キムチ鍋を美味しく作るコツは?アミの塩辛、魚醤をいれたキムチを使うこと!

January 12 [Sun], 2014, 16:50
キムチ鍋に使うキムチは
出来たら朝鮮料理専門店のキムチか、
アミ塩辛や魚醤を使用して作った自家製キムチがオススメです。
しかも少し酸っぱ味が出ているほど良く漬かったキムチが一番です。
漬け汁が残っていたら入れると
更に味にコクが増し口当たりがバッチリです。

スーパーで売っている300円前後のパック詰めでは
コクのある美味しいキムチ鍋は望めません。
もしこれを使う場合は魚醤を準備しましょう。

キムチ鍋の味はキムチを作るときに、
アミの塩辛や魚醤を使っているものを
使用することがポイントです。

作り方は        
胡麻油を鍋に入れ、
火を付けると同時に厚めのニンニクスライスを入れます。
ニンニクは焦げやすいので鍋をを温めずにいれます。

油にニンニクの味を付けて、
キムチと豚肉を炒めます、
この時に玉ねぎを入れます。

炒めた豚肉からもダシが取れるので、
だし汁を使う必要は有りません。
水で十分です。

味がイマイチの時は、
魚醤、酒、砂糖で好みに合わせて味を整えます。

野菜を多く入れるので少し濃い目味に
整えておいたほうが良いでしょう。

豚肉は安い脂身の沢山付いている
バラ肉スライスでいいでしょう。
鶏肉を追加で入れてもいいでしょう。

具は冷蔵庫のある野菜なんでもOKです。
・豆腐
・ニラ
・モヤシ
・ネギ
・しいたけ
・えのき
・マロニー(太い春雨)
・白菜
・春菊
・にんじん
・大根
・ごぼう
・ぜんまい
・鶏団子

今夜は熱々のキムチ鍋を食べて寒さを吹き飛ばしましょう。

食べて美味しいきむさんちのキムチは↓↓
鍋にしてもコクがあり美味しさ抜群です。