きたきた 

April 15 [Sun], 2007, 17:34
お給料日きたぁーー

明日学校帰りに本を大量に買い込む予定です!!
でも鞄も買う予定なんですよねぇ・・・
給料なんてあっという間に消え去ります。

バイト新しい所探さなきゃ

愛なら売るほど 

March 27 [Tue], 2007, 23:52


愛なら売るほど 榎田尤利

高らかに愛を謳い、真実の愛を求める彷徨人、その名は麗奈――流行語大賞獲得、社会現象ともなった大ヒットマンガ『愛売る』の作者・泉は、十年ぶりに出席した同窓会で、高校時代から想い続けていた飴屋と再会する。変わらず素敵な彼が自分を覚えていてくれたことに浮かれる泉だったが、「真実の愛なんて興味ないね」という言葉にはちょっぴり傷ついて・・・。マンガ家シリーズにキャンディ先生登場!

マンガ家シリーズの”ごめんなさいと言ってみろ”がすごく好きだったので、つい買ってしまった1冊です。
これ読んで、本格的に榎田先生が好きだと思った!
すごい文章がイイ!!私好み!!

それにしても飴屋が『愛売る』の大ファンという設定には爆笑でした。
あんなに真実の愛、とか愛売るについて馬鹿にしてたのにって感じで
しかもその作者は泉って・・・笑
鬼担当・橘を泉の恋人と飴屋が勘違いしてすれ違ってしまうのも、
本当なら悲しい?ところなのが”勘違い”だけに、真実を知ってる読み手側としては笑い要素にすぎませんでした(笑


関係ないですけど、今重要なことに気づきました!!

後ろの書き下ろし、よ ん で な い ・・・

!?

今から読みます。

この世 異聞 

March 27 [Tue], 2007, 23:27



この世 異聞  鈴木ツタ

山根昭雄の血筋は代々早死にしてしまい、親戚からは呪われた家系と忌み嫌われていた。そんなある日、昭雄が発病してしまう!思わず、守り神を召喚した昭雄の前に現れた男は、耳と尻尾の生えた全裸男で・・・?


久々に自分の中でヒットした漫画

猫耳とかあんま好みじゃないけど
それにしてもセツ(守り神?)が昭雄の病を体から引きずりだして、食べて直すんですが、その体からでてくる病魔が生き物みたいで笑えた
真っ黒でうにょうにょ動いてる感じが◎
律儀に毎日食べてあげるセツは偉いよ。不味いし苦いし不味いのにね(笑

ストーリーはライバルもなく、トントンと流れていく感じで読みやすいし、
何よりコメディタッチなのでお笑い要素満載!

そういえば、同僚の鳩木くんは絶対昭雄狙いだと思ったのに、
ただの天然たらしだったとは・・・
しかも意外な人とくっついたし・・・
友達とも言い合いしましたが、これはかなり意表をついた組み合わせでした。

ドラマCDも発売中〜

兄弟限定! 

March 27 [Tue], 2007, 23:10


兄弟限定! 如月弘鷹

生き別れの父が死んだと知らされ、8年ぶりに昔の我が家に帰ってきた総一郎。
そこで初めて存在を知った二人の兄、長男・雅東&次男・要と3人で暮らすことに。
ところがある日、その兄二人の情事の現場を見てしまう!
ワイルドな雅東には「俺のものになるか?」と迫られ、艶っぽい要にはなぜか押し倒され・・・
やがて芽生えた思いは、”兄弟限定”なのか、それとも・・・!?
超美形な兄二人に見も心も翻弄される総一郎の、トラブル&ラブ・コメディ!!



いやいや!全然ラブ・コメディじゃないですよ!!
トラブル&シリアスでしょ、これは。
明るーい主人公総受け漫画を期待してしまった私がいけないんですけど・・・

えっと、どうやら3人はみんな血が繋がってなくて、
父親とか母親とかいろんなところで問題があるみたいです。
次男・要くんは思いっきり何か抱えてますって感じだし
(母親との間に問題が?突然ヤりたくなる病気持ち?)
長男・雅東くんは始終キレてる感じだし
(要のこと抱いてるけど、好きなのかは不明。)
主人公・総一郎くんは・・・・

つっぱしってる感じだし(?

とりあえず、くらいよ・・・

次巻ってでてるのかな?
これ発売日2005年だからでてるか・・・

主人公の明るさでハピエンに持ち込むことを期待。


半熟オレンジ 

March 27 [Tue], 2007, 22:46


半熟オレンジ あじみね朔生

両親の離婚により渡米して10年。父親の墓参りのため昇は久しぶりに日本を訪れた。幼い頃引き取られて今は昇の父の空手道場を継いだ従兄弟の隆成と顔を合わせるのも10年ぶりだったが、隆成は相変わらず融通のきかない堅物で、昇とは衝突してばかり。だがある日言い争いの末に隆成に突然キスされ――!?

ショコラコミックス、初めて買った!かもです。
この頃はお財布の中が裕福で何でも即買だったなぁ・・・
そのくせ今は・・・

おおっと、感想を忘れるとこでした

えっと、隆成が可愛かった!ぇ

正直、絵は私の好みではなかったんですよね
舞台も道場だし(あまり関わりなかったが)
でも最後になるにつれてお話が!ストーリーが!

隆成が昇を無理矢理ヤっちゃうシーンはどうかと思いましたが・・・
そのお陰で?2人は距離が一気に縮まった訳です
それにしても、
気持ちが焦りすぎだよ!!隆成!!
・・・てかやり方は極端にしか知らなかったってところが驚きでしたけど(苦笑
ちゃっかり教えてもらっちゃってるし。

まさか教えてもらうついでに本当にヤっちゃったなんてことは・・・妄想妄想

二人がハッピーエンドになってからのお話はコメディー仕様でとっても面白かった!
しょぼくれる隆成、かわいい・・・

もうなんか、主人公・昇についてまったく語らなかったな
隆盛可愛いしか言ってない気が・・・orz

DEAD HEAT 

March 27 [Tue], 2007, 22:30


DEAD HEAT 英田サキ

宿敵コルブスを追えば、いつかディックに会える――。
密かな希望を胸にFBI捜査官に転身したユウト。彼を縛るのは、愛を交わしながら決別を選んだCIAのエージェント・ディックえの執着だけだった。そんなある日、ユウトはついにコルブスに繋がる企業との接触に成功!!ところがそこで変装し別人になり済ましたディックと再会し!?



デッドロックの続きです。
新しく登場し、ユウトに協力することになるロブがめちゃめちゃ好みです(笑
もっとユウトにアプローチをかけて欲しいですねぇ〜
個人的に。
(ディックが嫉妬してるところがたまらない///萌)

読んでると、どんどん深読みしていっちゃって、
実はこの人は犯人の一味なんじゃないかとか考えちゃいます。
ディックもいつも周りを疑ってそう・・・
その割りにユウトは結構人を信用しちゃうタイプなのかも?

今回は少しコルブスに近づいた、かな?
またディックとユウトが離れ離れで終わってしまったけど、
次の巻ではハッピーエンド、期待してます。
どちらが先にコルブスにたどり着けるかも気になりますし・・・
(コルブスはユウトを気に入ってそうだけど)


あ、相変わらず絵はもんのすごい素敵でした

久しぶりにPCつけた 

March 27 [Tue], 2007, 22:16
最近金欠で本が買えましぇん・・・

今月買ったのフルバだけだよ。ありえないよ。
先月働かなかったせいで、お給料がないんです。
だから来月は一気にまとめ買いします
そしたらたくさん記事アップしたい!!

とりあえず古い本の感想でも書くか・・・
暇だし。

特務部の最強ロマンス 

March 08 [Thu], 2007, 2:54


特務部の最強ロマンス〜美貌の警視とケダモノな部下〜 みさき志織

【お話】美貌に似合わず腕っぷしの強い遥人は、有能(だけど生活力はゼロ)な警視。部下の竜一にかいがいしくお世話されつつ、事件を追っていた。だが――「あんた、啼きっぱなしだ。そんなにイイんですか?」言い争いの末、縛められて獰猛な愛撫で貪られた。年下の、しかも部下に犯された恥辱。なのに心に募るのは、許せないならクビにしろと言う竜一への悲しみだけだった。そんな自分に戸惑う遥人は罠に陥り、事件の黒幕に拉致され・・・!


年下攻めは苦手なはずなのに、
最近衝動買いしてしまうものはすべて年下攻めのものばかり。
特に抵抗ないんで、苦手は改善されたということでしょうか。
でも、まだ攻め視点で描かれるモノはなんとなく苦手です。

このお話でも、最初竜一視点だったので、まさか・・・とか思ったんですが(笑)
ちゃんと遥人視点もありました。
交互って感じですかね。

近未来モノで刑事モノ
刑事といっても特務部という、銃を乱射したりやカーチェイスなどを繰り広げるちょっと派手で凶暴な部隊が舞台です。みさき志織著者の前回の学園エンペラーという作品とリンクしているそうなのですが、それは読んだことがないので、どこがどうリンクしているのかはちょっとわかりません(汗

ちょいツンデレな遥人と一途な竜一が繰り広げるサスペンサー(?
すれ違いが起きて竜一が遥人を襲っちゃうところが私にとっての萌えでした(悪

竜一のライバルであろうヴィクトワールが現れて、なんだか続きがでそうな予感。
買いますよ。出たら。ヴィクトワール好きだし。
腹黒男って大好きなんですよ。
竜一との今後の争いに期待。

いけにえは愛に身を捧ぐ 

March 08 [Thu], 2007, 2:14


いけにえは愛に身を捧ぐ あさひ木葉


ジャケ買いしてしまいました(笑
いや、だって樹先生の絵だったからつい・・・

【お話】国の守り神への生け贄となった翡翠は、その神・碧王に陵辱されてしまう。「一滴残らず、絞りとってやるよ」碧王の操る蔦に縛められ、猛々しい雄で貫かれた。虜囚の身となり辱めに悶える翡翠だったが、己を貪る碧王の眼差しに深い孤独をみる。国を富ませるために精気が必要とはいえ、翡翠を犠牲にすることで碧王もまた傷つき、自分を責めているのだ。翡翠は、その傷を癒し碧王に寄り添いたいと思うが、彼には呪がかけられていて――――。孤独な神に捧げられた、真摯な愛の結末は・・・?


ちょっとシリアス気味のお話。
触手モノなんで苦手な人にはお勧めしません。
私は触手モノは読んだことはあるんですが、実際買ったのは初めてです。
強姦や暴力以外だったら大抵なんでもいけますよ、私。


翡翠が国を思い自ら生け贄となったり、碧王に犯されてるのに碧王を思いやったり、
翡翠の健気さにキュン死にです。
萌えます。
碧王は碧王で、今までの生け贄たちとは違う翡翠に惹かれていく一途さが健気だし・・・

健気さ満載です。

ちなみにエロさも満載です。

国を救うために精気(H)が必要なので仕方が無いんですよ!
仕方が無い。

それとは関係なく、翡翠が勝手に森に入りこんでしまい、
触手に犯されてしまうシーンがあるんですけど、
本当なら痛々しいシーンが、
樹先生のイラストのせいで、萌えに変換されました。
ちょw触手来すぎ(笑


あ、ちなみに触手=碧王ではないですよ?笑

ハピエンなシリアスモノが好きな方是非。
触手好きな方も是非。

純愛ロマンチカ5 

March 04 [Sun], 2007, 21:18


純愛ロマンチカ5巻 藤崎都

「お前をどこかに閉じ込めておけたらいいのにな」
世界で一番大好きな超有名小説家の藤堂秋彦と、いつでもどこでもラブラブな大学生・鈴木美咲。
秋彦の小説執筆の為の取材に協力することになり喜ぶ美咲ですが、取材と称したデートの最中、偶然出会ったファンの言葉に、改めて自分が秋彦にふさわしくない存在だと思い知らされてしまう。
しかし、ファンだと名乗ったその人物が、秋彦を執拗に狙うストーカーだとわかり・・・!?



もう5巻!?
漫画の方に追いつく勢いですね!
今回も大爆笑できる秋彦先生の妄想爆裂私小説でした!!笑

のっけからウケましたよ
美咲の「秋彦さんがかっこいいのが悪いんだよ・・・」
とか、言うわけがないですからね。あの美咲が。

この小説は絶対に漫画を読んでから読んだほうが面白いですよ!!

それにしても今回でてきたストーカー・・・
宇佐美兄に似ていると思ったのは私だけでしょうか・・・・
というか、途中までそうだと思ってた。
美咲が宇佐美に(藤堂に)似てるってゆーからさー

だから最初は美咲を狙ってるもんだと思ってた(苦笑

漫画の方では宇佐美父が登場したところまでいったんですっけ?
たしか鮭を4本も持った熊の木彫りを送ってきたり、迷惑なヤツだった気が・・・笑


小説も漫画も内容の中身がとっても好きな作品です!
笑いアリHアリ。
オススメですよー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kinann
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
FFも好き
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像きなん
» 愛なら売るほど (2007年04月15日)
アイコン画像天音
» 愛なら売るほど (2007年04月03日)
アイコン画像きなん
» 特務部の最強ロマンス (2007年03月27日)
アイコン画像天音
» 特務部の最強ロマンス (2007年03月08日)
Yapme!一覧
読者になる