引退
2011.12.30 [Fri] 11:52

春夏秋冬の山

得意のアウトドア

なんも釣れん釣り

通勤

昼寝 フテ寝 車泊 二日酔いで死亡寝込み



あらゆるシーンで連れ添った
マイカー・ボンゴ大先生が永眠しました。

享年ならぬ享キロ 約200000キロ



今日は引退の儀式のために
巨大な山口百恵さんにお越しいただきました。



私に代わってボンゴを持って泣いています。




ステージにマイクじゃなくてボンゴを置きました。

曲はもちろん「さようならの向こう側」。



♪さよならのかわりに〜


というわけで新しいクルマ生活開始。
普通の人間っぽくなったわ。
 

ぼけなすオフィスレデー
2011.11.21 [Mon] 06:32

仕事で超張り切って電話。

メモを取りながら。


あ・・・iPhoneの充電がナイ。
ノートパソコンにさして充電。

そのときiTunesが立ち上がった。


ほんでさっき電話のときのメモの片隅に自然に描いた落書きが。

(電話しながら謎の絵を描くことあるやろ)





そのとき私のデスクを覗き込んできた上司。

iTunesと落書き・・・。


あきらかに遊んどるようにしか見えん。
なんか言ってくれればいいがに
仕事の指示だけして去ってった。
 

そういえば誕生日が過ぎたかおる
2011.11.14 [Mon] 07:49

マームラから誕生日なにもらったんと聞かれるまで
この存在を忘れていた。


ピッコー。

乙女の誕生日にそんなもん渡す夫が憎い。
ちなみに高価的なもんもらったが写真ないし割愛。



それより


どっかの会合で↑に似とると爆笑された。
(スタートレックのスポックとやら)。
ほんな似とるけ。似とるか。
まぁいいや。
 

なめこ採り ぶらり山歩き
2011.11.03 [Thu] 22:09

女子3名でランチ豪華的日帰り登山の予定を立てたが
山岳のおっさんらとのなめこ採りという
超胸ワクイベンツに変更してレッツすることに。

朝 身支度しながらうちのテレビをつけたら

さっそく「最近きのこ狩りで食中毒やお亡くなりになる方が多発」という
出発の気持ちを悲しくさせる話題。

その上

今日の占いで蠍座が最下位。

大丈夫かしら(超メンタル弱)


まぁ行ってきた。

紅葉絶好調。



ライバル少なかったが見えるとこは採られとったので
草木をかきわけなめこ探し。
時折あびる「笹パンチ」や「枝ビンタ」。
(バチンって顔に当たる。グスン。)

ほんな苦労もあり
なめこ発見のたびにいちいち大喜び。






ほんでうちらが登った登山口に熊がおったという通行人目撃情報があったので
今朝見た占いの「蠍座ゲベ」を思い出し、
ああ、私がなんかされるんやろかとか頭をよぎったが無事に下山できた。

あとは持って帰ってきたなめこ君らで
食中毒またはポックリになったら朝のテレビの思うつぼなので
気を付けたい所存。
 

もうすぐ誕生日
2011.11.02 [Wed] 21:42

ほとんど家にいない妻・しいたけに
若干高額誕生プレゼントを買った模様の夫・内股。

いったいなにが出てくるやら乞うご期待。
 

激混み体験 上高地→蝶ヶ岳
2011.10.11 [Tue] 12:59

天気予報が安定的晴天の連休。

紅葉目的de激混みという噂の上高地から
穂高連峰を一望しに蝶ヶ岳へ向かう。

あかんだなPはすごい人。
券売機で券買うこと知らん人はバスの列に並び
バスに乗せてあたらずせつなそうやった。

上高地バスターミナルは四方八方からの登山客でにぎわいMAX。

早朝河童橋

焼岳ガン見。

上高地→明神→徳澤→横尾 と隙間なく人が歩く。

横尾から人々は分散(ほとんど涸沢チック)。トイレもえらい渋滞。
ま、ここから蝶へ行く人はマニアくらいであろう。

というわけで蝶方面へ。案の定静か。さっきまでの混み方はなんやってんろう。

槍をチラ見してから急登が続き視界は木だけ。

密林ゾーンを抜けて振り返ると穂高あれこれ!

涸沢のにぎわいや紅葉は確認できんが
ケンケンした山々に惚れ惚れ。
略してケン山惚れ。
稜線歩きは楽しいー。風強いけど。

わーい見えた。上高地から6時間くらいで来た。
(そんなにかかった感じはないけど)

贅沢なテン場。視界に槍。

テントんとこからピークが近い。
超うれしい限り(ご来光で早起きせんでいいから)。

ちなみに山小屋はとんでもない混みっぷり。テントにしてよかった。

そして三股から常念経由で9時間かけて
ムンクの叫びのような顔(失礼)で大統領がやってきた。
遠路オツっした!

完全防寒を整えてさっさと食事&ビール。


今日はなんとか流星群らしい。
しかし朝まで起きなんだ(もったいないボケ)

朝。

富士山がでかく見えるご来光待ち。

太陽かもーーん。



そこたらが明るく。

寒そうに凍っとるが。

それにしてもかっこいい景色。

行った山々に惚れ惚れ。

そして徳澤へ下山。

さっさと密林ゾーンに入り上高地まで視界は木だけ。

徳澤でソフトクリーム先生を買い
大統領からもらったカボチャパウンドケーキと合わせて
乙女スイートタイム。

明神は観光客と登山客で入り乱れ。

上高地 きれいすぎ。次は得意の冬に来たいっすね。
(ソリ作らんなん・・・)

そしてバスは期待裏切らず混んどった。
が、おもろかった。

ではまたそのうち…。
 

また登山
2011.10.10 [Mon] 07:30

連休 激混み上高地から蝶ヶ岳へ 

穂高を一望するだけのためやってきた。

詳しくはそのうち。



それより
猫好きにはたまらん1枚。


実家の裏口に通りかかりのライバル?が。

我が陣地に入られ、ご機嫌ななめのフジヤマ。
 

100km歩行大会
2011.10.04 [Tue] 00:11

3回目の挑戦
これまで2回とも完歩。

いままでと違うことは初参加の姐とマームラがおったこと。

もしリタイヤしてもこいつらのせいにしようと思っていた(性格悪)
まぁ三人ともえらい早くゴールできた。しかも時間にさほど差もなく。
(15:30までのゴール期限に対して9:30〜10:30くらいに皆ゴール)。

47km地点やったか、似合わないBMXで応援に来てくれた
ルビーロマンのおかげであろうか。
ありがとう。
 

めっきり冬近げ 槍ヶ岳縦走 の続き
2011.09.28 [Wed] 12:48

♪アルペン一万じゃーく
子槍のうーえで

踊っとる奴発見!!!(いや、登っとる)



そんなわけで山荘前着。

ヘリ近っ。
テン場怖っ。

では遠慮なくピークへ。

渋滞にハマる。

子槍 そっちはすいとっていいね。
(行けんけど)


いい感じに垂直。

たかーい。

ビタ着3180m地点。
360度絶景かつ落ちたら痛そうな高さ。

混んどるのでさっさと降りる。
テント 寒いし槍平まで下る。

ダブルピッケラーのおふたりが冬に滑った飛騨沢。

すたこらさっさとテントにin。

翌朝凍るテント君

凍る葉っぱ君。

ちなみにうちの相方も1dayで槍に登った日、ここを通り
凍りつくテント見て当時双六でテン泊している私が
寒さで死んだものと思っていたらしい。
(勝手に殺さんといて)


あーおもろかった。
次は再来週やなー。晴れますように。



新穂高お土産店にあった「岳」のお菓子。
(しかもマウンテンクッキーと書いてある)。
 

めっきり冬近げ 槍ヶ岳縦走
2011.09.27 [Tue] 23:20

am2:00頃 新穂高の無料Pに着る。
3連休前でそこたらからの車ですでに「満車」看板が登場しかけとる。

プチ宴会のルート再確認秘密会議して朝まで仮眠。
こんなボトム的なとこで既に寒い。シュラフはモンベル0を使った。
ここでこんなごついもん使っとるがに山の上は大丈夫かいささか不安
(持ってくのは3)。まぁなんとかなるやろと早朝双六へ。


急な登りもないのでさっさと登れる。楽。

鏡平 逆さに写る槍ヶ岳を楽しみにしとったがに
この日は終日けんけんとした穂高の景色はガスって見れんだ。


超寒かった。防寒マックスしてマッハでテント立てて温かいもん作る。
あとからわかったがマイナス5度やったとやら。
雷鳥がゲーゲー鳴いとったのがほほえましいが
遅くまでバカ騒ぎしとるアホ団体がおってイヤんなった。


翌朝、槍ヶ岳への旅立ちのとき。

快晴。
樅沢岳を越えると槍ヶ岳がおったーー。
かっこえー。

しもばしりすぎ。

山を越え続け

6時間かからんと槍ヶ岳まで。

長くなったのでつづく