禁煙で受動喫煙にさらされる乳幼児の肺がん予防 

July 16 [Mon], 2007, 22:57
禁煙することで、受動喫煙にさらされる乳幼児の肺がんを予防しましょう。
大人だけでなく乳幼児にも、受動喫煙という形で肺がんのリスクが起こります。
米ミネソタ大学癌センターが乳幼児144人を対象に行った研究では、受動喫煙に曝露した乳幼児の47%からNNALと呼ばれる発がん性化学物質が検出されたそうです。
このNNALは、煙草の影響がなければ尿中に検出されることはなく、こうした数値から見ても受動喫煙が乳幼児が成人後に肺がんの原因となることは明らかです。
女性は妊娠を期に禁煙する人も多いと思いますが、父親の煙草による受動喫煙も乳幼児の呼吸器疾患や肺がんリスクを増加させるのです。
両親揃っての禁煙は、親本人のがん予防問題だけではありません。
受動喫煙にさらされる乳幼児に肺がんのリスクがあると知ることで、禁煙継続を心がけましょう。

禁煙情報おすすめサイトはこちら
↓ ↓ ↓
気胸を4回患った懲りないヘビースモーカーの禁煙成功体験記

禁煙成功ナビ 禁断症状なんて怖くない!

禁煙で肺がんを予防する 

July 16 [Mon], 2007, 22:51
肺がんを予防するには、禁煙がまず第一です。
肺がん予防は禁煙との関係は深く、喫煙本数の多い人や長年に渡って喫煙している人は肺がんになる確率が高くなっています
喫煙者は非喫煙者に比べ5〜10倍がんになりやすいという報告もあり、喫煙者の多い男性においては、胃がんを抜いて肺がんが死亡率トップとなっています。
がんは、正常な細胞が何かのきっかけでがん細胞に変化し、それが異常増殖して起こる病気です。
喫煙によって生じる活性酸素や煙草の煙に含まれるタールが、細胞内のDNAを損傷することで細胞の設計図を複製する際に誤りが生じ、こうしたDNA障害ががん化につながるのです。
肺がんは初期の段階では症状もほとんどなく、症状が出てもかぜと似ているため、発見が遅れるケースが多くあるようです。
肺がん予防のためには禁煙はもちろんですが、定期的な健診を受けることも大切です。
兆候が見られる場合には早めに精密検査を行うことが早期発見、早期治療につながります。
1年に1〜2回は定期的に検診を受けましょう。

禁煙情報おすすめサイトはこちら
↓ ↓ ↓
気胸を4回患った懲りないヘビースモーカーの禁煙成功体験記

禁煙成功ナビ 禁断症状なんて怖くない!

禁煙で様々ながんを予防する 

July 16 [Mon], 2007, 22:43
がん予防に良いと考えられるものに、運動や食事の取り方など色々ありますが、がんを予防に最大の効果を発揮するのは禁煙だといわれています。
煙草には、約50種類の発がん性化学物質が含まれいます。
特に問題なのがベンゾピレンという芳香族炭化水素や、煙草特異的なニトロソアミン、そして芳香族アミンです。
たばこを吸わない人のがん死亡を1とすると、男性では、肺がんで4.5倍、喉頭がんで32.5倍もがんに罹る確率が高くなります。
女性では、肺がんで2.3倍、喉頭がんで3.3倍がんに罹る確立が高くなります。
このように、肺がんが最も顕著に現われますが、口、のど、すい臓、肝臓など、全身のがんを引き起こす原因にもなります。
禁煙年数が長くなればなるほど、がんの発生率はどんどん下がっていきますので、がん予防のためには、今すぐにでも禁煙する必要があります。

禁煙情報おすすめサイトはこちら
↓ ↓ ↓
気胸を4回患った懲りないヘビースモーカーの禁煙成功体験記

禁煙成功ナビ 禁断症状なんて怖くない!