可変周波数ドライブのメイン制御モード

May 26 [Thu], 2016, 16:31
無段階速度調整の大きな需要があるため、周波数可変技術は世界に入ってきます。 1920後、装置のアップグレードの開発は、エレクトロニクス技術の発展を促進します。 1980年に、PWMモードの最適化、周波数を変化させるのコア技術は、人々の大きな注目を集めています。これは、サドル形波PWM(SAPW)モードは最高の作品PWM最適化方法の多くを集めました。 1980年以降、VVVF可変周波数ドライブは、広い応用範囲を市場に発表されました。
可変周波数ドライブのメイン制御モード

低電圧周波数インバータ出力電圧380V〜650V、周波数出力0.75KW〜400KW、0〜400Hzのです。その制御モードは以下の4世代を経験しています:

1. U / F = C正弦パルス幅変調制御モード
これは、単純な制御回路構成、低コストで良好な機械的特性硬度を備えています。これは、一般的な、滑らかな速度調整の要件を満たしています。この方法は、業界の様々な分野で広く応用されています。このモードでは、低周波で動作している場合しかし、その最大トルク出力が小さく、その動トルク容量と静的速度調整性能も不十分です。また、その貧弱なシステム性能、低トルク応答速度、低安定性とより多くの不利な点は、より高度な制御アルゴリズムを開発するために人々を駆動 - ベクトル制御可変周波数可変速度技術。

2.電圧空間ベクトル変調制御(SVPWM)
三相波形に基づいて、多角形近似アプローチモードに応じて制御します。実践と改善した後、周波数補償は、速度制御誤差値を排除することができ、世界に入ってきます。フラックスの大きさを推定するためのフィードバックによれば、固定子の影響を低速で除去されます。トルクの規制を導入することなく、システムの性能は、基本的に改善されていません。

3.ベクトル制御モード(VC
ベクトル制御の本質は、交流モータをDCモータの等価物を作製し、その後別々二つの成分、速度と磁場を制御しています。回転子の鎖交磁束を制御し、2つの成分​​、トルク磁場を得るために、ステータ電流を分解することにより、スルー直交または非干渉制御を達成するために、座標変換。ベクトル制御法は、画期的な意義があります。ロータ磁束結合が正確な観察を行うことが困難であるしかしながら、システム性能を大幅にモータパラメータによって影響されます。また、ベクトル回転変換は非常に複雑であり、これらの全体の理由は、実際の制御効果の分析をもたらす理想的な結果を達成することは困難です。

4.直接トルク制御(DCT)
1985年に、ドイツルール大学の教授DePenbrockは、まず直接トルク制御可変周波数技術を提案しました。この技術は、非常にベクトル制御の問題を解決します。また、その小説の制御思想、簡潔なシステムアーキテクチャは、優れた静的および動的性能が急速に発展してきました。現在、技術が正常に電気機関車牽引パワーACドライブに適用されています。
固定子座標系において、直接トルク制御は磁束とトルクを制御する交流電動機の数学的モデルを解析します。それはDCモータ制御の制御を排除する必要はないとデカップリング用の交流電動機の簡略化された数学的モデルを必要としないので、ないようにベクトル回転変換の複雑なコンピューティングが保存されました。

5.マトリックスAC - ACコントロール
これは、VVVF可変周波数、ベクトル制御可変周波数、ダイレクトトルク制御可変周波数以上が含まれています。それらの共通の欠点は、非常に低い入力力率、大きな高調波電流、大きなエネルギー貯蔵容量を必要とすることは不可能四象限動作となります。行列ACのように - 交流変換器は、中間DCリンクを排除するため、大型で高価な電解コンデンサが排除されています。なお、この技術は成熟していないですが、まだそれを調査し、研究するために多くの専門家を魅了しています。その本質ではなく、それがトルク制御で、間接的な電流制御、磁束制御ではありません。

あなたは汎用またはそのようなセンサレスベクトル制御インバータ、張力制御ドライブやなどのような特別な目的の周波数変換器が必要な場合は、いくつかの良い選択肢のためのリストをチェックしてください: http://www.veichi.org/variable-frequency-drives.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kim
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kimsmith/index1_0.rdf