台風の被害は? 

2006年09月20日(水) 12時22分
七月の発表会が終わり
八月は休みでした

何故休みは早く過ぎ去るのでしょうか
老人ホームへ舞踊ボランティア
お盆参り
旅行と計画が盛りだくさんで
楽しかったからかな

九月からお稽古が再開
筋力低下は否めませんが
ぼちぼち鍛え直します

敬老会で踊る人
公民館で踊る人
次の目標に向けて頑張っています

ぶらぶら節に振付けて踊る
ぶらぶらフェスタと言う祭りがあります
小学校へボランティアで教えに行っているので
子供達を出場させました

ダンスクラブチームが上位を占めるのですが
衣装も曲選びも振り付けも
子供主体と言うことをアピールし
五人と言う少人数でも
舞台いっぱいをつかい
元気に大きく楽しくを心がけたら
審査員特別賞をいただきました

子供達もとても喜んでいました
次は学校で披露する機会があるので
沢山の保護者に見てもらうつもりです

折角ボランティアのクラブがあるのですから
(地域のプロの指導者が参加)
沢山の子供達に利用して欲しいものです

現在は10のクラブがありますが
花道クラブの希望者がなく
休部になっています

はさみを使うので保護者同伴と言う規則が
嫌われるのでしょう
月に二回、土曜日の活動です
時には子供と一緒に学んでください

小学校が週休二日になって発足したコミュニティクラブです
素晴らしい取り組みですので
学校も協力して欲しい
せめて四月にクラブ紹介くらいはして欲しいものです

事務局も大変で
仕事をしながらでは負担が大きく
お世話をしてくださる方も少なくなり
続けて行く大変さを感じています

日本舞踊に興味を持つ方も減り
どうやって魅力を伝えるかが課題です
お金がかかると言う考えを払拭したいのですが
師匠、師匠の考えでは
経済的に負担を強いるところもあります

教室の特色も入ってみなければ分からず
かといって
入ってしまえば辞めにくい
敬遠したくなる気持ちも理解できます

どうぞ我が会へお越しください
きっと満足していただけます
普通の家庭の踊り好きが集まった会です

会員相互の親睦を図りながら
伝統芸能を伝承し継承する目的に頑張っています
こう言う会もある事を知って欲しい

知っていただく方法が無いのが残念です
負けずに頑張ります

遅い時間 

2006年07月23日(日) 0時37分
ブログを開く時間が遅くなって
なかなか更新できません

続きをと思いながら・・・
失格ですね

懲りずに また訪問してください
おやすみなさい

久々の更新です 

2006年06月22日(木) 0時52分
変なリンクが貼り付けてあったので
やる気をなくして・・・
娘に削除してもらいました

娘達のブログは楽しくて こっそり覗いています 
ブログが好きで見て回る人も多いでしょうが
いたずらは、いけませんよね
マナーを守って楽しくいきましょう

夏の おさらえ会に、大和楽の おせん を踊ることにしました。

廻り灯篭を主題にして、行水を終えた夏の江戸の夕べの
様々な情景を歌ったものに合わせて振り付けしています。
6.7.分の短いものですが
歌にはその風情が良く現れていて
特に最後の廻るは 
廻り灯篭が ゆっくりと廻るような感じに曲が作られています。
聞き所といった感じでしょうか。

庭先においてある昔ながらの木の椅子を ばんこ と言います。
ばんこに座ってウチワであおぐところから始まります。
ウチワと手ぬぐい(日本手ぬぐい)を使います。

行水の後 夕涼みをしていると
行きかう人達の帯に気をとられながらも
自分の帯も素敵だと自慢する様子を表現します。

可愛らしく、時には色っぽく、お澄まししたり
場面によっては、拗ねたりと表現力を駆使します
その表現を工夫しながら作りあげて行くところが楽しいのですが
難しくもあります。

娘に相談して削除してもらったので
更新しようと思いましたが
遅くなって来たので続きは次の機会に

まあ 無理せずボチボチ更新していきます。

では また

連休 終わったね 

2006年05月09日(火) 0時35分
連休に娘が帰ってきました
三週間しか経ってないのに嬉しかったですよ
でも予定が立て込んで ゆっくり話す暇も、
オヤツを食べながらテレビを見ることも少なく
何だか不消化
買い物はたくさん出来たし、楽しかったらいいけど
喜んでくれたよね

連休中はお稽古は休みです
明日から再開
さあ体力作り
日本舞踊って結構体力必要なんですよ

頭も使うし 目もキョロキョロ
手足の動きも複雑で自然にスクワットしてるようなもの
お弟子達は若いですよ 心も身体も
勿論 私も

では おやすみなさい

やっと本題に入れます 

2006年04月24日(月) 23時56分
今日は穏やかな暖かい日でしたが 黄砂がかなり舞っていました。
皆さんの地域では如何だったでしょうか

今日からは踊りの演目について説明します。

最初に ・・甚句です。

これは地元の歌が欲しい 地元の歌があったらいいな
と言う声に母が経済的負担をして作りました。

私が作詩し アマチュアの依頼で作曲を手がける会社に作曲を依頼し
出来上がりました。
勿論 舞踊振り付けは母がしました。

母が子供の頃からのイメージを語り 私は創造しながら作詩しましたが 
母がイメージ通りと喜んでくれ
それに振り付けましたので 気持ちのこめ方は本人が一番でしょう。

身体で表現するからと言って 特別な動きをする訳ではありませんが
自分でイメージした情景を思い浮かべながら 楽しく踊ると
見る側に伝わるような気がします。

勿論 踊りの基本が出来ていないと伝わりませんが
感じたまま 素直な動きをすると美しく見えると思います。

初心者は何故か身体をひねったり 曲がったりと
真っ直ぐ足だけ折る 曲げることが難しいようです。

抽象的な説明で申し訳ありませせんが
個人を特定するような記載は避ける様にと娘から言われていますので
歌詞も掲載できませんから 説明も難しく
よって読んで下さる方は 益々分かりませんよね。

歌詞を理解し 振り付けの振りの意味を知り
その気持ち その役になり切って踊る姿勢が大切です。

この甚句は難しい振りではなく 賑やかな曲に乗り
軽やかに舞うのがコツでしょうか。

簡単に書きますが 踊るのは大変です

基礎からこつこつ積み上げないと 楽しく軽やかに舞うことは出来ませんよね

これは新作 創作の部類ですね。

初めの説明は 分かり易く古典曲が良かったかも知れません。
次は そうします
資料を揃えて準備して来ますね。

では また

次々に  パート ファイブ 

2006年04月17日(月) 14時07分
でもそうは行きませんから
と言って発表会が全く無くては目的がありませんから
本会より小さな浴衣会を年一回開催しています。

他にも市民会館にサークル活動のグループを持っているので
市民会館祭りが十二月にあって それに我が会のお弟子も手伝って出演します。

他には老人ホームへ舞踊ボランティア
これは、お礼に新鮮な刺身や料理をご馳走して頂くので
人気の催しです

長崎には ぶらぶらフェスタと言うお祭りがあります。
長崎ぶらぶら節の曲を使って自由に創作してダンスや舞踊
幼稚園 小学校 企業などが参加します。
これに、私も小学生を小学校に教えに行っていますから、出演します。
後は依頼のあったイベント参加。
敬老の日とか同窓会とか引っ張りだこの お弟子もいます。

長崎は結婚式でも祝舞や余興に舞踊が踊られます
料亭やホテルに舞台があるのは長崎だけでしょうか?
今時は無いところが増えましたね。

日本の伝統文化 伝統芸能
継承して伝承するのが私の役目ですが
継承して下さる方が減ってしまって頭痛の種です。

考えているよりお金は掛かりませんし
掛からないよう努力している我が会のような所もあります。
どうぞ気軽に覗いて下さい。

身体を動かすのはダンスやバレーや他の分野と同じで楽しいですよ。
色々な役柄になれて・・・芸者さん 粋な船頭 高貴な殿様 弁慶などなど
堅苦しく考えないで、日本舞踊を体験してみて下さいね。
そい言う意味で小学生にボランティアで教えています。

気軽に出来ることを知って欲しかったから

今日は長くなりました。
お付き合いくださった方 ありがとう

次も(いつになるやら)覗いて下さいね

では また お会いできるまで・・・明日と言えない自分が悲しい

パート フォー 

2006年04月17日(月) 14時06分
会が近づくとアナウンスの原稿やプログラム作りにと忙しくなります。
会員の経済的負担を軽くするために我が会では手作りです。

写真は お弟子のご主人
ビデオは私の息子
アナウンスは私の娘
小道具に大道具は私
化粧は私とお弟子三人で
受付は お弟子のご主人
会場設営は 前日に皆で
アットホームな日本舞踊の会です。
ただし お稽古は厳しく舞踊が好きな人上手になりたい人向きです

趣味で楽しくお稽古したい方は、事前に教えてください(大笑)

本会と言って 本化粧 本カツラ 本衣装 大きな会場に大道具(風景)
小道具 狂言さん ビデオ屋さんに写真屋さん お弁当にお茶係りの手伝いの方々
を使って行う発表会は、中々出来ません。
会員が二十人以上集まれば比較的、経済的負担が少ないのですが
それでも我が会では7.8年に一回ほどでしょうか。
美しくて衣装 カツラ 化粧に背景などが、役作りの手伝いをしてくれますから
私も出来るなら毎年出たい

サボっちゃいました パート スリー 

2006年04月17日(月) 14時04分
音はテープに入れていきます。
一ヶ月前から本番用のテープを使いお稽古します
舞台に慣れている人ばかりではありませんから
その辺はしっかりお稽古します。

勿論 小道具も一ヶ月前から
着物はお稽古で一回 リハーサルで一回着て本番に臨みます。

やっと舞踊日記に近くなりましたね

一年間のお稽古の成果を発表しますので
普段のお稽古も厳しいのですが(母が)
発表会前は胃潰瘍が出来た人もいました(苦笑)

七月の発表に二月から稽古に入る人もいます。
その位、役になりきる 役に近づくのは難しいものです。
順番を追えば良いと言うわけではありません。

次回は演目の説明をします。
興味がある方は覗いて下さい。
質問もお受けします。

長いことサボっちゃいました パート ツー 

2006年04月17日(月) 14時01分
さて日本舞踊ですが
七月三十日に 浴衣ざらえ を行います。

浴衣会だからと言って浴衣で踊るのではなく
手持ちの衣装や本人の着物を着て、化粧は本化粧よりは軽く
でも舞台晴れする程度にします。

カツラはかぶらず美容師さんにカツラに似せて結い上げてもらいます。

舞台は船や雲や簡単な道具を使って演出します。
小道具と言って役柄に必要な手に持つ道具も手持ちの道具や
足りないものは借ります。

ある程度、舞台を整えないと踊りも映えませんから
発表前日は忘れ物が無いよう気を遣います。
前日にリハーサルがありますが、お弟子さんは当日しか使えなくなり
不安に思って本番に上手くいかなかった と言うことがないよう
やっぱり忘れ物はいけませんね

随分サボっちゃいました パートワン 

2006年04月17日(月) 13時58分
イヤハヤ疲れました

以前ホームページを作成しながら 途中で挫折
時間がかかるから つい先延ばしに・・・
忙しい時期になると後回し
なんだかんだ言いながら出来ないまま終わりました

今回は娘が地元の大学に通う予定だったので
ブログの方が簡単だよと立ち上げてくれた物
これは良いとスタートしたものの・・・
高知大学へ行っちゃいました

どうにか住みやすく環境を整えてやりたくて一週間の滞在
帰ってきたら七十歳の母の用事
一人で頑張ってくれていたので
私も疲れた身体に鞭打って(苦笑)

やっと今日を迎えたところ

舞踊日記と言うよりは 日常生活日記ですね
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像将(まさ)
» 初めまして (2006年03月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kinsachi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる