kingkaren3

January 07 [Tue], 2014, 11:51
「これは、北京師範大学の学生です。これは、大学生が純潔の誓いをするシーンです。これは、師範大学の学生です。 (ソクジュンホ会長) 」 (中国での純潔運動の祝福などの活動のソクジュンホ東北大陸会長の報告)

「......中国の最高学術団体が、中国社会科学院です。前回にそこの学者たちに適切にオフ、我々は論文を書いて10個程度を発表しました。それは創造の原理と統一思想、成約時代の御言葉を中心として書いたものです。その内容を本に織り社会科学院から出版することにして、 1月に本が出る予定です。

その次に父が、その中のすべての活動内容をアルバムにすることと致しまし今アルバムを作っています。 (ソクジュンホ) 」

アルバムも作って、ビデオでも作成した。中国で活動するようになると、中国の周辺国、劣勢国が周辺に付いてあれば。その国々全体に接続させるのです。

アメリカのキリスト教文化圏が儒教文化圏ハンテ奪われたということを宣伝しなければならないんです。

米国では、世界的な士官がありません。世界観がありません。共産党は、世界制覇という管があったんです。だからこのように取り組むのです。これヤンチャンシクは参考しろ。 「はい」

「お父様、これを広げておいたサインを見ていただければと思います。 」うん、うん。 (サインおられる) 「ありがとうございます」 (拍手) 「お父様、昨日の夜遅くキム·チュンス会長(コスタリカ)ハンテレポートが上がってきました。 (ギムヒョユル) 」読みおわる。 (レポート朗読) (録音状態不良に一部収録できない)

言葉の実体権をどのように完成するかが問題

はい、古い人がいればだエクスポートんですよ。それは住んでいるんです、訓読会の教育よりも。昔に勝手に住んでいたので、まだらして泥水のように具が多いです。ろ過装置が必要になるんです。純粋ではないんです。アメリカもそうです。すべての現在の配置なければならないんです。村まで全部配置しているんです。自分の国は自分の国の人々が守らなければならなりません。

今忙しい時代が来ました。先生が霊界と肉界を統一しておいたので。霊界と肉界を統一したのが先生の言葉です。訓読会の言葉ですよ。今後は、霊界やブロイラーや毎日のように先生のお話を中心として、訓読会の内容を中心として、シンポジウムいるんです。共産党が独歩回(读报会)をするように、労働新聞であれば、労働新聞を中心として、独歩回かのように毎日しなければなりません。

天と地がそれを中心として、すべてのすべてが言葉の相手は、言葉の実体権をどのように完成するかということが問題ですよ。だからその言葉に照らして不当な扱いがあれば、父が下手すると息子がアドバイスしなければなり、ヨピョンネが下手すると夫が助言しなければなりません。上下の高低がありません。両親の前に兄弟から兄弟紙巻でアドバイスすることができる時だよ。

どの席からでも一人が出てきて統一させるために、訓読会するんです。先生が50年前にした話がそれたんですよ。毎日のように平準化教育です。他のものよりも言葉を中心として一生をそのように生きるのです。その次に、自分が霊的な体験をして霊界を見て先祖たちに会って、霊界と交流することができる環境になるんです。だから言葉を知らなければなら通じます。

先生の言葉を持って連絡してように直接縁石やブロイラーが接続され、自分の考えが触れて入ると通じない。詰まってしまいます。そのため、絶対的な信仰?絶対愛?絶対服従するだろうよ。自分たちの概念が入ったもの、大学院に行きまあどんな勉強をどのようにしても、認められていないよ。そのような時代にしていくんです。

そのため、訓読会を一日中しても、その言葉が味わい必要なりません。未知の世界を教えては、人が....世界的に言えば、金鉱、ダイヤモンドの光を全部占領したのと同じなんです。それを知って、そこに興味を持てば一遍に相対的関係が繰り広げられるのです。望むことができる心を持てば、その世界のどこにでも行っても矛盾がない。すっと引かれていきましょうね。

そんなことをあらかじめ知るのゆえにそのような環境的な要件を否定することができる何がないんです。歓迎するようになっています。今後はそうします。霊界に行って食べることが解決になるから省庁同士に座って、そのゲームをするんです。言葉を中心として、喜び、そこに実体的に縁石が華東するんです。自分の二人が好きで、そうなれば、言葉だけで、すべてのものが環境になって歓迎するんです。







人間の本性回復
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kingkaren3
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kingkaren3/index1_0.rdf