もぐらーの鍋会 

2005年02月26日(土) 12時41分
ダイバー3人集まって、鍋パーティをしました。クリスマスのスライドや写真を見ながらワインと鍋で盛り上がりました。ひとりはまだ会うのが2回目でしたが、同じ趣味を持っていると話がはずみます。
皆、9月には一緒にラパスへ行くのですが、成田-ロス間をビジネスクラスにしたら・・・なんて話も出ました。シンガポール航空は『ラッフルズクラス』という客室があって、一度利用したいと思っていますが、はたして料金は??「40万くらいUPになるのでは?」と思ったのですが、以前20万ちょっとのUPで乗ったという話も出て、とりあえず旅行社に問い合わせを入れてみようということになりました。この金額を高いと考えるか・・・まぁ、所詮一般庶民、安いとは思えないですけどね。(笑)そうそう、初めてファーストクラスに乗った時、私は借りてきた猫状態でした。(^○^)今なら「わたくしを誰だと思って〜???(^0^ヘュオッホホ」とできるかも?う〜〜ん、できないかも・・。
そんな話で夜は更けました。

バリ〜成田 

2005年02月13日(日) 12時35分
成田行きのJALはバリを深夜に発つ。バリでは4時間の接続。この4時間のために、ビザ10US$と出国税14US$はちょっとなぁと思いながらもその国のルールだからとあきらめる・・しかないですね。
4時間の間に日本食を食べようということになってタクシーで某ホテルへ向かう。しかし、タクシーの運ちゃん、しきりに「おいしいシーフード」とすすめる。頑固として日本食だと言い切ったのにシーフードレストランへ連れて行かれてしまったのです。でもおこって、希望のホテルへ。「ミーゴレンかナシゴレンがいいなぁ。」とぶつぶつ言う私に「そんなのうまかないよ〜。」と・・・同行者。ホテルに着いたらそこは空港のすぐ近くだった。シーフードレストランへ行くために随分時間をロスってしまった。日本料理屋さんは私たちで貸し切り状態。懐石料理のコースをオーダー。う〜〜ん、味はいまいち、いまに・・・・・。思わずぶつぶつの3人。まぁ、海外で日本料理を食べようとするとこんなものです。私はうっかり野菜サラダを食べてしまったけど、お腹大丈夫かなぁ。お会計は3人で1,950,000ルピア。195万ですぞ!!一同大爆笑。US$に換算してもらって(210ドルちょっと)支払ってきました。空港に戻るタクシーの中で「あれならミーゴレンの方がよかったな・。」と・・。あくまでミーゴレンにこだわる私。タクシーの運転手(来たときのタクシーを待たせてあった)に話したら、「だからシーフードがいいと言ったでしょうが〜。」と言われた。(もちろん英語で)
でも、旅ってこんなことがあるから後から笑い話で楽しんだりできるんだよね〜♪
なんだかんだ言いながらこの旅も終わり。成田空港は強烈に寒かったです

しばらくお別れ 

2005年02月12日(土) 12時33分
6日間もダイビングができるなんて嬉しい!!とのんびり時間をすごしていたのに過ぎてしまえばあっという間ですね。
出発まで、半日以上時間があったので、滝を見に行こうとレンタカーででかけました。40分くらい走ったけれども滝がどこにあるかわからない・・・???道もどこを走っているのかわからなくなって戻ってきました。ランチタイムなのに中華料理屋さんも洋食屋さんもみんな閉まっていて、結局いわゆるラーメン屋さんのような所でラーメンを・・。味は良かったです。vv
DサービスのHAMAさんはゲストがあって海に出ているので見送りはできないけれども・・と言っていましたが、ちょうど空港へ向かう途中戻って来ていたところを通りかかり挨拶をすることができました。可愛いワンコにも挨拶できました。「また来るね。」クリスマスの空気は肌になじみ、離れるのが寂しかったけれども、そうまた来るね・・また来るからね、絶対にと心の中でつぶやいた私です。

南の島でそうめん 

2005年02月11日(金) 12時30分
写真が前後しましたが昨日の『そうめんランチ』です。雰囲気あるHAMAさんのランチを用意する姿を掲載したかったのですが、許可をもらっていないのでそうめんの図だけです。

ドルフィン 

2005年02月10日(木) 23時31分
ボートを進めると必ずと言っていいくらいイルカのお出迎えがあります。ボートの作る波にのって遊ぶのだそうです。毎日会うのにご機嫌の悪いときには遊んでくれません。気が向くと何分も一緒に遊んでくれます。なきごえも聞こえて可愛いのです。

この日は滞在中、唯一ジンベエが見られない日でした。ボートの定員はゲスト6名で、この日は私たち3名とローカルのゲストが3名乗り込んでいました。たぶんローカルゲストはジンベエなんてよく見ているのでしょうね。そんなに残念がる様子もなかったです。彼らは自分たちでそれぞれランチを持ってきてダイビングが終わると勝手に食べています。私たちはこの日、ガイドのHAMAさんがそうめんを作ってきて下さって薬味(奥様のリンちゃんが用意してくれて)を広げて食べようとしていた・・・と、すべて完璧!と誉められていたHAMAさん、『めんつゆ』を忘れていました。そうめんはもう1本潜ってビーチに戻って公園で食べることに決定。ほどよくお腹がすいてそうめんランチとなったのでありました。

連日晴れ 

2005年02月09日(水) 21時27分
この時期は天気が荒れやすい装なのですが、毎日です。
写真 左上  毎日お世話になったボート
    右上  ボートから見るクリスマス島
    左下  サンセットホテルバルコニーからの景色
    右下  室内

クマノミ 

2005年02月08日(火) 21時24分
クリスマスの海にはクマノミがあまりいません。その中で目立っていたのはハナビラクマノミです。
写真のハナビラクマノミ、こんなにハナビラだけまとまってたくさんいるのは他の海でもすくないでしょう。カクレクマノミはこの海域にはいないようです。

ダイビング初日 

2005年02月06日(日) 8時51分
クリスマスの海に初めて潜りました。想像以上に珊瑚の量がすごい1本目潜った後、移動中にジンベエ発見\(◎o◎)/!急いでスキンダイビング。ジンベエは子供らしくまだまだ小さいとのこと。でも初めて見たジンベエはやはり大きかった。感動もさめやらぬうちに2本目のダイビング。なんと、水中でジンベエに遭遇してしまった。ゆるい流れにのって移動しているうちに、ふと見上げると何かあやしいシルエット。「もしや、そのお姿、おばQを彷彿させるその体型、あなたはもしや・・・。」やった〜水中遭遇、初めての発見者は私でした。大声を出してみんなを呼んだけど、なかなか気づいてくれない。いいもんね〜。ひとりで楽しんじゃうからね〜。と写真を何枚か撮っている間にみんな気づいて集まってきた。全員ウォッチジンベエはアジを1匹お供に連れて静かに移動して行ったのであります。

クリスマス島到着 

2005年02月05日(土) 12時19分
出発まで半日ほど時間があったので、ホテル内のSPAでオイルマッサージと塩マッサージ。
磨きをかけてクリスマスへと出発。

飛行機はAUSTASIA航空とあったが、機体も乗組員もガルーダ。共同就航っていうのだろうか??わずか1時間40分くらいの飛行なのにアルコールフリー、機内食も出て、力いれているぞ!!という感じなんですが、乗客は席の1割程度。次に来たときにはこの路線、飛んでいないかも。
荷物は20s制限と聞いていたがカウンターには32(35?)sまでOKと・・。くぅ〜もっと食料品を持ってこれたのに・・・。後で聞いた話ではダイバーに限り50sまでOKだそうで驚き。まぁ、あの空席の多さからいけば200sくらい大丈夫さ。(爆)

空港にはお世話になるダイビングサービスが迎えにきてくれた。荷台にはかわいいも乗っていて、楽しいクリスマスの日々を予感させてくれた♪
レンタカーに乗って宿泊先の『サンセットホテル』へ・・・。
こういう島での宿泊はあまり期待しないが、サンセットはとてもきれい、白で統一された家具、飲み物も用意されてリゾートそのものだ。小さいけどプールもあった。かなり高い満足度だ。到着するとすぐにホテルのマネージャーのガリーさんが挨拶に・・。
陽気なオージーですごく感じいい!!会う人も皆手を振り声をかけてくれてすがすがしい気分。こうしてクリスマスの日々は始まった。

写真はクリスマス空港を出た所。

バリ島到着 

2005年02月04日(金) 10時08分
行ってきまぁ〜す。目的地はインド洋のクリスマス島。土曜日にバリークリスマス便が週1便飛んでいるだけなので、金曜日の夜、バリ入りします。今回は寝るだけだから、リーズナブルなホテル、1泊ひとり2800円(特別価格とか)でした。チェックインを済ませたもののレストランは閉まってしまうので、ビールだけ運んでいただいてロビーでかんぱぁ〜い
明日は午前中時間があまっているので、SPAでマッサージです。おやすみなさい
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kinappy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる