どーゆうことだっ! 

August 17 [Wed], 2005, 19:26
説明してくれる公式じゃないから。そんなことは分かっています。




「ネオ・ロアノーク。C.E42、11月29日生まれ。
大西洋連邦ノースルバ出身。ブラットタイプ、オー。
C.E60、入隊。現在第81独立機動群、通称ファントム・ペイン大佐」





放送から4日も経って気付かないフラガ馬鹿な私が言うのもなんですが、これって・・・

ネオ≠ムウを証明してくれたって事になりますが。

ムウはC.E43生まれです。
ネオとは1年差がありますが、この事について公式はこのまま通すつもりなんですか( ゚Д゚;)3、4冊の公式本読みましたが、確かにムウさんはC.E43。
どうしてあそこでネオがC.E42になるの?製作側の間違えですか?
そうだとしたら、もの凄く下らないミスだと思うんですが。11月29日生まれってだけが合っていて、どうして生まれ年が一年間違うの。
それとあれが公式だったら、ネオはいったい何者なの。
ちょっと怒ってます。




黒ザク!!
ザクザクキャンペーンで決まった(?)ディアッカの新機体です!
EDでもお目見えしてますね。それとイザークはゲルググかと思いきや彼も新機体。白グフです。叫んでますね、彼も(´∀` )


あ〜ネオ・・・
かなりお粗末な扱いに怒ったって、しょうがないですよね?
公式は彼を軽んじ過ぎじゃないですか?ムウの28年間とネオの2年間を適当に作らないしないで。ムウならムウ。ネオならネオで、しっかり作って下さい、どこら辺がクリエイターなんです?出来ることならばネオにはネオのままで居てもらいたい。私は、記憶は戻らなくてもいいと思っています。

PHASE 43「反撃の声」 

August 15 [Mon], 2005, 0:43
今回の感想、どこに重点を置けば良いのやら・・・
ネオはもちろん、レイにもキララクにもアスランの流血とかミーアデュランダルとかとかとか!突っ込みを入れたいよ!そしてユウナ!哀れなユウナの最期でしたね・・・そればっかりは下手に突っ込めないな・・・
ではでは、真面目に始めますか。
さっそくですがネオ。ジョシュアでのヒーローは柄じゃねえってのに編のことが頭を過ぎった感じですが、あの時のマリューさんとは通信開いてなかったよね?ま、製作側の勝手さがありありと出てきていますが。気にしないで進ませましょう。だって頭を振ってイヤイヤ(妄想少し)をするネオ・・・萌え。映像が過ぎる瞬間は戦闘の最中。思い出せそうだけど邪魔しないでくれ。で、イヤイヤなんでしょう。笑

先週、アスランは無断でジャスティス出したんだね。笑 てっきり・・・!な感じで騙されました。メイリンの表情がいいですね。憧れのアスランは今のメイリンにはどう映ったことでしょう。そしてシンに鬼気迫るアスラン。(違うですか?)そうそう、シンを止められるのはアスランだよ!守れなかったものを、今度は自分が撃とうとしているシンは、未だに混迷の中にいるのかな。それともそれすら意識されないようにレイにお手々コロコロされているのか。
あのアスランはカッコよかった!実にカッコいい!
「自分が今、何を撃とうとしているのか・・・お前、本当に判ってるのか!?」
戦場で肉親を失くした、抗えないほどの不可抗力の中で、意志の通じない親に。アスランはやはり未だに心が重そうだ。それが分かっているだけにオーブを憎んだシンを、理解して説得できるのはアスランなんだね。アスランってヘタレで位置的にいつも微妙だけど、もの凄くイイ奴(>д<)好きだー!
「思い出せ、シン!お前は本当は、何が欲しかったんだ!」
思い出すまでカナリ昔まで遡ったシンでした。ネオも衝撃的にキたけど、このシーンも印象に残ってます。あとで回想にいっぱい使われるんだろうなー。

真面目にREVIEWC「議長編」 

August 14 [Sun], 2005, 13:59
ギルバート・デュランダル
「DESTINY PLAN」
議長と言う役割を果たしている(と思われる)ギル。彼の言葉通りに任務をこなす人や暗躍する人はザフトにどれほどいるんでしょうか。もしかしたら連合にもいるかもしれないと思うと、本当にクセの悪い黒幕ですね。しかし、全世界の人の生きながらの運命を支配するには、自分の代だけでは成功しないと、分かっているかと思います。それだけ、人種というものは複雑で。そうすると、議長が死んだあとは・・・レイに?一任しようとかそんな魂胆なんでしょうか。何よりかわいそうなのが、ラウに呑み込まれているという事。議長自身の運命は、彼に握られているかのように思えました。
「ラウ・ル・クルーゼ」
ということで彼の友人であったと思われる、ラウさん。正直、29話のラウや話の内容は少なからず衝撃的でした。種ではラスボスを飾り、人類の愚かさを語り、そして全てが憎いとまでいえる数々の台詞・・・。ですが議長とのやりとりの中で確実に自我を覗かせる彼が、どうして死んでしまったのかと、それが悔しくて(全ては製作者の勝手か…そうすると彼等に運命握られているわけね。笑)。ラウなら、全てが過ちと言える言葉を持っている彼なら、今の議長のその愚かさにも失笑で登場しそうなのに。ラウ・ル・クルーゼ大好きです。

真面目にREVIEWB「シン編」 

August 10 [Wed], 2005, 23:25
きっと随所に渡りシン・アスカ16歳が叩かれていると思うので、なるべくそっち方面には流れないよう努めます。そんな所存。

シン・アスカ
なんだかここからはキーワードなんぞ上げとかないと意味不明になりそうなので、いくつかシンのキーワードを。
「ステラ」「デュランダル」「アスラン」「任務」「オーブ国」
「ステラ」(一つ皮肉が。ジョージ・グレン元祖のMSが、こうもデストロイ等兵器中心になるとはね・・・。最初はただの宇宙服がキャノン砲ですか/でもMSで一番最初に作られたのってSEED内じゃジンなんですね)まず、シンにとってステラとはどんな存在だったのかかなり謎です。そして恋愛感情はなかったかと思われる。ステラには怯えていたのか。一度「守る」と約束をした、けれども敵軍のパイロットだとは分からなかった。苦しんでる姿は痛々しく、そこから救える力は持ち合わせていない、けれど「守る」と言った。約束を破りたくない。裏切りたくない。こんな感じ?失う怖さよりも、守れずに後悔することに恐怖があるようなシンでした。
「デュランダル」
レイとは気の許せる戦友(?)となり、トップの議長は自分の力を認めてくれ、必要としてくれる存在となった。自分の居場所を見出せたと思っていることでしょう。言葉巧みに操られていますが、おそらく彼は騙されたとか考えないでしょうね。自分は正しいと思ってますし。だって彼等の言葉は確かにシンを突き動かしているんです。自ら考え進むことは少なかった。(いやステラ逃がしたのはあれは自分の意思か)少年であるシンは、議長の目指すものを信じて戦う。シンだけ目立ってますがこんな人今ザフトにはいっぱい居るんじゃありません?

真面目にREVIEWA「アスラン編」 

August 10 [Wed], 2005, 1:29
・・・疲れ1ステージ突入なので、自分でも単純に書こうと思います。(既に分かりませんよ)・・・ねねね眠いー_| ̄|○ 先に言っときます、アスラン大好きですので。

アスラン・ザラ
アスランの為にデステニがあるんだと、そう思われたって仕方がないですよね?かなり大元から崩しますが、アスランがキラと同じ立ち位置にいたら?(それだと面白くないからカガリの身辺護衛から始まったんでしょうけれど)アーモリーワンには遭遇しない。事態を知るのはユニウスセブン落下後。開戦の詳細には出くわせないままだったでしょう。そしてミーアと出会うのももっと後か、はたまたそれすらなかったか。そうなるとラクス暗殺はその場に居ることとし、議長へ疑念を思い起こすことになる・・・(つーかシンにすら会いませんね、これじゃあ)。ようするに、アスランがアスランである立ち位置じゃなかったら運命は進んでませんよ、ってこと。彼の受難からこの物語は色のあるものになっています。
彼は軍人でした。けれども敵軍に親友が居たことから、思うようには戦えなかった。そして一度殺したと思っていた親友とも分かち合え、停戦を共に見届けられた・・・。
で、彼の戦争は終わってはいませんでした。シンと出会い、議長の話を聞いた。おそらくこれがなかったらまたアスランは動こうなどとは思わなかった。こんなこと当然です。結局彼に纏わる出逢いが今作の濃い観点でしょうね。
今この時点までも「ザフトのアスラン・ザラ」を引き摺ってきた彼でした。言うとおりに戦うだけの戦士が欲しかった議長。そしてまた目の前にあるジャスティスは戦いを意味するMS。ラクスもまた「戦うアスラン・ザラ」を求めているのか、と彼自身は憤慨にすら値することだったと思います。戦いたくないなら剣を取らなければいい。だがそれでは守れないものが在る。守りたいものがあるから戦う。アスランにとって、その守りたいものが具現化されているのがカガリでしょう。

真面目にREVIEW@「キラ編」 

August 09 [Tue], 2005, 20:34
さて途中経過なハンパな考察がだらだらっと続きますので暇潰しの方が読まれたほうが無難です。しかも文字数限定追記も使ってのさらに厭味のようにだらっだらっと続きますので本当に暇潰しの以下略。(見易さの為今回は左詰)ううむ・・・考察と言ってもどんなとこから攻めてけば宜しいやら、ほとほと困るデステニですが、とりあえず主要メンバー(予定だと主人公sと議長レイネオな感じ)とストーリーの考察をズラズラと行きましょう。42話鑑賞後の考察です。
んじゃあ早速主役から。

キラ・ヤマト(イジメてません?
ストフリを手に入れた旧主人公の超コーディネーター18歳の男の子。超が付いても18歳の子供。私が思うに軍人の訓練も積んでいないこの子が今の時点でもよくやってると思うのですが。又前回に引き続き躊躇いのない批判を買ってますけど、普通の民間人の子がここまでするの、ありえなくないですか?いくら超だからって。けれどもガンダムの主人公なのだからそうとは進めない視聴者の方々。まあ私も少なからず同感してます。
ラクスが暗殺未遂に遭い、再びMSを駆るキラ。次に一国家元首を攫い、戦闘域侵入、そして横槍。ベルリンのデストロイ戦にも無所属で参加してます。そして、ザフト軍から敵視され堕ちたフリーダム。不殺のキラは、守りたいものの為に剣を手にしそれを振る舞い終わると引いて行く。ミネルバVS連合では2回横槍したんですっけ?戦闘を止めようと思い、犠牲を出したくないその気持ちは立派なことですが自体がそれに付いて行けてません。何かをやり遂げるなら根源たる自身の大義が絶対重要です。それを、18の子供に?ですが彼にはAAという枠にいる彼等から教わることが出来ます。大義は軍属でなくとも剣を持つ者にならば用い得るものです。(まあ軍でないと大義というのは身勝手な言葉ですが)キラはきっと前大戦中に混乱しながらもそれは得ているでしょう。だから、不殺を通せる。大切な人が居るから、失いたくない、守りたいと。

PHASE 42「自由と正義と」 

August 07 [Sun], 2005, 0:06
危ない!
アバンタイトル、前回の続きだと思っていたので見逃しそうでしたよ・・・!

今回、ムウさんネオの叫びか感想でけません。
苦し紛れに、他にあったことをまとめれば・・・

・シンの攻撃でカガリピンチ!の、アスラン「カガリ・・・!」
・アカツキ、キンピカでした。よかった、きいろくなくて
・そして助けに現われたのはキラ様。そろそろアスランにもさぁー・・
・ヴェステージBGMにしストフリとインジャス単体降下で登場
・ストフリの登場でミネルバ側、AA側も驚愕(個人的にキラの睨みが好き)
・ミネルバ照準。AA照準。両者ともに攻撃開始
・ドム・トルーパー3機登場。「ラクス様のために!」・・・え??ええ!?
ジェットストリームアタック・・・!!
・キラの白刃取り。やられたシンは負け惜しみも厭味臭いです
・「酷いよこれは!あんまりだ!カガリ、僕はキミの留守を一生懸命・・・・グアっ!」
・国を守ろうとする想い。多くの国民の避難が写されています。これは酷い
何かしようと思った時、何も出来なかったら。
戦おうと思った時に、その武器を持っていなかったら。焦燥と後悔、喪失感、そしてソレにも勝る犠牲は一生自身に付き纏うものです。でもお願いだから、犠牲者を一人も出さないと言う綺麗事もそれまでなのだと分かってほしい
ムウ、ネオがグラスパーで援護登場。良くこのタイミングで名言を言ってくれる
・マリュさん、老けた?ネオは30歳だよ?
・ルナマリア、レイに「邪魔」と言われる。すげぇ黒いなぁレイ
・そんなことは露知らずもシン、補給終了。再参戦
アスラン、インフィニットジャスティスにてついにAAから参戦
・EDのディアッカのザクが変わってましたね

こんな感じですか・・・
早く議長登場してほしいなぁ。

ええっと、下の続きにフラガ感想を載せときます
ただの苦し紛れの冴えない叫びなので・・・

webly 

August 04 [Thu], 2005, 20:11
ウェブリシール貼ってみました。一番右上のツールにあります→→→
チャットみたいなものなのですが、貼った本人が余りチャットしたことないという頭の悪いヤツですので、お手柔らかに。
ま、気が向いたらどうぞ。
接続が悪い時もあるようで、少し不安ですが・・・。

PHASE 41「リフレイン」 

July 30 [Sat], 2005, 23:12


↑・・・!これとか!!
ナンナンデスカ!日登サンヨー!!
ちゅーもくして下さい、一番下にいらっしゃる、今現在ここの管理人の全ての萌えを掌握しているキンパツを。



メットからなにやら、もじゃっとしているものがありますね・・・。
そのまま、なんでどーして首傾げて微笑むのよ!!

首傾げるのよ!!



受 け に 転 向 し た い の か 己 は!!!




どちくしょう!
悔しい!可愛すぎるっ・・・くそう!!
というかやっと体操着から卒業できるんだね!もうちょっとそのままでもよかったかもって、今だから思えるよ!!

リアルタイム無理だったから『本編は無視だけど予告おもしろかった』の兄貴の一言で私がどれだけ!どれだけ心躍らせてそのときを待っていたか!

予告のこのコマ(あとグラスパーの横で靡かれるキンパツ)だけですげー満足。


心臓痛くなっただろー!もー!!どうしよう!どうしろとっ?この叫びたいコレはどこにぶちまければいいですか!?じゅうぶん叫んでる?いーやいやいや、割に合わないのですよ。
つか、ムウさんAAに強行進行されてしまい、釈然としてませんでした。既に腕も捲くってエリも開放の彼はこの後参戦する純度100%ですね!グラスパーでストフリと連携するってのも耳にしましたが、最終的にはどうなるか、心配です。暁に乗るのか、フリーダムなのか、それともまた新型か。新型というよりも、専用機かな。宇宙でイアンと再会して専用機をもらうっていうガセが高いですが、そんな噂も。でも暁があそこまでカガリ機として上げられたら、そっちはむずいかな・・・。記憶はもう次回かその次(43話までには)思い出すだろうと予測はしていますが、思い出した後、ネオとしての記憶も残存している彼は、苦悩を背負ったりしないのでしょうか?ファントム・ペインの彼等を綺麗さっぱり忘れてしまうのは、彼らしくなんかない、とんでもない。それだけは、ムウさんでもイヤだ。

(日本語はもとより下手な管理人です)

MS『アカツキ』 

July 23 [Sat], 2005, 20:08
40話「黄金の意志」と4期OP登場しているアカツキの情報、見つけたので自分メモでのっけときます。

・頭部
独特な形状な大型ツノを持つアカツキ。
頭部形状も基本的にはガンダムラインになっている。
・ビームライフル
ビームライフルもストライク系のデザイン。
フォアグリップの代わりにビームサーベルを差し込む口がついており銃剣のようにビームサーベルを使用することができる。
・ビームサーベル
ビームサーベルは、柄の両側からビーム刃が展開。
また2つに分解して使用することも可能となっている。
・シールド
シールドはビームシールドではなく通常のシールド。
前腕に固定して使用することもできる。
・空中用パック
空調用パックは分離して戦闘用形態を取ることもできる。
アカツキ装備状態の空中戦用パック。戦闘形態時の機首は上方へと折りたたまれている。また、キャノンは前方へ展開した後、砲身がスライドするように伸び、グリップが出てくる。

攻というよりも守のために作られたんだと思います。それにしてもあの弾き返す装甲はなんなんでしょう。また探してみよ。安全なもの探さないと、次に乗るのムウさんなんだし。笑
2005年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:king009
読者になる
Yapme!一覧
読者になる