ガンダムウォーネグザ』の公式イベント"ネ

December 07 [Wed], 2016, 7:05
3月23日、宮城県仙台市にて『ガンダムウォーネグザ』公式イベント『ネグザツアー』が開催された. メインイベントである『14都市称号争奪戦』は、14の都市ごとに用意された"称号"を賭けて戦う大会. この大会の速報を、開発チームのコメントとともにお届けする. ガンダムウォーネグザ ネグザツアー2013仙台大会速報 仙台では"月影の撃墜王"の称号を賭けて、熱い戦いが繰り広げられました. 速報として、優勝者と準優勝者の紹介、決勝である"称号決定戦"の模様をお伝えします. 優勝: 月影の撃墜王 ・"蒼穹の十字星""雪華の撃墜王""螺旋の撃墜王""円環の撃墜王"斎藤 龍河さん ・使用デッキ: 緑赤デッキ 優勝者のデッキは、"茶単ターンXデッキ"などの登場によってテンポが速くなった環境に合わせたデッキ. 早いテンポで相手の本国にダメージを与えると同時に、緑の"焼き""バウンス"や赤の"カウンター"で相手のテンポを崩し、1ターンごとに相手の本国との枚数差を積み重ねて勝利を狙います. 準優勝 ・"覇王の極星""翡翠の撃墜王"松本 好史さん ・使用デッキ: 緑赤デッキ 準優勝者のデッキも、優勝者と同じタイプの緑赤デッキです. 序盤から や などで攻撃. 最後は や で相手のユニットを一掃し、勝負を決めます. ユニットを展開しながら、コマンドなどの手数を増やすために も重要な働きをします. 称号決定戦の模様 "青黒緑CCAデッキ"に対抗する"茶単ターンXデッキ"が登場したことによって、ゲーム展開のテンポが速くなりつつある最近の環境. 今大会の称号決定戦では、速い環境に合わせた"緑赤デッキ"同士、さらに2012年度、2013年度の大会でそれぞれ称号を持つ強豪同士の戦いとなりました. では、称号決定戦の模様をお伝えします. 1戦目. 序盤から で積極的に攻撃を仕掛ける松本さんに対して、それを受ける斎藤さんという展開. 斎藤さんがやや劣勢のように見えましたが、斎藤さんは などで細かく回復したり、"焼き"のコマンドで松本さんのユニットを除去しながら、残り本国の枚数差を調整します. お互い、1ターンごとに本国の枚数差を積み重ねながらゲームを進めていく形のデッキ同士、駆け引きが続きます. 最後は斎藤さんが で松本さんのユニットを一掃し、一気に本国差をつけて勝利. 2戦目. 順調にデッキを回す松本さんに対して、斎藤さんはいいところがなく、そのまま松本さんが押し切る形で勝利. スパイサッカースパイクク サッカー 3戦目. 序盤はお互い順当にデッキを回し、互いにユニットを除去しながら相手の本国にダメージを与える、まさに一進一退の展開に. カード1枚の差がそのまま勝敗に結びつく、ギリギリの対戦が続きます. 最後は、 を出して国力に余裕が出ていた斎藤さんが勝利. 斎藤さんが優勝となりました. 優勝: 斎藤 龍河さん準優勝: 松本 好史さん.