限界って 

October 12 [Sun], 2008, 23:13
仕事でのもやもやがとれなくて、親にぐちってしまった。
大変だったね。と一言いってほしくて、ついこぼしたこと。

でも、かえってきたのは、
「自分で考えなさい。」

アドバイスを求めたんだじゃなかったのに。
ただ少し甘えたかっただけ。

社会人として、自分で気持ちの整理をしなくちゃいけないことなんだけど、
悩みが多すぎて
私の許容範囲を超えていたの。
いろんなことがぐるぐるしてた。

今日は、いろんなことが空回り。

でもわかったこと。
私に足りないものは、まぎれもなく

自分で考える力 なんだと。

仕事 

October 12 [Sun], 2008, 19:02
何から書けばいいのかわからないけど、思いつくまま、書きます。

仕事でイベントを企画していて、その開催日が今日でした。
社会人になって2年目、さらに今年になって班が変わって、初めて担当になった企画。

その企画とは、地域のお祭りで、その一部のブースでのキャンペーン。
クイズを解いてもらって、正解者には景品をあげるというもの。

そこまで大きなイベントではないものの、初めてのことばかりで、何も分からず、そして時間もなく、
一からすべてを任されるというのは思った以上にハードだった。
リーダーシップなんてまるでない私が、本当に不安で仕方なかった。だけど、自分の足りない部分を成長させてくれる、いい機会なんだと前向きに考えるようにしてた。

そして今日を迎えた。

担当としての挨拶も、本当に緊張してボロボロ。
やっぱりダメだな、、、私と思ってしまってた。

お客さんが来はじめて、私は全体を指揮しなければいけない立場であり、何をしていいかおろおろしてしまったりもしてたけど、だんだん流れが見えてから、落ち着きを取り戻した。
お客さんも楽しそうな笑顔もみえ、一安心。
このまま商品もはけて終了できるかな、と思った。が、午後から一足がのびない。
これはまずいと思い呼び込みにまわる。
メンバーはみんな疲れていたけど、自分が発注した商品を無駄にしたくないと思ったし、できるところまで頑張ろうと思って、閉店ぎりぎりの時間だったけど、最後まで一生懸命歩いている人に声をかけた。それが責任者の任務だとも思ったから。

でもその時、上司から肩をたたかれ、
「おい、もうやめろ。いい加減に、そんなに人呼び込んで、その辺にしておかないと商品がなくなった時のことも考えろ」と。

確かに商品が足りなくなった時のことの対処を考えていなかった私だったけれど、
その言葉はショックが大きかった。
悔しかった。

ありがとうと言ってもらってくれる人だけではなく、
一生懸命声をかけても、「いらない」と冷たくかわす人多くいる。
そんな中で声をかけていたのに。

――――――――――――――――――――――――
担当者というのは、自分だけの主観的な考えではなく、客観的な見方も必要なんだ。と改めて思う。
だけど、私のやり方は間違っていたのかな・・

こんな出来事、いつもだったら流せるのに、いや、社会人として流さないといけないのに、今日は
なぜか心に残る出来事だった。悲しかった。

初めて担当として任されて一生懸命進めてきたこと。
イベントこそは小さいけれど、心の中では、「頼りない私」から少しでも脱却できれば、と思って踏み入れた仕事だった。
そんな状況だったから上司の言葉が響いたんだろう。
その上司も、普段は食事に誘ってくれるような親しみやすい人だったのに。
裏切られた気持ちもしたからだろう。

いろいろな思いが連なって、やりきれない気持ち。
早くこころの整理をして、次の仕事につなげなくちゃいけない。
















運命 

January 11 [Thu], 2007, 16:58
私とあなたが知り合えたのって
きっと偶然じゃないんだろうなあ

この世の中に、偶然なことなんて
ひとつもないみたいだから
全ては前から決まっていたこと。

そう思うと、なんだか素敵だね。

二人の関係に発展はなくっても
二人の出会いに意味はあったってことだよね。

私はずっとそう思っていたいな・・・

あなたへ 

January 09 [Tue], 2007, 17:32
自分だけが、どんどん彼に惹かれてく

そんな自分の気持ちに気付きたくなくて、
今まで知らないふりしてきた

彼にとって私の代わりはたくさんいるだろう
でも私とっての彼は、あなたしかいないんだ

あなたのあったかい言葉、無邪気な笑い声

言葉にしてなくても伝わってきてしまうあなたの優しさ
私は全部気付いてる

そんなあなたの優しさが
嬉しすぎて、せつないよ


切ない想い 

January 06 [Sat], 2007, 17:39
今まで恋愛経験なしの私だけど、最近恋をしてるのかもしれない。
でもそれは、ずっとブレーキをかけてきた想い。

なぜなら、今まで会ったこともないメル友だから。

こんなこと、絶対にありえないって思ってた。
ただ寂しいからそう思ってしまうだけだって。
自分に言い聞かせてきた。

でも、なんか違う。
彼の声や言葉、すべてがいとおしく感じてしまう・・
ずっと私のそばにいてくれたらって。

あぁ、、こんな事友達にさえ相談できないよ。
彼と会うことも、自信なくってなかなか前に進めない。
私がもうちょっとかわいくて、ステキだったら
自信もって会いにいけたのに。

私のそばに他の男性が現れたら、彼のこと忘れられるのかな。

こんなドキドキ、初めての感覚。
これが恋なんだろうなあ、きっと。。。






恋愛下手 

January 06 [Sat], 2007, 14:34
私、恥ずかしながら今まで全く恋愛経験なし。
この歳でそういう経験が全くないなんて、友達にも話せない。。

甘酸っぱい青春時代なんて、私にはなかったなあ。。
無駄に過ごしてきてしまったきがする。

どうも恋愛には臆病で、積極的になれなくて。
最近は、男の人にどう接していいのかさえわかんないよ。
なんでだろ。

もっとかわいらしい女の子になりたいのに。





自己紹介★ 

January 05 [Fri], 2007, 21:25
名前:ぴの 
性別:女
年齢:23歳 

好きのもの: サッカー観戦、
性格:人見知りするけど、いったん心を開けばすごく仲良くなる。
   






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぴの
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
  23歳
  社会人

2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる