

セコムの加入手続きをすれば火災保険が安くなります。
住宅で適用する場合、おおまかに2つに分類されます。
それは「住宅火災」と「住宅総合」になるのですが、セコムの保険はその「住宅総合」の一種です。
水災や傷害といった保障を省くことによって掛け金を安くすることができるのです。
それとセコム専用の火災報知器がつくことによっていざ火があがってもすぐに作動してボヤ程度に収まるので低いのだそうです。
割り引き額は住宅総合と比べると50%で、ホームセキュリティ割引が5〜9%くらいの割引ですので、警備契約がなくても総合よりも掛け金は低くなります。
一度他社の見積もりで、比べてみてもいいですが、新築で銀行ローンのために、セコムの火災保険に質権設定する場合は有効です。
消火設備によって割引額が変わりますが、セキュリティの内容を契約先に告げて見積もりをしてもらうといいと思います。
ですのでセコム火災保険が安いというのは「補償種類を省くこと」「消火設備が効果的」だという理由が大きいと思います。
言われるだけあってセキュリティのセットに力を入れてるようですので説明を受ければかなり詳しく教えてくれると思います。