ブルーレイレコーダー購入の時期

February 28 [Sun], 2010, 23:32
ブルーレイレコーダーを所持している人は1割以上、ということがある調査によってわかっています。
また、持っていない人でも、50%以上の人が、購入したいと思っていたり、購入を考えていたりしているようです。
このことから、近い将来には、ブルーレイレコーダーの普及率は、30%を超えることが予測されます。

逆に、3割程度の人が購入を考えていない、というデータもあるので、まだ必需品としては把握されていないことも事実です。

ブルーレイレコーダーは、この1年間で、急激に普及してきています。
具体的に、ブルーレイレコーダーを、いつ頃購入したかを調べてみると、ほとんどの人が、2008年春から夏にかけての間に購入したようです。

この時期には、ブルーレイレコーダーのラインナップが充実しはじめ、価格も10万〜15万円程度の製品が増えてきました。
このような機能性と価格の面が反映して、この時期に集中したのだと考えられます。

また、注目したいのは、2007年末から2008年初めの期間に、比較的、購入した人が多かったことです。
ちょうどこの時期は、それまでよりも安い価格のブルーレイレコーダーが、パナソニックやソニーから、たくさん発売されました。
ブルーレイレコーダーの価格は、それまで20万円前後はしていたので、なかなか手が出せない高級品として捉えられていたのですが、この時期、10万円程度に価格が下がったことで、急激に購入する人が増えたことが考えられます。