押尾学が身代わりをマネージャにー 

February 01 [Mon], 2010, 0:46
押尾学が身代わりをマネージャに依頼していたことが判明しました。

押尾学は無罪を裁判で主張するようですが、身代わりを頼んだと言うことは罪を認めていると言うことですよね。

遺族に腹を切って詫びたいなんて心にも無いことを言っている押尾学に救いは無いですね。



アルバイト募集 札幌
港南台 アルバイト募集
仙台 アルバイト募集

記念日のBGM 

December 13 [Sat], 2008, 19:11
記念日を演出するものとして、音楽は欠かせない演出の一つです。
記念日にまつわる楽曲は沢山あり、それらをかけるだけでだいぶ雰囲気が変わります。
いかにも記念日、という楽曲もあるので、こういった演出をうまく使って盛り上げましょう。

まず、記念日全般に関して。
松任谷由実さんの「ANNIVERSARY」、Kinki kidsの「ANNIVERSARY」などが有名です。
ベストアルバムが大ヒットした竹内まりやさんの「毎日がスペシャル」「今夜はHearty Party」なども良いかもしれません。

次に、誕生日の曲を紹介します。
当然大定番として「Happy Birthday to You」があるわけですが、様々なミュージシャンが「Happy Birthday」という曲を作っている一方、あまりに前述の曲が定番すぎてなかなか定着しないのが現状です。
お勧めはaikoさんの「瞳」という曲ですね。
しっとりとしたバースデーソングになっています。

結婚記念日は、結婚式に流した曲をフィーチャーすると良いのではないでしょうか。
当時の思い出がフラッシュバックする演出として、気持ちが盛り上がるかと思います。

卒業の曲は、沢山あります。
尾崎豊さんの「卒業」、ユーミンの「卒業写真」、レミオロメンの「3月9日」、森山直太朗さんやコブクロの「桜」なども良いですね。
思い出に残る歌、卒業ならではの歌、様々な歌を用意しておくと良いでしょう。

記念日を彩る歌。
これらは、ずっと心に残り続けます。

卒業式・入学式・就職祝は演出で盛り上げる 

December 12 [Fri], 2008, 19:08
人生の節目とも言える入学式や卒業式というのも、立派な記念日です。
こういった記念日の場合、学校でいやというほど演出は行うので、家庭ではむしろいつもどおりのほうが良いかもしれませんね。
学校での思い出に浸る場合は、家庭ではそっとしてあげるのが好ましいかもしれません。

一方、記念日とは違い、入学祝い、卒業祝いを渡す場合は、凝ってあげた方が良いでしょう。
大学卒業、あるいは就職祝いの場合は、ネクタイが主流です。
ただ、ネクタイを贈るのは親か恋人がベター。
友達に対して祝い物を贈る場合は、多少ユニークな物が良いかもしれません。
例えば、就職先にまつわる物などはいかがでしょう。
そのライバルとなる会社の商品を贈って、それをその場で壊したり食べたりするというのも、シャレが利いていて良いかもしれません。

友達同士で卒業式のお祝いをする場合は、感動的な演出が好まれます。
友達に対して、これまで色々楽しかった出来事についてまとめたメッセージカードを贈ったり、好きだった歌をプレゼントしたり。
これまでの学校生活を振り返り、沢山の思い出を語り合う。
これ以上の演出はないのではないでしょうか。

場所としては、カラオケボックスやテーマパークなど、色々な娯楽施設をはしごするのが定番ですね。
最後の思い出作りとして、色んな所に行きましょう。
卒業旅行も演出の一つといえるかも知れません。
沢山の思い出を残し、二度と訪れない青春の日々に別れを告げ、新たな門出に立てるよう、最高の記念日にしましょう。

父の日・母の日の演出 

December 11 [Thu], 2008, 19:07
母の日や父の日も立派な記念日です。
この記念日も、様々な演出が行われる事で有名です。

まず、最もポピュラーな母の日から。
母の日といえばカーネーション。
完全に決まりきっている感があります。
しかし、だからこそ喜ばれるという側面もあります。
カーネーションを贈る事で、自分は母親に感謝をしていますよという事がもう誰でもすぐに理解できるようになっているわけですから、無条件で喜べるわけです。
母親の方としても、カーネーションをもらえると嬉しいという認識が成り立っているので、期待に応えてあげるのが一番良いでしょう。

もちろん、それだけでは普通なので、一つ二つ演出を施すと良いでしょう。
カーネーションをデコレートしても良いですし、別のプレゼントを用意しても良いです。
喜ばれるのは、カーネーションにメッセージカードを添える演出です。
日頃言葉にできない感謝を綴れば、必ず喜んでもらえるでしょう。

母の日に一つ注意したいのは、カーネーションの花言葉。
赤いカーネーションは「母の愛」、ピンクは「熱愛」などの肯定的な意味だけですが、白は「私の愛情は生きている」という肯定的なものの一方で「愛の拒絶」という意味合いもあり、黄色に至っては「軽蔑」となっています。
花言葉に詳しい母親の場合は、考えて贈るようにしましょう。

父の日も立派な記念日なのですが、母の日ほど盛大には行われていないのが現状です。
カーネーションのような象徴的なものがない事が大きく響いています。
逆に言えば、演出しがいがあるとも言えるので、日頃なかなかいえない感謝の言葉を贈り物にして表してみましょう。

誕生日の演出は年齢で違う 

December 10 [Wed], 2008, 19:04
誕生日には、それぞれ年齢によって祝い方があります。
一番有名なのは成人となる20歳でしょう。
成人式というまとめて行う式もありますが、20歳の誕生日にはまた特別なお祝いや演出を行う事が望ましいでしょう。
20歳ならではのプレゼントを用意してあげると、演出としても記念日としても非常に価値のあるものになるのではないでしょうか。

最も多いのは、ネクタイです。
就職祝いもそうですが、社会人の象徴とも言えるネクタイを送ることで、大人としての自覚を芽生えさせる事ができます。
また、20歳で解禁となる様々な物に関する贈り物をするのも良いでしょう。

30歳、40歳、50歳といったところでは、特別な演出は不要です。
逆にこういった年齢は、大台に乗る事で喜びよりも悲しみの方が多いという人もいるでしょう。
そういう人に対しては、その年代ならではの魅力や楽しさについて語ることが、一番の贈り物になるかもしれません。
ワインなど贈ってみてはいかがでしょう。
年を重ねる事の素晴らしさを実際に体現しているワインを贈り、年齢を重ねる事が決して悪い事ではないと諭してあげれば、良い記念日になるのではないでしょうか。

60歳は還暦です。
成人と並び、最も誕生日の中でもお祝いされる年齢ですね。
演出としては、赤いちゃんちゃんこを贈るというのがスタンダードです。
これから始まる老後の生活を豊かな物にする為には、この日がとても大切です。
良い記念日にしてあげましょう。

誕生日の演出は? 

December 09 [Tue], 2008, 19:02
記念日というと、様々なものがあります。
その中にあって、最もプライベート性が高く、誰にも訪れる自分だけの記念日と言えば、やはり誕生日でしょう。
自分の生まれた日というのは、自分にとって最高の記念日であり、一年で最も重要な日といえます。
もっとも、年齢がかさんでくると、徐々に悪夢の日になってしまいますが・・・。

それは置いておくとして。

誕生日の場合、演出をする側される側、双方にとって非常にその振る舞いが試される日でもあります。
誕生日にプレゼンをくれなかったからとグレる子供だっているくらいです。
誕生日を忘れたからと破局するカップルがあるくらいです。
この日がどれだけ重要かというと、それこそその人の人生や人格に影響する可能性がある、と言っても過言ではないくらい重要なのです。
そんな一日をどうやって過ごすか、過ごしてもらうかというのは、とても大事な事といえるのではないでしょうか。

誕生日の演出は、やっぱり相手によってかなり変わってきますよね。
親子、恋人、夫婦、友達、親戚、上司、先生、知人……
他の記念日と違って、誕生日はかなり幅広い相手を祝う日です。
それこそ、ほとんど面識のない相手にお祝いの言葉とプレゼントを用意するケースも珍しくありません。
逆に、今ケンカしている相手、これから親しくなりたい相手に対してのきっかけを作る日でもあります。
では、どういった相手にどのような演出を施せば良いのでしょうか?

それを、これから少しですが紹介していこうと思います。

クリスマスの演出はツリーとイルミネーション 

December 08 [Mon], 2008, 19:00
「クリスマスらしさを感じる演出ランキング」で栄えある第1位にランクインしているのは、「クリスマスツリー」です。
クリスマスという記念日の象徴であり、これがあるだけでクリスマスが来た、と思えるある意味無敵のアイテムと言えます。
クリスマスツリーこそが、クリスマスという記念日を演出する最高の存在と言えるでしょう。

このクリスマスツリー、買ったらいくらすると思いますか?
当然、大きさやデコレーションなどによってかなりの開きがあるでしょうが、ヌードツリーと呼ばれる何も飾り付けのない状態のクリスマスツリーは、大体1mくらいのもので2?3,000円、1.5mだと5,000円前後、2mとなると1万円以上します。
一般家庭では1mのものでも十分ですが、子供さんの身長よりも高いツリーであれば、かなりの迫力を与える事ができるでしょう。
ちなみに、家の高さくらいある4?5mのものとなると、やはり15万くらいは見ておく必要があります。
もしマイホームに名物として飾りたいというのであれば、検討してみるのも手でしょう。
もっとも、飾り付けに相当苦労すると思いますが・・・。

では、飾り付けを既にしているツリーはいくらくらいでしょう。
こちらは、恋人を家に迎えたり、恋人の家にプレゼントする場合などに重宝します。
それなりの飾り付けの場合、大体ヌードツリーの2?4倍くらいを見ておくと良いでしょう。
手頃なものであれば、1.5mでも1万円を切るデコレーションツリーがあります。
記念日の演出としてはそれでも十分と言えるのではないでしょうか。

この他にも、イルミネーションだけ単独で購入する場合は、大体3,000円強を見ておくと良いかと思います。
イルミネーションはクリスマスツリーの華なので、できれば付けておきたい所です。
ロマンティックにもなりますし、子供も喜びますので、家庭、恋人どちらでも有効です。

クリスマスの演出はお飾りで 

December 07 [Sun], 2008, 19:58
「クリスマスらしさを感じる演出ランキング」で2位にランクインしているのは、「イルミネーションやデコレーション」です。
クリスマスというと、華やかで美しい飾りつけ、イルミネーション、といったものの印象がかなり強いようですね。
記念日全般にいえますが、見た目というのはとても大事で、視覚的な演出が記念日を大いに盛り上げてくれます。
クリスマスはその中でも特にそういった傾向が強いようです。

クリスマスのデコレーションというと、楽しみ方は二通りあるかと思います。
一つは、家の飾りつけ。
もう一つは、街頭のイルミネーションを見に行く。
もちろん、どちらも楽しむという選択肢もありますが、家族で過ごすクリスマスは前者、恋人と過ごすクリスマスは後者に分かれる傾向が強いのではないでしょうか。
家族の場合、家で子供と一緒に様々な飾り付けを行うのが楽しいですよね。
白い綿を窓につけるだけでも、クリスマスの雰囲気が結構出たりします。
子供達に折り紙などで色々な飾り付けを作ってもらいましょう。

恋人と過ごす場合、広場や街頭などのイルミネーションを見てまわるだけでもかなり楽しいですよね。
記念日の雰囲気がものすごく出ている日なので、街を歩くだけで楽しめます。
自分で用意したわけでもないのですが、演出としてはそこを歩くだけで十分と言えるでしょう。
演出というのは、相手を楽しませるのが第一であって、自分が何をしたというのはそれ程重要ではないのです。

クリスマスの演出はBGMで 

December 06 [Sat], 2008, 19:56
「クリスマスらしさを感じる演出ランキング」で3位にランクインしているのは、「クリスマスBGM」です。
やはり、クリスマスにはクリスマスソングがよく似合いますよね。
また、歌に限らず、ジングルの音だけでもかなり雰囲気が出ます。
クリスマスという記念日を楽しむ為には、音楽はかなり重要な演出要素と言えるでしょう。

では、クリスマスと言えばどのような曲を思い浮かべるでしょうか。
それは、ある程度年代にもよるかと思います。

まず、家族でクリスマスを過ごす場合。
子供に合わせたクリスマスソングを流すのが好ましいでしょう。
一番人気なのは、「真っ赤なお鼻の?♪」の歌いだしで有名な「赤鼻のトナカイ」でしょうか。
また、「ジングルベル」「サンタが町にやってくる」あたりも、軽快な音楽で、雰囲気が明るくなるかと思います。

10?20代の恋人が二人きりで過ごすクリスマスの場合はどうでしょう。
2000年以降のクリスマスソングというと、冬の曲として有名な桑田佳祐さんの「白い恋人達」、CHEMISTRYの「My Gift to You」、中島美嘉さんの「雪の華」辺りでしょうか。
30?40代の場合は、かなり選択肢が多いでしょう。
定番中の定番、山下達郎さんの「クリスマス・イヴ」、B'zの「いつかのメリークリスマス」、ワム!の「ラスト・クリスマス」、マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」といったところです。
50歳以上でクリスマスを夫婦水入らずで過ごす素敵な家庭なら、ジョン・レノンの「Happy Christmas」や、坂本龍一さんの「戦場のメリークリスマス」などが雰囲気が出るのではないでしょうか。

記念日演出として、BGMは非常に有効です。
音楽というのは人の心にダイレクトに伝わってきます。
記念日に相応しい音楽を鳴らし、みんなで、あるいは二人でクリスマスを満喫しましょう。

クリスマスの演出 

December 05 [Fri], 2008, 19:50
二人だけの記念日、というわけではありませんが、記念日というとクリスマスを挙げる人も多いかと思います。
元々、クリスマスはキリストの生誕を祝ったものとされており(実は違うという説もあり)、キリスト教限定のお祭と言えるのですが、実際には万人分け隔てなく楽しめる記念日となっています。
そんな万人向けの記念日であるクリスマスの演出は、どのようなものがあるのでしょう。
googleのランキング「クリスマスらしさを感じる演出ランキング」トップ5から、それを検証してみましょう。

まず第5位にランクインしている「カラーリング」。
様々なものに対して色をつけ、楽しむというものです。
と言っても、実際にどういったところに色をつけるのでしょう?
考えられるのは、窓であったり、大きな板であったりといったところでしょうか。
窓なら後で落とせるようなスプレーで色付けができますし、板などであれば、飾りつけと同じような感じですね。

また、パソコンを使ったカラーリングなどというものも可能です。
例えば、パソコン上にクリスマスの雰囲気が出ている色をふんだんに使った壁紙を一日限定でデスクトップに使用する、といった演出です。
携帯電話でも同様の演出を行えるでしょう。
カラーリングというと、なかなか対象が難しい演出なのですが、デジタル化が進んだ現在においては、色をつけることで後片付けが大変という事もなくなり、人気演出の一つになったという感じですね。
色は言葉以上に雰囲気を作りますから、有効な演出と言えるでしょう。