【 更新情報 】

スポンサード リンク

筋トレダイエットを無理なく継続させる

 筋トレは続いているけれど体重が減らないと、なかなか思うように減っていかない体重に落ち込んでしまうことがありませんか。

 基礎代謝が上がるには、もう少し辛抱をと心に言い聞かせるものの、ダイエットを継続していく上で、何か拠り所が欲しくなってしまうものです。

 手っ取り早く体内の筋肉の増え方を見極めるには、握力測定をするという方法があります。

 基礎代謝の高まりはわかりにくいので、筋肉でチェックをするのです。

 握力は全身の筋力を反映しており、筋トレ前と筋トレ後を比較するのに便利です。

 筋トレ後のフォローが適切でない場合、せっかくダイエットのために筋トレをしても効果が出にくいこともあります。

 成果が出るには時間がかかりますが、かかりすぎるようなら問題です。

 筋トレによって蓄積された疲労物質が体内に滞っている可能性があります。

 筋トレをする一方で食事制限をしているような場合、栄養素が足りていない体が飢餓状態になり、代謝を減らそうとする作用が働いていることもあります。

 ダイエット中に、そのようなことが考えられる場合は、栄養や食事量を見直すことはもちろんであるが、筋トレの量や頻度を見直してみてください。

 疲れが抜けていない時に無理矢理筋肉を動かしても、筋トレの効果は低いようです。

 筋トレをしてからお風呂に入り、血行を促進することはダイエットに効果があります。

 体が温まって疲労が抜け、リラクゼーション効果も期待できます。

 ダイエットをする時には広く言えることですが、筋トレでダイエットをする際は全体の調和を考えながら体質改善を目指しましょう。

 効率的な筋力ダイエットのためにも、筋トレをしつつ睡眠食事も改善していきましょう。

間違った筋トレではダイエットは続かない

 スポーツ選手がするような、大仰なマシーンに座って重い塊を持ち上げたり引っ張ったりする動作が、筋トレといわれると連想する光景でしょう。

 全身の筋力増強や瞬発力を高めるための筋トレならばこのような方法になりますが、筋トレを通してダイエットをしたいという場合は少し異なる方法を取ります。

 ダイエットを目指して筋トレを行う場合、体内の筋肉を増やすことで代謝を高めることが目的です。

 そのためには、持久力をアップさせる筋トレを行わなければなりません。筋トレを考える際は、白筋と赤筋について知る必要があります。

 白筋を鍛えるには負荷の強い素早い運動を心がけ、赤筋を鍛えるにはじっくりと時間のかかるような運動をします。

 筋トレが初体験で運動経験が少ないという人の場合、どのような筋トレからアプローチするかがポイントです。

 激しい筋トレをしたことが原因で膝や腰の痛みを感じるようになり、筋トレダイエットを中断することもあるようです。

 ここでも間違ったダイエット方法で筋トレが行われていることが多いようです。

 正しい姿勢を保ち、一定の呼吸リズムを守ることで適切なダイエット向けの筋トレができます。

 そのためには、写真や動画などでトレーニング内容をきちんとチェックしましょう。

 鍛えたい部分の筋肉を確実に意識できるようになるためにも、体に無駄な負荷のかからない姿勢でを保ち、呼吸が苦しくない状態をキープしてください。

 筋トレの姿勢に無理が生じると息が詰まりまともに呼吸ができなくなります。

 そうすると体に余計な負担がかかってしまいます。

 適切なポーズ、そして適切な呼吸で筋トレを行うことでリラックスして運動ができ、筋トレそのものを楽しむことができるでしょう。

筋トレによるダイエットを実行する

 体に蓄積された脂肪を燃焼させ、スリムな体を短い期間で作り上げるために、軍隊式の筋トレや運動量の激しいダンスを行って痩せるというダイエット方法があります。

 筋トレで体を動かすとダイエット効果が高いことは、多くの人の知るところです。

 激しい運動は肉体にストレスがかかりますので、慣れない筋トレを頑張りすぎた結果、膝や腰の関節か痛むようになってしまったり、筋肉に負担がかかりすぎることがもあるようです。

 あるいは、あまりにも辛すぎて、疲労で体調を崩してしまったりして、ダイエットを断念してしまうケースも少なくないようであす。

 急に激しい運動をすると体に負荷がかかりすぎますが、効率よく脂肪を燃焼させ、健康を損なうことなくダイエットを成功させるためにも、リバウンドしないためにも、筋トレは大事です。

 ダイエットのために体を動かす時は、無酸素運動と有酸素運動の2パターンがあります。

 体内に取り入れた酸素で脂肪を燃やし、循環器系を鍛える運動がジョギングなどの有酸素運動です。

 筋肉を鍛え増量するために行う筋トレは脂肪が燃焼しやすい体を作って太りにくくなることが目的で、こちらは無酸素運動です。

 筋トレのような無酸素運動は、有酸素運動ほどの効率的な脂肪消費効果はありません。

 筋トレは運動で脂肪を消費するのではなく、筋肉を増やして基礎代謝を増やします。

 体力や持続力はないし運動も長いことしていないけれど筋トレをしてみたい、けれどジムに行く余力もないという方も多いようです。

 そういった人は、様々な方法で筋トレに励み、自分なりのやり方で代謝の高い体質作りを目指すしかありません。

 引き締まった体で好きな料理を体重が増えることを心配することなく食べられる日々は、限られた人にだけ許されたことなのだろうか。
P R