昔の俺と今の俺を比較しよう 

August 23 [Wed], 2006, 16:13
はい!ショックです!!
モノごっつショックです!!!


男とキスです!!!

『漢』とキスでございます!!
こりゃもう事件です!!

誰か僕を解釈してください!!!

事の発端はとある日の夕飯時の事・・・
いつも通り、仕事で疲れきった体に、プチ栄養素を送るために
夕飯の支度をしておりました・・・もう深夜なんで、皆を起こさないように、静かに台所でトントントン・・・やっぱ独りは寂しいね!!悲しいよ!!・・・うぅ(涙)・・・ロンリークッキングです;


んで、難なく完成・・・

本日の夕食
『夏バテ先取り!!野菜たっぷり栄養うどん』

まぁ・・・かっこ良く言ってますが、夏バテ先どっちゃたら意味ないじゃん!!ってツッコミを入れたくなった方若しくはもう入れちゃったよと言う方は、そのまま三角コーナーに頭から突っ込んでください(鬼ッ)
まぁ、ただの野菜炒めのっけた、ちょっと脂っこい普通の『うどん』ですよ(爆)なんの面白味もございません・・・だから突っ込まないでいただきい!とどうしてもツッコミたい方には洩れなく遊児の手堅いハグがまっております!!

いや〜、まぁ〜このまま話し続けると、突っ込んで欲しい人見たいに見えるんで・・・何も無かったかのように、話を続けます!

過去の自分と今の自分を振り合えよう 

August 21 [Mon], 2006, 19:19
先日、久々の連休を頂きまして!妙にハイテンションでした^^;)

ここん所、まともな休みがずぅ〜と、なかったんで、心にも体にもホッとな休日をすごしました!!

遊『あぁ!・・・もう・・・サイコー!!何もしなくて良い日なんて何ヶ月振りかしら(大袈裟)よしゃ!!今日は一日中、爆睡かましてやすぞ、クーラー全開じゃゴルァ!』

と・・・単に『ヒキコモリ』してただけなんですけど(汗)

とにかく嬉しかったのよ(もう、突っ込むなら突っ込んで!)

んでね・・・ここからが本題なのよ・・・

ふとね・・・自分の部屋を注意深くみたの・・・
そしたらね・・・・

めっちゃ汚いのよ!!!

汚!!
汚すぎるのよ!!
なんかもう、この際一言『他人事』の様に叫ばせて!!

遊『なんだこの部屋!!!汚すぎる事に喜び感じてんじゃねぇ〜よ!!阿呆がぁ〜!!!あほが〜・・・あほが〜・・・・(フェイドアウト)』

部屋の所どころに、脱ぎ捨てられた洋服が産卵・・・いや、散乱(汗)
食いかけの食べ物様が・・・乱舞!!
挙句の果てには『なんか変な臭いがする!!』

え?

ここって、動物の檻のなかですか?
ナマケモノ(動物名)の生息地ですか?
この『世知辛い臭いは?』一体なんなんですか?

つう事で・・・

レッツお掃除タイムですよ!!

いやぁ〜!このまま良くと某番組『銭形○太郎』にタメはれる勢いなんで・・・・・重い腰ですが・・・起こしまくりました(爆)

そしたら、出るは出るはゴミとかした、あの頃の思い出の数々!
その一部始終を音声のみで強引的ですがごらんください。(汗)

遊『あ・・・・これ前描いた、ドラ○もんVSアン○ンマンのリアル絵だ・・・・・よし!複雑な感情になるから廃棄^^)ノ。』

真夏のミステリー:そのB 

August 09 [Wed], 2006, 17:53
一話『チェーン』

僕はマンションで一人暮らしをしているのですが、
ドアチェーンをかける習慣がありません。

でも、ココ最近は窃盗事件などの犯罪が
酷くなってきてますから、ある日なんとなく

「今日はチェーンをかけておこう」
と思いチェーンをかけて寝ました。

次の朝、僕は携帯のメール受信音で目が覚めました、

良く見ると・・・知らないアドレスから画像添付つきのメールが受信されていました。


そのメールには・・・




「なぜ昨日はチェーンをかけていたんだ?」




・・・と一言だけ書かれ・・・

添付されている画像の中には気持ちよさに眠りに付く・・・僕の姿が映っていました。

真夏のミステリーその2 

August 08 [Tue], 2006, 12:16
「あ・・・アイツって?」


「・・・ケン・・・」


ミサはトモジが何を言っているのか分からず只聞いています。

トモジは話を続けました

「悪い冗談だって思って・・・怒鳴りつけてやろうと思ったけど 、あいつがきたの、俺らが警察から電話を受けてからすぐなんだよ

・・・だから ・・・

誰かがフザケル余裕なんてねえだろうし

・・俺ら怖くて、それで

ドアを開けなかったんだ・・・

そしたら帰って言った」

トモジの体が小刻みに震えていました










トモジ達はミサに今晩もしケンが来ても決してドアは開けるなと言いました。

彼らが言うには、自分では死んだと気づいていまいケンが
自分達を「死」の世界に引きずり込もうとしていると言うのです。

「わ・・・わかった」

その夜、一晩寝ていないせいもあり
ミサは深い眠りに着きました。


すると・・・




ピンポーン・・・





インターホンがなりました。


ピンポーン









ピンポーン












ピンポーーーン



彼女は必死でそれを無視します。




・・・

・・・・・

・・・・・・・・・。





インターホンの音が鳴り止みました。



ミサは複雑な感情のまま
また眠りに着きました。


ケンと出会ったのは高校3年生の時でした

二人で作った思い出が
今では懐かしい

そんな事を思いながら
ミサは・・・


ゆっくり





ゆっくり



眠りに着きまし・・・・た















!!!ドンドンドン!!!

真夏のミステリーその1 

August 07 [Mon], 2006, 20:45
ある所に仲の良い2組のカップルがいました。

ケン&ミサ
トモジ&双葉のカップルです。

四人は大の仲良しで何をするにも
いつも一緒に行動をしていました。

そんなある暑い夏の日
四人は海水浴へと海に出かけました。

ケンはバイクを持っていたので一人で乗って
他の三人はトモジの車に乗って海まで出かけました。



日が暮れて、帰る時に
双葉が男二人に向かい、こう言いました。

『ねぇ・・・・・バイクと車って・・・どっちが早いの?』

そこでケンのバイクと、
トモジ(他の二人)を乗せた車で帰り家まで競争する事にしました。

それぞれの カップルは同棲しており、
同じアパートで知り合ったので家は一緒でした。


一に着いて・・・


よぉーぃ・・



スタート!!!



お互いの車輪は高音の音を上げると
夜の車道へと消えて行きました。

メイド喫茶潜入突っ込み:トイレ編 

July 07 [Fri], 2006, 10:02
友人は素敵メイドさんの魅力に、すっかり殺られているので

ひとまず冷静になろうと、お手洗いにいきました。

ここで遊児君一つの疑問
Q.メイド喫茶のトイレって
なんか・・・こう・・・メルヘンチックなのかなぁ?


『うぉ!やべ!!俺こんな所で大便なんてできねぇ!!』
・・・・とか、人生で一度は便座に向かって言ってみてみたいじゃないですか・・・

いや、なんか・・・便座にフリルとかさ・・・付いてそうじゃん
トイレットペーパーにクマさんのプリントとか
やたらとトイレの中が・・・良い匂いがしそうじゃいすかぁ!!!!!
ストロベリーの匂いがしそうじゃないっすかぁ!!!!



こそ!!
『頭おかしいんじゃねぇの!!』
・・・とか、言わないの!!


真剣なんだからなぁ!!
俺は・・・いたって真剣でおじゃる!

お母さん!!見てる!!!

今日その願いが叶いますよ!!!
遊児!!・・・また一つ大人の階段を上りますよぉ!!


なんか・・・すっげぇドキドキ・・・


『メイドinTOIRE』
作詞:公園遊児
作曲:公園遊児の中の思考回路
編曲:ちっちゃいおっさん


メイドさんのトイレ
メイドさんのトィ〜レ♪

君が磨いたぁ便座の上で〜♪
僕は愛をぶちまけるぅ〜♪

何よりもチカラ強い愛を
ご奉仕するよぉ〜♪

MAIDinChina
メイドinTOIRE


・・・なんか似てるぅ〜♪

君が暖めたシャボンの泡をぉ〜♪
僕は激しく追いかける〜♪

HEY!!

ストロベリ〜・ウォシュレット〜♪

HEY!!HEY!!
トキメキって奴が俺の心で勝手に暴れてるぅ!!

ソコはメイドinTO・I・RE♪(以下省略)


・・・っと・・・意味のわからない即興の歌を口ずさみながら
意気揚々とTOIREのドアをあける


・・・ガチャ・・・

開けた瞬間に鼻をかすめる匂い♪

メイド喫茶潜入突っ込み:その@ 

July 04 [Tue], 2006, 11:38
大阪から社員旅行で遥々東京に来た心友と一緒に
ドキドキわくわくの『メイド喫茶』に行って参りました!!

初メイド喫茶
メイド喫茶のデビュー戦です!!

ぶちゃけ一人で行く勇気は俺には無いので・・・良い機会でした。

つう事で・・・
メイド喫茶感想。

夜に行ったにも関わらず決行な人気で満員でした。
店側のプライバシーの問題もありますので、あえて名前は伏せさせていただきます。
ご了承下さいませ(土下座)

心友曰く・・・テレビでも取り上げられる程な老舗なんだそうです。
凄いですね!!凄いですよ!!・・・だってさ・・・

メイド喫茶で有名な
『お帰りなさいませご主人様』

アレ・・・
言わないんだもんよ!!
何?・・・俺のドキドキ損?!

その代わりに・・・
メイド『いらっしゃいませ・・・え〜・・・二名様で宜しいですか?
喫煙席と禁煙席、カウンターがありますが・・・どちらにされますか?』


・・・あ・・

普通の飲食店じゃん!!
なんて、事務的なメイドさん!!・・・ある意味で『萌え』だね!!

と一人心の中で突っ込みを入れずにはいれませんでした。

喫煙席をチョイスして待つこと10分程・・・

意外とスッキリとした内装にも萌え!!

カウンターのショウウィンドーには歴代の店のメイド服なのかなわかりませんが
飾られており・・・

『あ・・・アレ俺が着たら・・・日本沈没すんだろうなぁ』
とか思っておりました・・・

いっそコノ場でドレスアップして
今日の事は無かった事にしてやろうか?

いやいや、そんな事はできません。

心友『見て!!あの絶対領域!!やばい!!幸せだよアタシャ』
遊児『え?・・・なに?絶対領域って?・・・つかお前・・・詳しくない?』
心友『秋葉はアタシの聖地だよ!!・・・アタシを舐めてもらっちゃこまるよ!!』
遊児『いや、別に舐めちゃいないんだけど;』
心友『はぁ〜・・・このティッシュ・・・一枚だけもって帰って良いなかぁ〜』

遊児『・・・・お前もう大阪帰れ』

俺より・・・テンションMAXな心友に俺は燃えてましがたがね。

『管理人様の輪を広げようバトン』 

May 25 [Thu], 2006, 14:54
はいはい!!
今回も素敵なバトンを本家サイトで相互リンクをしていらっしゃいます!!
saika様から頂きましたよ〜!!

有難う御座います!!

バトン名…そのなも
『管理人様の輪を広げようバトン』

す…

す・・・

素敵すぎるっぜ!!

それじゃぁ!!
いちょ回答していきましょうかぁ〜♪

っとその前に。
このバトン・・・本来ならこのバトンをもらった
方々のお名前を乗せる・・・という形式らしいんすが・・・

色々あってのせません!!

つう事で(笑)
答えて行こうやないかぁ!!!

Q1:あなたのHNを教えて下さい。
公園遊児(キミゾノユウジ)です。

Q2:あなたのサイト名を教えて下さい。
遊等生』と申します。

Q3:いつからサイト運営を始めましたか?
えっとですね・・・現サイトに移転して現在2ヶ月チョイでございますねぇ

んで・・・旧サーバーで運営していたサイトがありまして・・・
そのサイトはぁ・・・

2004/06/11から
2006/03/27日まで
運営してましたね・・・

Q4:管理人歴はどの位ですか
・・・えっと・・・上記の年数で計算すると・・・


ん〜・・・
かれこれ3年半ぐらい?
でしょうかね?(アバウト)


って・・・
長ッ!!!
自分でビックリです(−−;)


Q5:サイトのジャンルや属性について割と詳しく説明して下さい
あ・・・説明ですか・・・
オレの一番苦手ジャンルですよコレ

え〜っと・・・
ん〜・・・っと

夢の約束 

May 19 [Fri], 2006, 11:56
僕が漫画家になりたい理由…
それは色々ありますが…

その中で一番に
こんな理由があります…。


それは中学の時
僕には同じ漫画家を目指している一人の子がいた。

俺とその子の出会いは、ひょんな事だった
その子のプリントの裏に『絵』が描かれているのを俺が発見したのだ…

その時、俺の周りには絵を描いている人が少なく
勇気を持って俺は、そこ子に話しかけた

『あ…絵〜上手いっすね』

その時…話して行くうちに、お互いの夢が同じである事がわかった。



『漫画家になる事』



二人が仲が良くなるのにそう時間はいらなかった。


それから毎日、馬鹿みたいに夢について語り合った。

昨日見たジャンプの話だったり
アニメの話だったり
最近、描いたイラストの見せ合いだったり。

絵の交換日記もしていた。

本当に楽しかった。


最高の思い出だ。











でも…





ある日その子が元気のない表情で学校に登校してきた
仲間内で話していても…目線を下に向け…笑おうともしなかった。

俺は心配になって、そのコを廊下に呼びだした。

『どうしたの?…』


その子は少しだまった後、
今にでも泣き出しそうな顔で僕に話した。




昨日の夜…その子は親に漫画を描いているのがバレて
『漫画家なんて、そんな夢がない!漫画を描いている暇があるんだったら勉強しろ!!』
と言われたらしい…


その子の両親は頭が固く…
今まで親に『漫画家』になりたい事は黙っていた…



『言っても…反対されるのが分かりきっているから』


俺は怒りの感情と一緒に、頭の中が真っ白になった。

俺はその子とは逆で…小さい頃から絵を描いていたから
自然と回りは俺が漫画家になりたいって事を理解し、応援してくれていた。


俺は思った…


その子と…同じ夢をもっているハズなのに…
環境が違うだけで…

応援してくれる人が居るか居ないかで…

どうして…

どうして、こんなに悲しい思いをしてしまうんだろう。



正直その時、俺はその子にかける言葉を見つけるので…
いっぱいいっぱいになっていた。

シドロモドロとした言葉しか口から出なかった…







とても…
くやしかった。

『思い付き色バトン』 

May 16 [Tue], 2006, 9:25
またまた素敵なバトンをもらちゃったよ!!
もーどうしましょアタシ♪

え〜…遊児が本家のサイトでお世話になっている
サイト『ジャック・ナイン』の管理人様である
スズさんより頂きましたぁ!!!

ネェサン!!
有難う!!!

それでは早速答えて行きましょうかぁ〜!!!

『思い付き色バトン』

◆青で思い付く物(または事)は?
遊『青虫…実際は緑だけどね…あいつら世の中舐めてらぁ』

◆赤は?
遊『赤ちゃん…100人中80人以上はそう答えるだろう!!!』

◆黄色は?
遊『ザ・テレビジョン…あのレモン持ってやたらと笑顔振りまいている雑誌』

◆緑は?
遊『ゾウリムシ…中学校の理科のテストで
(このプランクトンの名前はなんでしょう?)という問題で
ミジンコと一、二を争うほど有名かつ目立たない存在…
最近では、遊児がたまに(俺…生まれ変わるなら
王様かゾウリムシになりたい)とボヤク事で有名』

◆紫は?
遊『アサガオ…いや、他に沢山あるけどね…赤とか青とか…でも…一番、ムラサキ色の
アサガオが好き♪』

◆ピンクは?
遊『Dr:スランプアラレちゃんのアニメ版のウン子…あのコミカルだけども
生々しくピンク色で表現されたウン子には、小さいながらも俺は感動を覚えてしまった…
あ、ご飯中の人はごめんね』

◆黒は?
遊『クロマティ高校…名前だけ…つか読んだ事ない…つか実際黒いのかすら分かんない』

◆白は
遊『パ…パ○ティ…ただの下ネタ…
お…俺だって!!け…健全な男子なんだぁ!!
べ…っ…別に良いだぉっ!!!(逆ギレ?)』

◆灰色は?
遊『コンクリート…あぁ!!!コンクリートジャンゴぉールっ!!!(叫)』

◆銀は?
遊『シルバーシート…お年寄りは大事にしましょう』

◆オレンジは?
遊『オレンジ(果物)…なんのヒネリもございません』

◆今更ですがこれを回してくれた人のイメージカラーは?
遊『スズさんですか?…スズさんは青って感じですかね?(笑)
俺のイメージではとってもクールな方!!…って感じがします!!それであって面白い!!』