自転車の歴史

March 17 [Thu], 2016, 16:03

 ウィキペディアによると、自転車の定義とは、乗り手自身の人力を主たる動力源として車輪を駆動することで推進力を得て、乗り手の任意による進路で地上を走行する乗り物だそうだ.
現在では1817年にドイツのカール.フォン.ドライスによって発明された木製の乗り物「ドライジーネ (Draisine) 」が、実際に製作されたことが確認できる二輪自転車の祖先とされているそうだ。この自転車は前輪の向きを変えることができるハンドルと、前後同じ直径の二つの車輪を備えている。クランクやペダル、チェーンといった駆動装置はなく、足で直接地面を蹴って走るものだったそうだ。スーツケース


ロードバイクに関して、ロードバイクとは、別名スポーツ自転車と言われています
 競技用ロードバイクの原型が1990年頃だと言われています。一方、トラックレースの方ではブレーキ装着を禁じていたので、その辺りから双方の機材特化が始まり、それから少しずつ進化を繰り返し現在に至っています
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:加藤 龍
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kingto0710/index1_0.rdf