金相場について

  • URL:http://yaplog.jp/kinsouba/archive/1
金は、実質的な物資の資産として世界共通の価値観で通用する国際商品です。
特に長期的な財産の保全目的に最も適した商品です。

実物資産とは言っても、金は価格が変動する相場商品であることも確かな事実ですので、世界情勢や経済状況によっては活発に金取引が行われるため、金価格も激しく値動きします。

この金価格を決めるのが金相場なワケですが、金は世界共通の国際商品ですので世界の主要都市には必ずあると言ってもいいくらいにある金取引所で取引され、金相場も各取引所で差が発生しますね。

また、世界の各取引所間には時差がありますので、金相場は24時間絶え間なく動いています。
世界各地の金取引所の中でも、ニューヨーク、ロンドン、チューリッヒ、香港の各金市場が世界の4大金市場と呼ばれ、この4大金市場の金価格が世界の金相場を先導していて金の価格指標となっています。

日本での金取引市場や香港金市場が閉まる頃にチューリッヒの金市場がオープンし、それに続いてロンドン金市場で金取引が行われ、日本時間の深夜には世界最大の金取引規模と参加者数を誇るニューヨーク金市場での金取引がスタートするのです。

各地の金価格は引き継がれて相場が始まりますので、地球の裏側の国の政治・経済・社会情勢などが国内の金価格にも影響を与えてしまうことになるのですね。
スポンサード リンク
サーカス