【 更新情報 】

特選情報公開中!!


ショートヘアで着物を着る場合のヘアスタイルアレンジ

ウィッグもエクステも、髪飾りもかんざしもつけたくない、という方のためにショートヘアで着物を着る際のヘアスタイルアレンジについて少し紹介しておきます。ショートヘアといっても髪の毛の長さにもよりますが、1番オーソドックスなのはワックスを使ってアレンジをする方法でしょうか。洋服を着ている時の髪型でもされているかと思いますが、例えば襟足の部分に根元から立ち上げるようにワックスをつけて、外側に向けてひねってみると、前から見た時にとってもかわいらしい印象を与えると思います。あとは前髪にワックスをつけて左右どちらかに流して、アンシンメトリーなアレンジをする、という方法もありますね。全体的にタイトにまとめる感じになりますが、大人の女性の雰囲気を演出したい方にはこうしたアレンジがオススメです。トップの部分が多少長い方であれば、ワックスでトップを立てて、前髪を若干抑え気味にすることでウルフカットのようなアレンジが可能になります。ウルフカットの場合はちょっとワイルドなアレンジになりますね。このようにワックス1つで様々なアレンジをする事が可能になると思います。あとはそのイメージに合わせた着物や浴衣の色、デザインを選べばトータルコーディネート出来ますよね。

ショートヘアで着物を着るなら飾り物でアレンジしよう

ウィッグ、エクステと紹介してきましたが、そういったものをつけて印象を変えるのは嫌だ、という方もいると思います。確かエクステはともかく、ウィッグをつけてしまうと完全に別人になってしまいますからね。そういう場合は髪飾りをつけるのはどうでしょうか。ショートヘアの場合は、大きめの髪飾りをつけるととてもよく似合います。以前私の友人が紺地にひまわりの模様が入った浴衣を着て、ショートヘアの頭に大きなひまわりの髪飾りをつけてきた娘がいたんですが、それはとっても似合っていました。着物や浴衣を着て大きな髪飾りをつけて映えるのは、ショートヘアの特権とも言えます、ぜひチャレンジして頂きたいと思います。また、髪飾りで季節感を出すことも出来て、とても風情が出ますよね。ショートヘアでもある程度のボリュームがトップに出せるのであれば、かんざしを挿すのもオススメです。かんざしは日本の伝統的な髪飾りですので、和の伝統的なアイテムに触れるいい機会にもなると思います。ちなみにおだんごヘアは着物や浴衣に似合う髪型としてよく知られていますが、おだんごの部分だけの付け毛、というのも売っています。頭の上に載せる感じですね。これを使えばトップにボリュームが出せないショートヘアの方でもかんざしを挿すことが出来ます。検討して見る価値はあると思いますよ。

ショートヘアで着物を着るなら付け毛をつけてみよう

ショートヘアの方は思い切ってウィッグをつけてしまったらどうか、というお話しをしましたが、そこまで短くはないよ、という方は付け毛をつけるのはいかがでしょうか。ベリーショートまではいかなくてもショートボブ程度の長さで、様々なアレンジを楽しみたい、ということであれば付け毛程度で十分でしょう。付け毛であれば今は普通に街中のお店でも売っていますし、つけることも全く自然なことになっていますよね。今は付け毛とは言わず、エクステンション、エクステ、と呼ばれることの方が多いですね。エクステをつける時の注意ですが、自毛との色の差が出ないようにする事です。完璧な色合わせは難しいと思いますが、なるべく近い色に合わせないと非常に違和感が出てしまいます。付け毛は人毛を使って作られているものと、ファイバーを使って作られているものと、大きく分けて2種類あります。どちらがいい、とは一概には言えないのですが、個人的には人毛で作られているものをオススメします。これはウィッグにも同様のことが言えます。なぜかというとファイバーは熱に弱いため、ドライヤーやカーラーの熱に弱いからです。つまりこれらのアイテムを使ったスタイリングが出来ません。

ショートヘアで着物を着るならウィッグをつけてみよう

髪型はショートヘアである。でも着物は着たい。しかしながらショートヘアのままで着物は着たくない・・・そんな方もいると思います。そんな方に勧めるのはズバリ「ウィッグをつけること」、つまりかつらですね。いくらショートヘアでもアレンジ次第で着物に似合う髪型になるとは言え、ベリーショートになってしまうとアレンジの仕方も限られてきてしまいます。それならいっそのことウィッグを被ってしまった方がラクです。ウィッグを被ればどんな髪型も自由自在です。ウィッグというと要はかつらですので何となくネガティブな印象を持つ方もいらっしゃると思いますが、別に何も特殊なものではありません。今はモデルでもアーティストでも、曲や衣装に合わせてイメージをチェンジするために様々なウィッグをつけます。ウィッグの質も以前に比べて非常に上がってますので、被っていてもバレる可能性はあまりありません。耐熱性のある素材で作られているものがほとんどなので、例えばロングのストレートヘアを1つ買っておけば、自分でカーラーを使ったり、ワックスを使ったりして様々なヘアスタイルにアレンジすることすら可能です。こうなるとむしろウィッグを被りやすいベリーショートの方がいいんじゃないか、という気にすらなってきますよね。気になる方は楽天などの通販で「ウィッグ」と入れて検索してみて下さい。値段も意外に安く、1つ5000円くらいから購入することが出来ます。

ショートの人の着物の髪型

ショートの人がいざ着物を着なくてはならない、という時に悩んでしまうことがあります。それは「髪型はどうしよう」ということです。正直に申し上げると、着物を着る際の髪型はある程度の長さがあった方がアレンジの自由度があります。その為、着物を着る機会があることをある程度事前にわかっている場合は髪の毛を切らずに伸ばす女性もいるでしょう。例えば結婚式や成人式などがいい例ですね。しかし髪の毛を伸ばす間もなく着物を着る機会が訪れてしまう場合もあります。1番典型的な例は身内に不幸があった時です。ご主人が亡くなった際、奥様が着用する衣装は基本的に黒留袖になります。あるいはどうしても短い髪型でないと生活に差し支える、という方もいらっしゃるはずです。例えば介護の現場で働く方はどちらかというと短い髪型の方が仕事がしやすく、短めにされている方が多いですし、スポーツをやっている学生などもそうですね。そういった方々が着物を着る場合はショート髪型のまま着物を着用することになります。よくショートだと着物が似合わない、という方がいますが、決してそんなことはありません。ショート髪型だからこそ出来るアレンジもありますので、あまり悲観的に考えることはありません。
P R