ご挨拶 

2006年11月29日(水) 15時10分
日本に帰国し、新居に引っ越して約2ヶ月。
新しい土地での生活もそろそろ落ち着いてきました。
現在、新居のある茅☆崎市内にてお仕事を探しつつ
のリフォームに励む毎日を送ってます
リフォームっていっても床にニス塗ったり、ふすまの溝を
平らに削ったり・・・ささやかにいじってます。
ふすまの溝については平らにしてやるっ!!!
と意地になって削りすぎて「これって・・・逆効果じゃない?」
とダンナ様に睨まれておりますが

北京ほどおもろいことはもうおきひんなぁ〜、と
帰国当初は思ってましたが、なかなかどうしてっ!
この町での暮らしも相当おもしろそうです
余裕が出来ればまた日記を再開したいと思いますが、
とにもかくにも北京編はここまで。
ご愛読ありがとうございました。
また再開する日まで…

北京最後の日 

2006年07月31日(月) 19時47分
明日、日本へ帰ります

というわけで、今日は北京生活最後の日なのです。
さぞかし名残惜しんで過ごしたことでしょう・・・
っていうと大間違い。
ただひたすら片付けと荷造りしてました

冷蔵庫の中が結構すごい。
ここ1ヶ月くらい買い控えして、冷蔵庫にあるもの
順番に使ってたんやけどねぇ。
っちゅうても醤油を大量に使う!とか
酢を使いまくる!!!とか
みりんを飲む!とか
マヨネーズを食べる!
わけにはいかんからねぇ。
冷蔵庫め、小さいフリしてまだまだようけ入ってました。

片付けも荷造りも終わってなんか一気に
気が抜けてしまったわぁ〜。
ほんまに帰るんやなぁ〜。

ホーム☆パーティ 

2006年07月09日(日) 16時37分
半年勤めた職場の仲良しスタッフを招いて、
お別れのホーム☆パーティをしました。
これまで何度か中国人をに招く機会があったけど
毎回、私の頭を悩ませるのがメニュー

@味付けが濃いもの
A脂っこさという意味であっさりしすぎてないもの
Bそれでいて「わぁ日本食」と思わせる見た目キレイなもの

やっぱり喜んで欲しいしねっこれが難しい!
そこで、今回企画したのは参加型『巻き寿司☆パーティ』
先週日本から来た友達に頼んでおいて
100均巻き簾を日本から大量調達。
(山川家さんありがとうねっ!!)
具と酢飯を用意して、それぞれ自分で好きなものを
入れて、自分で作ったのを食べてもらいました。



最初は恐る恐る丁寧に酢飯を広げてたんやけど…
思い思いの具を選び出したら大騒ぎ
巻き巻きする時もキャーキャー大興奮

完成品をカットして…
「わぁ〜!私のキレイでしょ〜っ!!」
と自画自賛大会。 相当盛り上がりました


↑あまりの嬉しさにカメラに向かって
細巻きを激しく振ってます。
おかげでブレてますほんま可愛いねん、この子。

今回のホームパーティは我ながら大成功〜



巻き簾はそのままプレゼントにしました。
みんな欲張ってゴハンも具もいっぱい載せるから、
巻き簾はハミ出たご飯粒だらけ!
それでギュッギュと大胆に巻き込むもんやから
もぉ洗うの大変…
いつか一回でもいいから、彼女達がどこかで作ってくれるとうれしいなぁ〜。

完成〜♪ 

2006年07月05日(水) 16時02分
頼んでいたちゃぶ台が完成し、昨晩7時過ぎに到着
いい感じやないのぉ〜

  

「さっそくこれでご飯しよう♪」
とテーブルを拭いたら色が移って布巾が茶色くなりました。
「おっ?ということはこのまま置いたら下のマット汚れる???」
ってわけで現在、脚の下に雑誌を破って敷いております。
ちょっと格好悪いですが気にしないでください
そのうち対策考えます
色落ちして、それもいいになるといいなぁ〜。


で、昨日の晩御飯は、週末に日本から遊びに来てた友人が
持って来てくれたお土産の明太子
(明太子だけとちゃうで。ちゃんとおかずも作ったし)

  

彩ちゃんありがとうっ!!
ちゃぶ台で白ご飯に明太子!
日本人やん〜。最高やわぁ〜。
(明太子の写真、寄り過ぎちゃうのんって!?
あまりにうれしくて接近モードにして激寄りしてみた。
昨晩の私のテンション最高潮の時です。おいしそうやろ?
おいしかったでっ♪ホホホ)

景山公園のオヤジ 

2006年07月01日(土) 15時49分
日本から遊びに来てた友達と一緒に
景山公園に行ってきました。
景山公園といえば故宮を見下ろせる絶景ポイント。
でも…補修工事中で全然見れませんでした
せっかく北京に来てくれたのにごめんねぇ…

しょんぼりと下山し、そこで見かけたこの人。

  
何気ない普通の中国人のオヤジ↑です。
と!筆を持ち、その筆に水をつけ、サラサラサラ…
なにやら描いております。

  

「何してるんやろ。」とだんだん人が集まってきて・・・

  

オヤジすごいやんっ!

テーブル作り 

2006年06月28日(水) 13時59分
ただいま我が家は帰国に向けて次々と
「やるべきこと」を片付けております
正直、買い物ラッシュです、はい。
毛沢東さんがどんどんお財布から飛んで行きます

そのやるべきことリストの中の一つにタイトルの
「テーブル作り」がありまして。
日本に帰ってから使うリビングのテーブルをオーダーメイドで作ろう!
という企画モノです
靴やらスーツやら額縁やら、この1年いろいろと
オーダーメイドで遊んで来ましたが、
今回の企画に失敗は絶対許されませんっ!
一生モノのリビングテーブルを作るのですっ!!
気合い充分っ
リビングのテーブルっていうとエライ洋風やけど、
要するにちゃぶ台やねん。

先日、すでにオーダーを済ませてたこのちゃぶ台。
昨日家具屋さんから「色塗る前に形を確認しに来て。」
電話をもらって見に行って来ました
いい感じやないのぉ〜

  

この後、磨いて色を塗ってから、古く見えるように
磨き上げてくれるらしいです。
出来上がりが楽しみやわぁ〜

伝統工芸品 ☆その2☆ 

2006年06月04日(日) 19時08分
今日は久々にお昼ごはんを食べに北京の下町って
感じのエリアに出かけました。
中国人の知り合いに教えてもらった「ジャージャン麺」の店。
(おバカなことにカメラを持っていくのを忘れ
写真を取り損ねました…
肝心のジャージャン麺は…
ふーんって感じ。
不味くはないのよ。まぁまぁなの…
ふーん、なるほどねぇ。
って感じ。

でその帰り!凧屋さんを見つけました。
北京ってほんま凧を揚げてんのよく見かけるねん。
しかもどこまであげんのっ!遠っ!小っちゃ!!!
ってくらい空高く。

このお店の凧はほんま工芸品やったっ。
(店内の写真も撮りたかった…カメラを忘れた自分を後悔

一個一個手作りなんやって。3代続く工芸一家らしい。
「今は息子が作ってるのよ」とおばちゃんが自慢してくれた。
「おじぃちゃんは90歳で、もう凧は揚げられないの」
と、若かりし頃のおじぃちゃんが凧揚げしてる写真も見せてくれた。
近頃、帰国を前にして「工芸品」「中国伝統」モノに
本当にすこぶる弱い私…
買っちゃいました。



この金魚、めっちゃよく出来てるんやで。
目が風でくるくる回るようにできてるねんっ。
しっぽがヒラヒラしてきれいやろぉなぁ〜



それにこの龍!連凧やでっ。
(なんか凧の後ろ、部屋は散らかってるし、健康的に
太った私まで写ってるけど… 気にしないでね。)

どっちもほんまに飛ばす凧やねんて。
でも飛ばすのもったいないわぁ〜。
日本の部屋に飾ろうっ

伝統工芸品 ☆その1☆ 

2006年06月04日(日) 18時51分
さっぱり更新の滞っている「我在北京悠閑的生活」。
最近、北京暑くって夏バテでさぁ…(言い訳

さて言い訳はこんなもんにして本題に入ります。
ずーっと前に同居人様がお仕事先で職人さんから
もらってきた伝統工芸品のお面というのがウチにありまして。
手作りの一品モノ。かなりかっこいい!
最近、帰国を前にして「伝統工芸」「中国文化」
いう言葉にすこぶる弱い私。

このお面たち、このままでは可愛そうだねぇ…
というわけでオーダーメイド天国、中国にいる間に
額を作ってもらうことにしました。
東直門っていう所にある市場の中に
こういうのやってくれる所があって行って来ました
額縁サンプルがズラーっと並んでて、中国人はここに
写真や絵や、書道なんかを持ち込んで作ってもらうみたい。



イメージを伝え、木枠を選び、淵を選んで
いよいよ作業へ。

「1時間後に来たらいいよ」と言われ、いったん
店を離れたものの、「いや、ちょっと待て!」

預けっぱなしにして放って置くと雑な仕上がりに
なったりするのが中国じゃないかっ???

案の定、店に戻ったら順番抜かされてるし
やっぱ横におって睨んどかんとあかんのやな、この国は。
それからは真横に立ち、順番抜かしされないように
しっかり睨みを効かしつつ、待つこと40分。



真面目にやっとるようだねぇ・・・
作業は順調に進み
出っ来上っがり〜♪



かっこよく出来ました。占めて40元やったかな?
500円くらいです。
安いっ!!!
なんでも作れる国やわぁ〜。

第7日目 (ラサ→成都→北京) 

2006年05月07日(日) 15時03分
朝起きると身体はすっきり
ぜんぜん頭痛くな〜いっ♪

私の身体がせっかく慣れたところで残念やけど
チベットとはお別れやぁ。
今思えばこの6日間。
ずっと頭痛に悩まされ、観光を楽しんだ覚えが無い!
というわけで、残り時間を惜しんで、空港までのバスの中でも
必死に外を見てました。
他のツアー客は爆睡です


↑わぁ 豚肉、いや豚を運んでるっ。

あぁあ。
今日ならポタラ宮も、もっと楽しめたやろうに。
いろいろ写真も撮れたやろうに・・・
でももう二度と来たくない、かなぁ。
う〜ん・・・少なくともしばらくは思い出すだけで怖いなぁ。
いやぁ、ほんま辛かったんやもん。
自分の命の端っこを感じたなぁ。

自然を目の前にしたら人間なんて弱い。
私は無力やわ・・・
自然にボロ負けした7日間でした。

第6日目【写真編】 

2006年05月06日(土) 14時48分
バスでの帰り道。
元気になったもんで、ずーっとカメラ持って
外ば〜っかり見てました。
おかげで色んなものを発見。


↑ひっくり返ってる車と遭遇。
これ走ってるバスの窓から撮ったんやで。
すごい反応やわ、私。元気になったもんや、ほんま。
良かった良かった♪

この車、細い山道で前の車を追い越そうと高速でハンドル切ったに違いない。
おぉ、怖い



↑道中でトイレ休憩だと言われ停まったトイレ
右下の赤字「衛生間」っていうのがトイレのことなんやけど
全然まったく衛生的じゃないし。
まぁ壁があるだけマシか・・・



↑エコです、エコ。
この隣にすわってボーっとしてたおっちゃんに聞いたところ
40分くらいでお湯が沸くらしい。
沸くとは言っても海抜が高すぎるから80度くらいで
沸騰してしまうらしいんやけど。
でもすごい。太陽の力。
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/kingyo_beijing/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる