思意 

2007年03月03日(土) 9時28分
君にとって


その重さは


他愛の無いものだったのかもしれない



けれど


僕にとっては


重くて


重くて…


重い


前へも後ろへも


彼の人のもとへも


進めない



どうか君に


その違い、に


気付いてほしい


僕が


重みに耐えきれず


海の底へと


沈みゆくより前に

恋愛 

2007年02月26日(月) 10時38分
僕ね、いつも思ってたんだ。



恋ってことば



みんな憧れるでしょ?



でも



僕は嫌い



なんでかって?



だって、恋って悲しいじゃない



一人でもできるのが



恋、でしょ?



恋は



来い、なんだよ



逆を言うと



愛ってことばは



好き



愛は



両側通行でこそ



育まれるものでしょ?



愛は



逢い、なんだよ



相手がいて



はじめて成立すること



なんだかそれって



素敵じゃない?



だから僕は



恋をするよりも



愛したい

道灯 

2007年01月11日(木) 11時00分
暗い暗い陰と闇


右を見れども道は見つからず


左を見れど灯りは見えず


進んでいる方向がどこかさえも分からずとも


ただひたすら歩き続ける


いつの日か明かりを見ること願いて

調和 

2007年01月10日(水) 23時30分
喜びの隣には


いつもかなしみの陰がたたずんでいる


すべてのバランスを崩さないように


調和を乱さないために

有限 

2006年12月10日(日) 23時48分
必死に手を伸ばして


ぼろぼろになりながらも


掴み取った小さな明かり


いつか僕の手元を離れるその時まで


どうか僕の手のなかに。


限りある時の中だからこそ


この思いは切実なれど、僕の絶対

存在 

2006年12月07日(木) 23時01分
世の中には


確実


とか


絶対って言葉は


単体では存在しない言葉だと僕は思う


不確かすぎる世の中に


一方的に絶対や確実を求めるなんて


無理な話だ


だが、互いの思いが重なったとき


その言葉は意味を成す


両側通行の思いが在れば、絶対における絶対は確かに存在する。

暖温 

2006年12月06日(水) 23時09分
繋いだ手と手の温もりが


僕をそっと暖めた


人の温もりを


改めてすばらしいと感じた


僕の中にある


ほんの少しの温もりも


いつか誰かを暖かくさせられるように


そんな日がくることを


願う

指先 

2006年12月05日(火) 0時17分
長く冷たい一日の終わり


冷えないように冷えないようにと暖め続けた指先のぬくもりを


少しだけ残った暖かさを


必要としている人のもとへ

どうか、どうか届きますように。



僕ができることは少なくて小さいけど


願い、祈ることは少ないできることだ


指先から世界へ


ほんの小さな温もりが


必要としている誰かに届きますように

柳枝 

2006年12月03日(日) 8時29分
柳の木って


中国では別れを意味するって、昔


誰かが話してた。


それなら僕に、今


2本の柳の枝を


別れゆく2人に


せめてもの餞別を

心洗 

2006年12月01日(金) 18時29分
救われた


音楽、に。


聞いてて心が洗われた


そんな気分


たまには気分転換


そーゆーのも


たまには必要


気付かされた、今日この頃
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:天気職人の弟子
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・映画
    ・写真
読者になる
2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる