ブルーレイレコーダー購入の理由

February 25 [Thu], 2010, 17:01
ブルーレイレコーダーをすでに持っている人に、購入した理由を聞いてみました。
その中でもっとも多かったのは、「デジタル放送をそのまま高画質で録画したいから」でした。
このことから、ブルーレイディスクを再生するためというよりも、デジタルハイビジョンの放送を保存するために購入する、という意識が強いようです。

そのほかの理由として、ブルーレイディスクで提供される映画など、「高精細なコンテンツを満喫したいから」という意見も比較的多かったです。
ただ、その意見と同じくらい多かった意見が、「規格がブルーレイに統一されると決定したから」で、そのことに注目してみます。

それまでのDVDレコーダーが、もう限界の状態にまで達していることは、消費者にもわかっていました。
ところが、2007年まで、次世代の記録メディアが、「ブルーレイディスク」と「HD DVD」という2つの規格が両立していて、規格がはっきりと確定していませんでした。
そのため、消費者としても、どちらの製品を購入した方が良いのか迷い、とりあえず様子を見ておこう、という考えであったのでしょう。

しかし、2008年1月に、事実上HD DVDが終結宣言を行なったことで、規格がブルーレイに統一され、消費者にとっても安心感が増し、購入を決めるきっかけとなったのでしょう。

そのほかにも、ブルーレイレコーダーのラインナップが充実したこと、価格が低下したこと、そして全国的にデジタル放送が普及したことなどの要素が、ブルーレイが普及し始めた大きな理由となっています。