春になれば思い知らされる 

2005年04月02日(土) 17時25分
花粉症到来ですか?
去年はまったく症状が出なかったので油断しておりましたが。

しかし、仁義なき戦いのように、眼鏡もマスクもしない私。
だってうざったいんだもん。
そんないつもくしゃみ連発している訳でもないので。

そう言えば、サイトの日記にとチラッと書いたのですが。
嫁貰いの話。
春だなぁって思います。

だって、そうじゃないですか?
暖かくなると発情するのか、嫁を貰いたくなるのかは解らないですが、やたらとそういう話が振られます。
連れが居るにも関わらず

まぁ、声を掛けてくるのは、会社での話なので、そんなにごり押しされる訳でもないのですが。
しかし、私に来る話って、どうにもこうにも年齢差が激しい人ばかりなんですけども…。
いや、確かにオヤジ好きですし、年上でも構わないと言ってもですね、限度というものがあるだろう!

例えば48歳独身。公務員やってます。お金も有るし、家もあるんですけども嫁にきませんか?
と、言われたとしよう。
最初に何処を見る?
やっぱり顔だろう!

だって、足を広げられて、その顔を埋められる所を想像してみてください。
はっきり言って、顔が好みの男で無い限り、私は夜のお努めが出来ません!
(かっこ良いとかじゃなくてね、あくまで好み)

安定した職業も、+ポイントになりませんよ。
だって、独身長いなら、金の使い方も俺色があると思うので。
(別に贅沢をしたいわけではないが)
家だって、住む人が決めるんじゃないんですかねぇ?

優しい男なんて、若くても居るし、第一そこを売りにしてくるなんて、私は嫌です。
何故ここまで徹底的に拒絶するかというと、前科があるからです。
勿論見合いの前科ですよ
(未婚ですから)

あまり良い経験が無いので、付き合い見合いだけは止めたほうが良いと思います。
今なんて、お見合いパーティーなんて洒落たのがあるんですから。

いっ忙しい… 

2005年03月30日(水) 19時00分
只でさえ人手不足の我が職場で、インフルエンザで出勤停止を喰らった方が一名居まして。
もう、職場は戦場状態です。

あぁ、猫の手も借りたい…。
体調も崩していられないので、神経張り詰めて余裕がございません。

だめ…
もうダメ…
無理だよ、一人で三助するの…
かはっ(吐血)

続日記が読みたい 

2005年03月28日(月) 22時08分
作品を作っていたPCがぶっ壊れた為、今まで書き溜めていた話が全部パァになってしまいました。
ロイアイハボの3角関係の話も無くなってちょっと痛いなぁ…。
同じ文章を書けといわれても、絶対かけないもん。
良いフレーズは、その瞬間でしか浮かばないのでねぇ。
ちょっと口惜しいかも。(しかしあまり落ち込みはしない)

テキスト感想で読んでいてすっと入って来る感じがするみたいなことを、言われたことがありますが。
書いている本人が余り頭の良い人間ではないので(苦笑)、極力難しい言葉を使用しないからかもしれませんねぇ。
難しい言葉って、そこで視線が止まっちゃうでしょ?
あれ?この意味って何?とか、読み方ってなんだっけとか。
別に難しい言葉を使わなくてもいいと思うんですよ。
幸い日本語って、同じ意味で違う読み方をする文字ってたくさんあるし。

流れが話の書き方になったので、ちょっとこぼしますが、私は最初の一文に結構気を使います。
最初の一文って大事じゃないですか?
この一文で先を読む気になれるか否かが決まっちゃうので。
だから、結構目を引くな文章を持ってきます。
甘い香りがした。とか、ピアノの音がしたとか。
こういう技術って小説書き方サイトでよく見られますが〜。

あと、うちのサイトって一人称が多いのね。
他サイト様を拝見したら、ほぼ三人称でした。
三人称って苦手なんですよ。
客観的じゃないですか。
愛しくてでも手に入らない人から、思わぬ口付けを受けたって、三人称なら客観的なんですよ。
リザは嬉しさのあまり緩んだ涙腺から零れそうになった涙を、必死に堪えようとした。
みたいに。
一人称なら、感情を深く掘り下げることが出来るので、私は好んで使いますね。
軽く触れただけなのに。わたしは指先まで甘く痺れるような感覚を覚えた。かさついた唇。ずっと望んでいたあなたからのくちづけに、胸が熱くなると同時に、瞳から零れ落ちそうになる滴を、わたしは見られないようにそっと隠した。
みたいな。
(長くなったけど)
え?これって三人称の書き方?
そうなのかぁ…

一人称って、五感を追う作業だと思います。触覚、視覚、嗅覚、聴覚あとなんだっけ?を文章に変換する作業。それが好きで好きなのかも知れないですな。
って長くなっちゃったよ。

日記が読みたい 

2005年03月28日(月) 21時24分
鋼サイトさんの日記が読みたい…。
小説じゃなくて?

日記って楽しいじゃないですか。
その人がどんな人間か大体分かりますしね。
メッセージの返事なんか一発ですよねぇ。
だからお返事には細心の注意を払わなければならないと思うのです。
個人的な意見。

TVタックルで、たけしさんが仰っていたのですが、
「我々は商品なのだから、この人だから出ないとかは間違っている」と。
サイトもそうだと思うんですよ。
私は商品制作の一部で、出来たテキストが商品。
その商品をどうしようが、購入者の勝手だと思うのですよ。
(著作権放棄云々はまた別な話ね)
私なんかは、観覧してくださるだけで嬉しい半面、申し訳なく思うタイプなので…(小心者)

まぁ、この話はここまでとして。
続く

誕生日でした 

2005年03月27日(日) 19時42分
ええ!誕生日でしたとも!!

今日、島流れ中の連れから電話が来たのですが。
てっきり誕生日だから電話でも掛けてくれたんだと思いながら、30分程話をしていたのですが、まったく「おめでとう」の一言が出てこない。
おかしいなぁっと思い、さり気なく「何で電話掛けてきたの?」的な事を聞いたところ。
「本土に帰るのが一週間伸びたから嘆くために」
だとよ…

「今日何の日だか覚えてる?
と、聞いても
「え?なんか有るの?」
だとよ

お前なんか島の海岸にいる亀にでもさらわれてしまえ!!
などと、本気で思った次第です。

だいいち、私誕生日ってろくな思い出が無くて、7歳の誕生日に風疹に掛かり、2年前は出向先で38度まで熱を上げ、そして今年は、朝っぱらからノートPCがぶっ壊れました。
(折角話を書こうと思ったのに…。しかも書き途中のネタがぎっしり詰まっていたのに)
しばらく手書きで書こうかと一瞬思いましたが、どうにもこうにも打ち込まないと話が書けない人間なので、速攻でネットオークションで安いのを落としましたが。

あぁ、寂しい誕生日だったよ。

ローレライ見てきました 

2005年03月26日(土) 19時19分
いや、もう感動ですよ!
予告編から気になっていたんですよ。少女を護る為にうんたらかんたらと言っていたので。

ああ言う話(自己犠牲)、実はかなりツボでして。
男共に挟まれながら(偶々席がそうなっただけで、まったく面識は無く、しかも両隣ともカップルで来ていました)、切なさのあまり泣きながら見てきました。

もうね、ギバちゃんがいい!踊るシリーズみたいに上に立つ役も良いけど、誰かの補佐として活躍する姿もかっこ良いのですよ!
あと役所さん。
今回は文字通り男ばっかりで暑苦しさも(潜水艦だし)ばっちりだったんですけどねぇ。
こう、いい意味で歳を取ったものの渋みが、スクリーンいっぱいに映し出されるとホント痺れますね。いや〜、映画ってほんとに素晴らしいですね。
瀧(ぴえーる)も、渋くなっていて、電気をインディーズ時代から知っている私としては、彼の演技にも胸を熱くしたものです。
素晴らしいよ!オペラ座の怪人に間に合わなくて良かったよ。東京タワーに間に合わなくて良かったよ!(バースディ割引で見ようと思っていたが、先々週までで終了していたので)

気になっているひとは是非見るべきだと思います。
映画はラブロマンスだけって言う人もまず見てみろ!って感じですよ。

余談ですが、映画館まで車で1時間半掛かるのですが、休日だし、春休み中だから道路も混むと思って30分ほど余裕を持ってでようとしていたのですが、のんびりし過ぎて上映時間一本遅らせようかと思いながら、車を飛ばし映画館まで行きました。
(最高100キロは軽く出ていたよね。こいのぼり(高速でよく見られるボーダーの奴)が結構なびいていたから、風速も強かったのに軽自動車で)

上映時間まで後10分って所で駐車場に到着して。体力無いのにブーツで猛ダッシュをかけ、息切れしながらチケットを買いました。(結構恥ずかしかった)
でも、一本遅らせなくてよかった!

灯台下暗し2 

2005年03月25日(金) 22時25分
余談では有りますが、Sムーンのみちるさんはまた別ですよ。あの人強いもん。
私的には、大佐(鋼)、涼介(イニD)、みちる(Sムーン)は同類です。
毛色は違うけど、はるかは、啓介とリザと同類。(髪の毛の色は一緒だけど)
りざも、啓介も、はるかも、相方が死ねば死んじゃうタイプだとは思う。
事実、アニメ版Sムーンでは、はるかはみちるの後を追い、(みちるは敵に啖呵きってたけど)、リザは戦意喪失してましたしね。

大切な人の死を目の当たりにして、逃げてしまうのはずるい。だからではないけれど、少なからずそういう部分を持つキャラクターは、悪意が有ると思う。
後は、愛しい人の命を奪えるかですかね。
リザは絶対奪えると思う。(断言?)
何故なら、命かけてまで護ろうと思っているから。
実は只今ネガティブキャンペーン中なのだけれど、この前ちらりと書いてみたのが、かなりやばい話で。
あー…リザって良くも悪くも素直なんだなぁって思ってしまいました。(五秒ネタではない)
いつか、そういう感情を極めた話を描きたいなぁっとも言いつつ、今日の徒然語りは終幕!

灯台下暗し 

2005年03月25日(金) 21時45分
意外と物を隠す場所は、普段からよく目に付く場所にさり気なく隠せば良いと、思ったり。
いや、別に隠すつもりも無いし、アピールする必要も無いかなっと思っただけです。

ぽちぽちと、メールでメッセージを頂くようになりました。
さり気ない一言でも、大変嬉しいものです。
サイト休止中なので公にお返事できないのがちょっと口惜しい所。
でも、お礼は作品で返していこうと思っております。

わたし、サイトに対して変な考え方を持っていまして。
その考えが足枷になっていたりもするのですが、良いものを作ろうとストイックになれる(一応)部分でもあったりします。
キャラクター設定もそう。
色んな同ジャンルのサイトを見ても、多分こんな考え方してるのってあまり居ないよなぁって考え方を平気でします。
純粋な悪とかそういうの。

例を出せば、天使や神様は崇高な物、穢れ無き者と捉えられがちだけど、意外と悪意の塊ではなかろうかとか。
わたしの中では、啓介(イニD)と、リザ(鋼)は最上級の悪役です。
純粋すぎて悪の塊なの。この二人は。
だって、アニキ(啓介)や大佐(リザ)に従順なんだよ。この二人。
二十もとっくにすぎてるっていうのに。
でも、イニDサイトでは同じ考えの方は居たけど、鋼ではあまり見た事無いかも…。
女だから?原作がインパクト強すぎだから?う〜ん。

国語的思考と理数的思考 

2005年03月24日(木) 21時13分
いつだったか、友人にこんなことを言われたことがある。
ひとつの物事を、国語的に考える人と、理数的に考える人が居ると。

平たく言えば、ドキュメンタリーを書くのが得意なのが理数的思考。創作が得意なのが国語的思考。な、らしい。

ちなみに友人曰く、私は9対1で国語的思考ならしい。
話す内容が電波的というか宇宙と交信系なのはその所為か?

この感覚、小説サイト巡りなさる方なら判ると思います。
私は同極の人間の作品より対極の人間の作品の方がよく判ります。
(内容を理解出来るという意味ではなくて)

1+1が2という考え方で話を書く方が多分理数系思考なんでしょう。
最近、理数系統の文章をお書きになる素敵サイト様へ感想を寄せた所、上記の考え方をしてしまうような事を仰っていましたし。
対極に位置する(らしい)私の考え方は、1+1が2にならないんですよね。もう、その数式すら頭に浮かんでこない。(笑)
原因が有って答えがあるなんて考えが無いと言うか。
原因が無くても答えがあるような感じですかね?
よく判らないですが。(苦笑)

別に理数的考えがテキスト書きに向かないとか、国語的思考が交信系だとか良いとか悪いとかじゃなくて。
特性を生かした文章を書けば良いと思います。
理数的の人は、三人称が得意だと見受けられますしね。

お涼様!! 

2005年03月24日(木) 20時47分
ちょっと叫びたい…。

お涼さま最高っす!!

薬師寺涼子の事件簿ですね。
原作者の田中さんは素晴らしい選択をしてくれたと思います!
だって、お涼を描ける人は垣野内さんしか居ないと断言してくださったんですよ!

もう、小学校の頃から成美嬢に恋してきた私にとってはとても嬉しい発言です。
やっぱり誰がなんと言うが、お涼は垣野内さんしか描けませんよ!えぇ!

垣野内さんの作品では、ダントツ吸血姫美夕が好きです。
美夕はいい!夕維ちゃんはちょっと…。
人としての弱さをずっと持ち続ける彼女の弱さが好き。
そういう弱さがあるかと思えば、自分の容姿に対する確たるプライドの高さも備え持っているし。
アンバランスさがたまらないです。

余談ですが、私が話を書くに当たって想像するロイリザのイメージ画像は、垣野内さんなんですよ。
あの柔らかい線の細さと色っぽいボディラインが大好きなので。
女性の柔らかさを描かせたら右に出るものは居ないのではないかと思います。
ただ細い訳ではなく、しなやかな肉体がたまらなく素敵なんですよ!
うぎゃ!

個人的に垣野内さんの作品の中で一番好きなのは、吸血姫美夕内での【人形の森】。
あれは、もう、たまらなく好きです。
美夕の弱さや傲慢さ、サブキャラの妖しさがあの一作に凝縮されていると思いますんで。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kinodrama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる