みゅーじかる 

2005年04月03日(日) 0時06分
レ・ミゼラブル、みてきました。
梅田でみたのより、帝劇のが数倍楽しかったです。正直言っちゃうと。
なんでだろう?
坂本真綾さんがでてたから?
俳優さんの演技がうまかったから?
舞台演出がよかったから?
劇場が小さめなので、距離が近かったから?
なんでだろ〜(すべて当たり?)。

やっぱり、人間の声というのは一番の楽器ですね!
鳥肌たちました。(風邪で微熱があったからではありません、きっと。)
音楽っていいなぁ。歌っていいなぁ。

…わたしもなにかやりたくなりました。
でも、なにかってなんだろ(笑

初ブログ。(でも、非公開 

2005年04月02日(土) 23時19分
世間ではブログとやらが流行っている。
いくら流行に疎い私でも、それは知っていた。

最近まわりの人たちが日記をWEB上に公開していたり、ブログを書いていたり、
それを知って、わたしも日記や記録のつもりで書いてみようかな〜、
なんて思った次第。

毎日が必ずしも平坦であるって訳じゃないけど、
なんだかココロがわくわくしない、そんな日々なんです。
平和すぎるっていうのかな。
(決して平和な訳じゃないんだけど、
色々と未来とか…不安要素は尽きないわけで。)
大人になれば、こどもの頃の純粋な感動の経験が難しくなってくる。
これを、慣れという。ココロのわくわくには純粋な感動が、必要十分条件。
これを得るには、慣れを慣れとして終わらせないことだと思う。
慣れてしまったモノからいかにして再び感動を得るか。
そこが重要なのだ、オトナにとっては。
「日記や記録だけじゃなくて、+α発見もできるんでは?」
なーんて、実はこのブログちょっと期待なんてしてます。
自分の中を外へ向かって(コッソリ)表現することで、見えてくるものもあるんじゃないかなぁ。

あとは、
昨年の冬のDOWN状態があまりにひどくて、その後のUP↑後遺症なんじゃなかろか。
なんて、今ちょっと思ったりもした。
人間という生き物は摩訶不思議で、悲劇や痛みに酔う性質を持ってる。
去年社会現象にまでなった、せかちゅー。あれも哀しみがテーマの映画だし(だよね?)。
平和すぎてもダメ。悲劇と刺激が必要なヒトという生き物。嗚呼。
そういうわたくしというヒトも、昨年の冬のDOWN期は、
なんだかんだで毎度のように悲劇に酔ってた気がするのだ。
(まぁ、自己防衛本能が働いたともいえるのであるが。)
今はあの、優しい目を信じて、あの頃の不安や痛みは消えた。
そう。不安は消えたのだ。
(つづく)
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kindergarten_s
読者になる
Yapme!一覧
読者になる