命の螺旋(仮題) 

May 11 [Mon], 2009, 3:28
中学〜高校時代に自分で書き溜めた漫画からプロットを起こしてみた。

涙色の別れ 

April 20 [Mon], 2009, 22:02
離したくないと
思っていたこの腕を
僕はそっと
離す

君を
突き放す


無理に造った
最期の笑みで 溢れる涙を
気取られぬように
君を見つめた


一番 見たくない顔
涙に染まる
君の心を
抱き締めたい もう一度

でも もう遅い
僕は君に
触れることさえ
できない
その資格も 力も 時間さえもない

ROMANTIC EGOIST 02 

December 24 [Wed], 2008, 4:38
突然起こった出来事に

俺は




ROMANTIC EGOIST

[メモ]四彩神子伝 

December 24 [Wed], 2008, 3:57
まさか

こんな風に想うなどと


あの頃の自分なら想像できなかった


君を

愛してしまう自分なんて




四彩神子伝

四彩神子伝説 設定集01+ 

July 11 [Fri], 2008, 0:21
昨日の続き。
双子の隆樹だけじゃあやっぱりこう納得できない自分のせいで、樹理も追加。
双子なので髪型は一緒だし、基本的な骨格は一緒。
だけど二卵性として髪と目は違う。ってか、変えてみたら双子に見えるか謎な感じに。

☆衣笠樹理 18歳
衣笠家の次男。隆樹と違って日本で過ごしており、九條家が経営する彩学院に通っている。
従叔母である九條家当主の九條真理奈は結婚しておらず、子供がいない事から成人を期に九條真理奈の養子となる予定である。
そのためか九條家の内情に詳しい。本人は九條次期当主とかそう言った事には興味皆無だが、負けず嫌いなので他の同世代の縁戚者に渡すつもりはないらしく、再従姉妹の理沙からの挑戦を受けては全て勝っている。
性格は明朗闊達。悪戯好きな一面も持つ。
時に隆樹と間違われる事もあり、その時は訂正せずにそのまま話を進めて相手を混乱させるような事もあり、その度に隆樹を困らせたりする。
五名家(現四名家)の二つの血を引く上に、その後継者であるとの事から色々と注目されがちだが、本人は気にしていない。寧ろそう言う目に対してはとても冷たい。
名家の人間とはあまり付き合いたくないらしく最も親しいのは幼馴染でもある朝比奈朝希[あさひな ともき]や橋本香澄[はしもと かすみ]である。香澄を通して女子部に中等部から入ってきた泉恵理花と出逢った。恐らく一番最初に泉恵理花の能力に気付いた男。
九條の力を持つ恵理花を守る騎士精神もあるが、同時に香澄に対して特別な感情がある。
力を発動した場合には髪も瞳も赤くなる。
母親の力を強く引き継いでいる。
かなり幼い頃からこの力を発揮しているが、白の神子の家系であるべき衣笠にありながら白の力を全く持たない。そのため、隆樹と異なり祖父からはあまり好かれていないために衣笠に居場所がないと感じている。
頭脳明晰で冷静な兄の隆樹と比較されがちで、勝てるものがないと考えているが、それでも能力は自分が勝っていると自負している。

控えめな兄と活発な弟。静と動。
しかも互いにコンプレックスがあると良い。
優秀な兄に対してコンプレックスを持つ弟と、日本で両親の愛情を独り占めする弟に嫉妬する兄(笑)。
でも互いが好き。
何故か離れて暮らしてても同じような格好をしてしまう二人。

因みに樹理が着ているのは制服。
彩学院は基本的には四彩の力を持つ人間が入る学校だから、茶色を基調にした制服で胸にはそれぞれの力の象徴たる徽章が入っているんです。彼は朱雀。本来の衣笠なら白虎なんだけどね。彼は朱の神子と同じだから。
朝比奈朝希は青竜。橋本香澄は玄武。
泉恵理花は最初は朱雀で、ある一件以降は麒麟に(四彩の力を持つ人間以外は、基本的に創始者である九條の朱雀が入っている)。
隆樹の着ているのも制服ですが、あれは英国の制服です。

……ってか、まずはこの双子の話が書きたいんだろ、自分。

四彩神子伝説 設定集01 

July 10 [Thu], 2008, 0:07
新しい小説ネタ。
受験生の頃(まだ19歳)に考えていたネタの拡張版。
大学にいてもずっと展開させてきました。レッツ☆脳内展開。
ファンタジーネタなんですが、何分夏風馨はずっと長編なんぞ書いておらず。
唯一書き上げられたとすれば『運命は地平線の彼方に』くらいですか。
あ、二次創作はまた別問題で。

四彩神子のおはなし。
五行論をベースに話を書きたいと思って。
以前は単なるファンタジーだったんですが、どうせなら五行論の土王説をメインに。

<あらすじ>
遥か昔より四人の神子を総べていた家系があった。
その家系──天空[しょうくう]家はある時、赤い神子の一族に滅ぼされてしまう。
赤い神子の一族が残りの一族を総べるようになってから約200年。
天空家の言い残した覚醒の時がやってくる──……

簡単に要約するとそんな話。
で、一応四彩神子は
青:風祭
赤:紅城→九條
白:衣笠
黒:富水

と、決めています。
そして、天空家の末裔は泉姓を名乗っていて、その当主である泉恵一郎と九條家当主である九條真理奈が出逢うと言う……典型的な感じで。

でも、まだ全然その辺は書いてない。
そして何故かその従甥の双子がマイブーム。
★衣笠隆樹[きぬがさ りゅうき] 18歳(fig.1) 
衣笠家の長男。二卵性双生児の弟がいる。
父親は衣笠家現当主である衣笠隆。母親は九條家当主補佐である衣笠理緒。
祖父 隆行の意向で10歳から渡英。飛び級により大学を卒業している。専攻は植物学。
日本の大学へ入るために帰国。現在は両親が嘗て師として仰いでいた朝比奈正明の研究室に出入りしている。
性格は父親に似て物静かで温厚。
常に自らの弟である樹理の事を気に掛けている。
白の神子としての力は十分あるが、普段はそれをあまり表には出さない。
祖父からは父を凌ぐと言われて期待されているが、本人はそんな力は邪魔だと思っている。
本気で白の能力を発揮すると色がそれに沿ったものに変わる設定にしてみた(fig.2)。
白というよりは少し青味を掛けて薄紫。瞳は紺青。
この色で塗ったら、何故かクレフを思い出した。最近レイアースを観たせいではない筈、多分。
ってか、最初は普段からfig.2で考えていたんだけど……これはこれで実際あまりいて欲しくない気が。
世間で適応できなそう。
でも、力発動時に色を替えるって設定は結構気に入ってる。

そんな訳で、白い神子はこの配色。
他の神子は考え中……です。
赤い神子は今のところは紅の髪に目は漆黒にしようと思ってます。
一番難しいのは黒なんですけど(笑)。

弟の樹理は母親の血を色濃く反映していて、赤い能力を持っている。
子供のいない従叔母で九條家当主真理奈の許に養子となる予定で、時期九條家当主。
性格は明朗快活。
でも、途中からひねくれるらしい(脳内では既にひねくれのピーク)。

〜5/28の拍手レス。 

May 31 [Thu], 2007, 0:12
最近、めっきり拍手レスをしておりません。
申し訳ありません。

無言の拍手も頂いているのですが、こちらのお礼も全然できておらず……申し訳ない限りです。
いつも有り難く受け取っております。

と言う訳で、拍手レスです。

ROMANTIC EGOIST 01 

March 07 [Wed], 2007, 1:29
一瞬で相手を堕とす恋の媚薬
レシピは一切企業秘密
効果の程はきっかり二週間

その薬の入った瓶は今、俺の手の中にある──


ROMANTIC EGOIST

2/26の拍手レス 

February 26 [Mon], 2007, 22:51
久々に拍手SSを更新しました。
と言う訳で、お返事を忘れない内にしっかりしたいと思います☆
皆様のお言葉が私の活力であります。
本当に有難うございます。

微妙な予告 

February 20 [Tue], 2007, 9:36
書き溜めてます。
拍手御礼SSは近日中に変えます、ええ。

実は昨日、アスカガキララクオンリーイベントのちらしを世界堂で見つけて軽く悩みました。
行きたい。
出したい。
とは言え、自力で同人誌を作った事がない私としては不安過ぎる訳で。
取り敢えず、作品が出来て、それから以降に出すかどうかを考えますかね。うん。
一生に一度くらいはやってみたいもんなぁ……。

P R
2009年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像夏風馨@管理人
» 日記に書いたプライベートアイズネタ (2006年02月22日)
アイコン画像ひゅうが
» 日記に書いたプライベートアイズネタ (2006年02月22日)
アイコン画像野山翔
» コンプリートベストをコンプリートしたい! (2005年12月14日)
http://yaplog.jp/kinoko-u-natsu/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kinoko-u-natsu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる