盗み聞きするべからず 

March 15 [Mon], 2010, 21:21
先日、不覚にも電車内で寝てしまった。
しばらくして起きると私の両隣りにはサラリーマンが座っている。そして私の前にもサラリーマンが一人立っている。

実はこのサラリーマン三人、同僚なのか何なのかは知らないが、共に電車に乗り込んだらしい。会社の話や、最近の仕事上での話題に花を咲かせている。
私は三人に挟まれながら聞くともなくボーっと、寝るんだが寝ないんだか、居るんだか居ないんだか分からないような、「ぬらりひょん」の様なそんなような感じで座席に腰掛けていた。

するといきなり(恐らく彼らにとっては話のまっただ中だろう)、三人の誰かが、
「健太は?」

と尋ねた。
するとまた誰かが、

「健太か〜!?」
と、なんとも嫌そうな声色で答える。

見ず知らずの健太の話になった途端、私は聞き耳を立てざるを得なかった。
「健太」と言った瞬間からの彼らの反応の良さ、なぜか嫌そうな皆の様子が感じられたからだ。そして私は健太に興味を持った。

「健太はな〜・・・・。行ってケンカにでもなったらどうすんだ?」
「喧嘩にはならんだろう。子供じゃないんだから。」
「まあケンカは無いが機嫌悪くなったら、俺どうしようもねえな〜。」
「健太はやめとくかー。」

ほう。健太とやらは嫌われているのか。しかし何故こんなにも健太は嫌われているのだろうか。そして健太は何歳なのだろう。彼らは50代半ばといったところだが、もし健太が新入社員など若い者だったらそれは可哀相じゃないか。健太だって頑張って働いているのだ。おじさん三人に陰口を言われているなんて知ったら、健太、会社辞めてまうぞ。

どんよりとした銀座線車内。私は健太に同情した。
健太。お前は今どこで何をしている。こんなことを言われて。
ところで健太はどういう風貌なのだ。きっと黒髪短髪。少し細身の弱々しい体格。生真面目な学生の様なメガネをかけ、スーツはグレーのストライプ調。ネクタイは紺色で全体的に地味〜なシャイボーイ。だけど見えないところは意外とこだわりがある。お財布はポールスミス、ハンカチだって常に携帯。仕事が終わって家に帰ったらまずガウンに着替えてチェアーに座ってシャンパン片手にチーズを頬張る。ティム・ロビンスの『ショーシャンクの空に』なんかを観ながら飼い猫を膝に乗せ・・・・・・おっと。明らかに妄想の域に入った。
まあ健太は家に帰ったら、明日の取引先との商談のためにパソコンやら資料やらを机一杯に広げ、「ああでもないこうでもない」と試行錯誤を繰り返し、田舎のお袋さんから届いた野菜をトッピングしたラーメンかなんかをすすりながら仕事をしているんだろうなー。もう少し健康的なものをお食べよ健太。
忙しいのは分かるが、お米をお食べ。日本人なんだし。お米は生命の源だよ。


はて。私は頑張っている健太に少しばかり恋心を抱いているのではなかろうか。こんなにも健太のことが気にかかる。不憫だけども一生懸命働いている健太のことを考えると、一人息子を都会に送り出した、野菜を送ってくれたあのお袋さんの気持ちが手に取るように伝わってくる。
上司であろう三人に陰口を叩かれながらも必死に頑張っている健太。


健太、私は応援しているぞ。負けるな!頑張れ!!

私は、真面目メガネの健太に陰ながらエールを送った。



そして、両隣と前方にいるサラリーマン三人に意識を戻す。
この三人のおやじは。頑張っている若者に対してよく無礼な台詞を吐けるものだ。

そう思うや否や、耳を疑うような台詞が飛び込んできた。
「じゃああんまり変わんないけどマックにしとくか。」

・・・・・?


「マックは前も行ったから大丈夫だな。ケンタがダメならマックって言うのもなんか貧乏くさいけど、まあ良いか。わははははははは。」
一同「わははははははは。」


・・えっと・・・。
「マック」って人名では無いよな?ケンタからのマック。


・・・。明らかにケンタッキーフライドチキンは嫌だからマクドナルドにしようっていう流れではないか。

私がエールを送った健太は?
恋心を抱いた健太は?
田舎から上京してきた健太はどこに?

彼らは最初から「健太」という人の話ではなく「ケンタ」という目的地の話をしていたのだろうか。
ケンタッキーフライドチキンの「ケンタ」に行くとか行かないとかの話だったのだろうか。



・・・・私の恋心が脆くも崩れ去った瞬間であった。


私は、ケンタッキーについて話したい時は「ケンタ」などとは言わず、「ケンタッキー」と言おうと、深く、心に誓った。


妄想乙!
なんて言うのは思うだけなら自由だが声には出さないでもらいたい。

この森で、天使はバスを降りた 

August 05 [Wed], 2009, 2:12
酔っぱらったインディアン達が、
向こう側に小舟を見つけた

女性と、その女性にふっくらと優しく包まれている赤ん坊。

インディアンはその女性や赤子の持っている大切な光を知らない。インディアンにとっては必要の無いことであった。

インディアン達は、赤子は水に沈めても死なないらしい、と、言葉も通じない女性と赤子の乗った小さな船を転覆させた。















赤子は戻ってこなかった









無言の死。
それ以上に悲しいものはない

残された者。残されてしまった者。

もう空想でしか会うことの出来ない彼への想い。一生触れることのできない愛する彼の肉体。

あのとき一緒に湖の底に沈んでいれば、今も一緒にいられたのかもしれない。

骨と風とカレー屋と。 

June 11 [Thu], 2009, 1:28

真っ暗真夜中
真っ黒な風が、パトカーとバイクの爆音に負けないぐらいに叫んでいた。

ここはどこ?私はだれ?

君は風だよ。


私は答えた。

なぜここにいるの?あなたには私が見えるの?

風は私の周りをくるくるまわりながら言った。


私には君が見えるよ。真っ黒な君が。


いつも私を待っていてくれているのはあなた?
そう。私はいつも君を待っている。

真っ暗真夜中。真っ黒な風に、私はなった。

ここ数カ月の出来事 

April 10 [Fri], 2009, 0:55
世の中は蜘蛛の巣の様だ。
面倒な程に道を防ぎ、とても厄介で、先には何が待ち受けているのか。
分からない。蜘蛛の巣を解いたら、そこには何があるのか。
何を求めているのか。なぜ選択肢を与えてくれないのか。
己の欲求は己の中で解決すべきだ。
相手に、自身が置かれた環境をどれ程までに説明させなければならないのか。己は己で知るべきだ。相手の立場も、そして己も。


しみったれた文章なんぞ見たくはない。ここで小話を一つ。
銀座界隈で出会った某人に、
「高橋さんは私の友人の中で最高に謎めいてる」
と言われる。
このセリフの全てを解読すると切なくなりそうなので、セリフ中の「最高」という一言を勝手にピックアップして褒められたと勘違い。

だって「最も高い」んだもの。英語にすると「the highest」?
何が謎なのか傷つかない程度に聞いてみたところ、某人曰く

@:黒澤明の映画について延々と語る。
A:今時の女子大生は知ってて当然の事柄を知らず、戦争にはじまり芥川龍之介や遠藤周作、ホイットニーにレイ・チャールズ、マハリア・ジャクソンがきたかと思えば最後はウエスタンについて延々と語る。
B:前日までに観た映画のどこが面白くてどこがダメだったか、素人のくせに批判・皮肉や、逆にものすごく絶賛するなど、延々と語る。
C:狐狸庵を知らないと言うと愕然とした表情をして、しばし言葉を失った後、狐狸庵VSマンボウについての紹介を延々と語る。

大まかにはこの4つに分けられることが判明した。
とりあえず「延々と語る」というのが「謎」を解読するキーワードであると私は確信した。

最近は見ず知らずの人と(勝手に)交流することが多くて、だんだんと私という人物像が生まれてきた。
私の検索ワードは、「語る」「延々と」「映画」「本」「ウエスタン」であろう。今日は在原業平についてもっと掘り下げて知りたいと思った。

ところで今一番やりたいことは『太宰マントでなりきり散歩』

ベランダには煙草 

March 23 [Mon], 2009, 1:52
言葉って大切。 言葉一つで色んな意味になる。 その人の表情、話し方、音調、そして感情。 このどれもが完璧に一致した時こそ真実が分かるものである。 しかし例外はつきもの。 これらが完全に一致しても、虚偽でしかないこともある。 そう、それは、「感情」というものがあるから。 感情とは、時として邪魔である。 ジョージが好きでもいなくなって欲しいと思う。 死にそうじゃなくても死にそうと言う。 疲れてもいないのに疲れたと言う。 「やべー 笑いすぎて死にそう。」 「あー 今日も一日疲れた。」 大して死にそうじゃないだろ。 大して疲れたことしてないだろ。 ・・・・・・・はい、そんなこと痛いほど自分が分かっております。 しかし口癖なんだな。 あ、ジョージに関しては今レイ・チャールズ聴いてるから出てきただけです。あの女性は好き故に「出てけ」と言い、好き故に自分が死んだ。 感情とは、時として真逆の感情を導く。 2日でDVD6本を観た。7本目に入ろうとしたところで同居人が友人3人を連れて帰ってきたので、今は自分の部屋で音楽聴いてます。 神保町で暮らしたいな。 春休みは自分の立てていた計画通りに事が進まず、イライラして過ごしてしまいました。 20歳の春休み。最悪の2か月。戻って欲しい。2月の1日に。 やり直しのきかない人生。常にギャンブル。常に無い物ねだり。常に後悔。 まれに成功。 更に短気になる。やり直しのきかない春休み。

ここ最近、時間を守れません。 

February 17 [Tue], 2009, 5:51
・今年に入ってから観た映画(ほとんどDVD)の数、17
・今年に入ってから読んだ本の数、12(多分)
・今年に入ってから買った本の数、21(中でも古書は11)
・今年に入ってから映画と本にかけた金額、恐怖

試験期間があったにも関わらずこの数。試験や課題がなかったらもっと恐ろしくも楽しいことになっていたんじゃないかと思う。

そういえばこの前、家のフローリングで転んだ。しかも派手に。一人で。
あとソファで寝てて、夢にでっかいハエが目の前に現れて、ギャーと叫んだ瞬間にソファから落ちた。

夢と言えば最近変な夢を見た。
ちびまる子家に私がいて、まる子の机の引出しにまる子家の全財産が入っていた。そこが家族の金庫らしい。しかしなぜまる子。せめてお姉ちゃんの机にすれば良いものの。
まあそんな話はどうでもいいが、そのお金が全部盗まれたというのだ。
まる子、史上最強の狼狽。
そしてタイムマシンに乗って数分前に戻ったら、なんと犯人は「蛇」だった。
机の中から器用にお札の束をくわえ、にょろにょろと出てきたのだ。
まる子、二度目の狼狽。

そうそう、蛇と言えば、昨日観たDVDにも蛇騒動があり、今日お風呂で本を読んでいた時にも文中に蛇の文字が出てきた。

私はなにか蛇に関することに興味を抱かないわけにはいかなかった。
蛇の夢については色々言われているらしいが、ひとつを抜粋すると、蛇の夢は善悪両面から見られるそうだ。善の場合、金運が上昇というのが一般に言われるが、蛇が逃げる夢は金銭の損失に繋がるかもということである。
・・・・・・・・・・
明らかに夢の中の蛇は札束をくわえて逃げて行った。金銭損失かもなどと言っている場合ではない。もはや致命的かつ決定的ではないか。
確かに最近、本や映画に金をかけ、浴衣を買い、もう一つ大きな出費をしましたよ。着物も買うつもりですよ。もう文無しですよ。文無し法一。
蛇の夢のもう一つは、性的な意味を持つとか。性への恐怖などと書かれていたが、金を持って逃げて行った蛇に対して性的もへちまもない。
とりあえず、その後ちびまる子家の全財産がどうなったかは私は知らない。

しゃっくりが止まらない午前5時過ぎ。そろそろ苦しいです。
蛇の陰謀。

痛い 

February 03 [Tue], 2009, 0:11
ピンヒールはいてました。

転びました。

つくばエキスプレスの階段で。

おじさん、ありがと。

屋敷にするためにはテキーラが必要 

January 04 [Sun], 2009, 3:35
一個前と二個前の変なブログは消してしまいました。
ゆいちゃん、かなちゃん、みさと、よーすけ、コメント等ありがとんw

古書に囲まれて暮らしたい。
この前、古書を買ったら、今まで書籍を一度に購入した時の最高額をはるかに上回ってしまった。
それも、2倍なんてもんじゃない。4倍ほどである。

お金が一気に吹っ飛んだ。消えた。消滅した。
重いので配送してもらった。明日かあさって届くのかな?

世の中には「ゴミ屋敷」「猫屋敷」「番町皿屋敷」などがあるが、
私は「古書屋敷」にするつもりだ。
それからカツジンを飲みながら課題を3つ終わらせなければならない。
1月は遊べる日が無いので、古書と一緒に日々を暮らしていこうと思う。
古書ありきの人生。人生に古書あり。高橋蔵書。

一つ目の課題にとりかかっているが、自分が選んだテーマのあまりの残酷さに胸が痛むどころの騒ぎじゃなく、一種の憎悪、鬼畜な野獣への怒りが収まらず、バーに行きたいところである。
意味不明である。さあ、テキーラの時間です。中島らもに教わりました。

急な思い付き 

December 13 [Sat], 2008, 19:36
今日は銀座に買い物しに行こうと思って、朝早く起きて家を出た。

しかし、思い立って上野に向かい切符を買って青森に向かった。
頭を冷やすためにも、寒い青森がぴったりだと思ったから。

幸運にも今日、今年度初めての雪が積もったらしく、絶好の「頭冷やし日和」となった。

お母さんに電話をしたら、新幹線が八戸に着く時間にちょうど八戸に用事で来る予定だったらしく
ついでに迎えに来てもらった。

懐かしい青森。寒さが懐かしい。東京とは違う寒さ。
空気も違う。家があったかい。ご飯がおいしい。
けの汁も飲んだ。
ベルチャミハナがかわいい。
歯医者の匂いが懐かしい。

冷やした頭から湯気がでる。
恐山の池から、温泉から出した卵から、コンロの上の薬缶から、幼き頃の思い出の中から、湯気がでる。

上京してからまだ2年目なのに、こんなにも懐かしさを感じるのか。
家って良いね。青森の寒さが暖かい。
気温−1度。

卒論のテーマ 

December 10 [Wed], 2008, 2:41
魔女がいたんですよ。
私の席の前に。バスの。座ってました。編み物してました。
手の皮が伸び、しわだらけで、血管が浮き出て、骨骨してて、鼻はエッフェル塔のように高く、爪は長くとんがっていて、真っ赤なマニキュアをしていた。
服は黒。上着も黒。リュックも黒。おまけに傘も黒。
一通りの編み物が終わって伸びをしたその魔女の姿は、まさに、トカゲの尻尾とカエルの足を入れてぐつぐつ煮たてている大鍋の前で呪文を唱えながら舞っているかの如く見えた。
その後、傘を手にしたかと思うとバスの「降ります」ボタンを手で届く範囲にあるにも関わらずわざわざ傘の先で押し、バスが停車すると降りていった。

「・・・・・魔女だ。」
私は思った。すぐさま面接中の姉上にメール。電話。
姉上も共感。「それはまさに魔女だ。」と。
実習報告書なんて書いてる暇なんてない。まずは魔女の生態から調べ、魔女狩りがいつ行われ、どのような裁きを受け、いつ魔女が消滅したのか、それについてはっきりさせなければならない。
いや、魔女は消滅していない。まだこの社会で悠々と普通の人間を装って歩いている。
いやいや、魔女は人間か?ある特殊な能力を持つ人間が魔女になるのか?
そこを明確にしなければ今夜は眠れないだろう。

酔いながらさっき3人ほどに手紙を書きました。切手も貼って封をしました。
もう出すしかありません。何書いたんだか。