【 更新情報 】

スポンサードリンク

緊急避妊法の手段

緊急避妊法というのは、強姦された際やコンドームが破損してしまった際などの緊急時に取られる最終避妊手段のことです。

そもそも避妊というものは性行為の時に精子を卵子まで到達し受精することを阻止することです。

普通ならピルを使用したりコンドームの装着することで避妊を行うことが多いと思いますが、事故によりコンドームが破損してしまっていたり、強姦されてしまった際など、避妊ができなかった時に使用するものとして緊急避妊ピルを使用することで緊急的に避妊を行うことができます。

この際に使うのはドオルトンという名前の錠剤で避妊率は98%となっております。

しかし、性交の後三日のうちに使用しなければ効果が期待できず、また時間が経てば経つほど避妊できる可能性が減少してしまいます。

さらにドオルトンは事前に医師に診察をしてもらわないと手に入れることが出来ないのにも注意が必要です。

 他にもIUDという緊急避妊法があります。

これは性交後五日の内に装着することで装着後数年間の避妊率を95%にしてくれるものです。

しかし、緊急避妊用のIUDの装着と取り外しには産婦人科で手術が必要な上に手術料が3万円ほど掛かります。

いずれにせよ、万が一の時のために頭の片隅に置いておくといいでしょう。
P R