「サイタマサバービア '90s」 - 90年代の自宅録音デモ作品 

September 30 [Tue], 2014, 21:30


 20代の頃に作った曲のデモ音源...当時はDATに録音していたのでデモテープです。

 作曲・演奏・打ち込み全てを木邑幸(kimlucky)一人でやってます。あまりに昔に作ったものなので改めて聴き直すを気恥ずかしさを通り越して他人事のように感じたりもします。自分自身でも「良いな」と思う部分もありますし、「ヒドい」「ダメだこりゃ」と思う部分もありますが、それはいちいち細かく説明・言及は致しません。全て一人でやったものなので気に食わないところやショボいところも他人のせいにできないのがつらいとこですね(笑)。

 まぁ、一応デモ作品なので、作った当時は「いつか万全な状態で録音し直すぞ!」とか思ったりもしてましたが、その「いつか」はこれからなのかもしれませんし永遠に来ないのかもしれません。

 クオリティ的、スキル的にアレな部分はいろいろあるのですが、当時20代の若造だった作者(=私)の心意気は感じられる...って、自分で書くと気恥ずかしいもんですね。

「FAKE JUM」 (Time:04.35 1995)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/01_FakeJam.mp3

「Bossa Junk」 (Time:04.30 1995)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/02_BossaJunk.mp3

「サイタマサバービアのテーマ」 (Time:05.30 1995)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/03_Suburbia.mp3

「The Tracer」 (Time:03.42 1998)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/04_Tracer.mp3

「The Rider」 (Time:02.58 1998)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/05_rider.mp3

「R・A・G・A」 (Time:05.08 1995)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/06_Raga.mp3

「LIZARDS」 (Time:04.07 1995)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/07_Lizards.mp3

「Tribute to T・J」 (Time:04.37 1995)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/08_TributeToTJ.mp3

「無題 untitled」 (Time:03.24 1997)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/09_untitled.mp3

「アラベスク」 (Time:04.52 1994)
http://suburbia.kimlucky.com/music/90s/10_arabesque.mp3

帰って来る?サイタマサバービアサウンド 

September 24 [Wed], 2014, 14:35

 思えばこのブログ・アカウント、何年放置してたんだろう....(長い沈黙)...10年弱か(爆)。

 前置きはよいとしてこの度、自作の音楽および、それらにまつわる事項をつぶやくブログにすることにしました。

 ワタクシはプロの音楽家ではありませんし(恥ずかしながら夢見たことはある..)、現在はアマチュア音楽家を自称するほどの活動も何もしておりません。しかし、それでも何と表現したらよいのでしょうか、自分の中にある中途半端な音楽的インスピレーションというべきものがあり、それをここで再び(10数年のブランクで)「聴こえる形」にしようと思い立ったのであります。

 それはお金が目的ではありませんし(そりゃハナから無理だろw)、青臭い承認欲求めいたものでもなく(20代の頃はありましたよ)、おかしな言い方ですがウ●コみたいなもので「出さないとおかしくなる」部類のものです。

 例えば、夢の中でカッコいい怪獣を見たとして、それを他人に伝えるには画に描いて見せるしかなく、画を描き慣れてない人であれば描くための線を引いたり円弧を描くために訓練も必要になるでしょう....画のスキルが不十分な故にうまく描けず笑われたりもするでしょう。

 例えば、夢の中で(自分にとっては)イイ音楽を聴いた場合.....面倒くさいので割愛しますが、上記を同じことが言えるわけでして、それに近いことを改めてやろうとしているのでございます。

 まあですね、何も気負ってはいません。
 卑屈になってるわけではありませんが、こんなブログは殆ど誰も読まないんだし、音楽作った!と言っても殆ど誰も聞いてくれないんですし。「でも、やるんだよ」...と言いたいところですが、何かまた(食うための)仕事が忙しくなって中断するかもしれませんしね。誰にも見られてないなら好きにやるだけ!...というインターネット凌明期のような牧歌的な気分でやって行こうかと思ってます。

 事実、この数年に渡り、やりかけては中断⇒数ヶ月放置⇒再びやりかけてはまた中断⇒数ヶ月放置...を繰り返すうちに何年も経っていたという...しかしまぁ、そんな中で音楽製作用の環境は徐々に整備されてきて「そろそろ本気ださなきゃイカン!」と思っているところであります。

 心の優しい方、大きな心をお持ちの方は見守ってくださいませ。