縁日で目を奪うスッキリしているのぼり

August 02 [Fri], 2013, 18:18
そこらへんで売られているのぼりに比べて、大相撲で使用されているのぼりは大分値段が高くなります。大相撲に利用されるものは場所ごとに新しく作るため、かなりの経費が掛けられることを理解していない人も大勢いるのではないかと思います。
看板のいいところは、どういう種類の店なのかの情報が入っています。逆に、看板の情報量はのぼりに比べて多く、のぼりと同じように一目で何の店なのか分からせるのとは使い方が違います。のぼりの弱点は、必要な全ての情報がないと感じるかもしれませんが、情報量を削減してインパクトを感じさせるのが目的の宣伝方法となります。
我々が使うのぼりは、通常では自然環境で使われる事が当たり前で、またほとんどの利用法では、店の営業が終わっても仕舞われず昼夜屋外である事が多く、風雨による影響や、直射日光による色落ちなどが、原因で3か月程度の寿命が一般的ですが、戦国時代ののぼりは、いつもは使われず必要な時以外は使われませんでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒロシ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kimura0811/index1_0.rdf