着物・和装の髪型は、TPOに合わせて決まり事があるので、まず、それぞれの着物に合う髪型を知り、着物とのバランスを取ることが大切です。 日本では、様々なシーンで着られる着物ですから、その髪型の基本スタイルを覚えておくと、いざというときに重宝しますよ。

PR 京都きもの市場
PR 楽天ショッピング
着物の髪型はTPOに合わせて
着物には、ミセスの第一礼装である黒留袖から、
ミスの第一礼装である振袖があるように、

着物の髪型にも、その時々のTPOに合わせた決まり事があります。

格のある黒留袖、色留袖、訪問着には、
フォーマルなヘアスタイルがふさわしいように、

まず、これから着ようと思う着物に合った髪型を知ること、
そして、きものとのバランスを取ることが大切なことです。

つまり、パーティーでイブニングドレスを装いながら、
髪型がポニーテールでは、アンバランスですよね。

晴れ着を着るときは、髪型もアップに結い上げて、
気持ちを引き締めるような心構えが必要です。

反対に、カジュアル着物や街着を着て出かけるときは、
髪型にも洋服感覚を取り入れてみたり、
髪型も作り過ぎないものがおススメです。

着物を着る機会は、結婚式やパーティから、
卒業式・謝恩会、お茶会や観劇、

そして不祝儀まで、様々な機会があります。

着物や和装の髪型の基本スタイルを覚えておくことで、
いざというときに困らないようにしたいものですよね。


おしゃれ小物なら、京都きもの市場!
お気に入りがきっと見つかる!

 
   
黒留袖にふさわしい髪型・ロングヘア
黒留袖はミセスの第一礼装ですが、結婚式で黒留袖を着ることができるのは、もちろん新郎新婦の母親と仲人、そして既婚の親族だけに限られ、他の人は既婚者でも黒留袖を着ることはできません。

普段は洋服でも、結婚式にはやはりきもので参列したいものですが、黒留袖を着ると言うことは、お客様を迎える立場の側ですから、失礼のないようにしたいものです。

黒留袖にふさわしい髪型として、前髪は、挨拶をする度に乱れてしまうことのないように、しっかりと上げて、全体的にボリュームをつけることで、格調高く見せましょう。
 
 続きを読む…  
黒留袖にふさわしい髪型・ショートヘア
黒留袖を着る年代の人は、ロングよりもショートヘアの人の方が意外と多いようですが、ロングヘアに比べるとショートヘアの人は、なかなか格調が出せないと思っている人も多いようです。

しかし、ショートヘアでもスタイリングのやり方次第では、黒留袖にふさわしい髪型をつくることは可能です。

もちろん、つけ毛を使えばロングヘアのように見せることもできますが、ブローだけで手軽にできる髪型もあります。

 
 続きを読む…  
振袖にも袴にも似合う髪型
卒業式は袴姿で、謝恩会には振袖を着たいのなら、どちらにも似合う髪型としておススメなのは、やはりアップです。

シンプルなロールアップスタイルなら、応用範囲も広いので、新年会の訪問着にもおススメです。

また、袴と大胆な柄の振袖を組み合わせるときは、現代風の編み込みがおススメですが、くし目をきちんと通さないで、柔らかく仕上げるようにしましょう。

おさげでも、いくつかの種類の三つ編みを組み合わせてつくると、可愛らしい雰囲気になります。
 
 続きを読む…  
小紋・紬の髪型
お稽古や食事会、コンサートや観劇、またはショッピングと普段着感覚で着れる着物、小紋や紬にあう髪型は、基本的に洋服のときと同じで構いません。

髪型は、着物の雰囲気に合わせたものなら、個性的で構いませんから、できるだけ自分らしく、遊び心を生かした髪飾りなどを組み合わせて楽しんでみましょう。

カジュアルな小紋なら、髪を高い位置でまとめて、お嬢さんらしい髪型に仕上げるのがおススメです。

やはり、トップシニヨンは、初々しさや若々しい印象を与えてくれますね。
 
 続きを読む…  
訪問着の髪型
訪問着は、結婚披露宴などから気軽なパーティー、結納からお茶会、それ以外にも様々な社交的な場所で着られるきものですから、髪型もそのときの着物の雰囲気や、外出先の目的に合わせたスタイルを選びたいものですね。

結婚披露宴などの改まった席やフォーマルな席では、やはり華やかな髪型の中にも、落ち着きがあって、上品さを感じさせるような髪型がおススメです。

まとめ髪のサイドはあまり大きく膨らませないほうが、若々しい印象を与えますが、後ろは中央でふっくらとまとめるようにしましょう。
 
 続きを読む…  
喪服の髪型
お通夜や告別式などは、その多くの場合が突然に執り行われますが、喪服を着る時の髪型には特に気を使い、取り乱した印象を与えないようにすることが大切です。

喪服の髪型としては、基本的に、控えめで落ち着いたスタイルが望まれます。

美容院へ行く時間もないほど急な場合は、自分でセットする必要がありますが、ロングへアの人なら、崩れにくい髪型のシニヨンなどにまとめるのがいいでしょう。

葬儀や告別式には、黒喪服が一般的ですので、正装にふさわしい髪型に結い上げます。
 
 続きを読む…  
袴にふさわしい髪型
学生時代の最後の一日を飾る卒業式、一生に一度だけだからと、袴姿で臨む女学生も増えています。

袴は、もともと明治・大正・昭和初期の女学校の制服ですから、髪型も女学生らしくきりりと、そしてさわやかに決めたいものですよね。

当時、袴を式服として着るときには、袴に紋付のきものを合わせていましたが、最近では振袖や矢絣(やがすり)を合わせる人もいます。

振袖の髪型なら、衿足を見せるアップが多いですが、袴の場合はダウンヘアで、大正時代を思わせるようなハイカラな女学生風にしてもいいでしょう。
 
 続きを読む…  
訪問着にふさわしい髪型
訪問着は、黒留袖、色留袖に続く格なので、色留袖よりは格が下がりますが、肩や袖からすそにかけて、絵羽模様が入っていますから、友人や知人の結婚披露宴に招かれたときなどにふさわしい装いです。

訪問着にふさわしい髪型は、訪問着の色柄に合わせるということが一番大切ですので、特に着物とのバランスを考えて仕上げるようにしましょう。

もし、着物が古典柄なら、髪型もオーソドックスにした方がいいですし、フォーマルな場所柄なら上品なアップにするなど、その場の雰囲気に合わせて、違和感のないようにしましょう。
 
 続きを読む…  
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:着物愛好家
読者になる
着物は大好きですが、自分から着る機会を作らないと、なかなか着れなくなってしまうものですよね。その時々の着物に合わせて、髪型を変えて、着物ライフを楽しんでいます。これからもたくさん着物を着て、出かけたいと思います。
Yapme!一覧
読者になる
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!