仕分けに負けず…環境省の星空事業継続 ファンの声受け

August 05 [Sun], 2012, 17:40
 2年前の政府の行政刷新会議で「仕超激安野球ウェア分け」対象とされた環境省の「全国星空継続観察」(スターウオッチング・ネットワーク)事業。約700万円の予算は全額カットされたが、経費超激安サッカーウェア節減を重ねて今夏も続く。継続を求める天文ファンらの声を受けたものだ。

スターウオッチング野球ウェアは、環境サッカーウェア庁(当時)が1988年に始めた。天の川の観察などを通じて、大気汚染や照明の「光害」について考えてもらおうという狙いだった。自治体や野球ユニフォムオーダー学校などに呼びかけ、毎年2回(夏と冬)一斉に夜空を眺める。

 夏の観察では、はくちょう座、たて座、いて座の3カ所で肉眼で天の川が見えるかどうか、報告してもらう。双眼鏡やデジタルカメラを使ったMLB野球ユニフォーム観察もある。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kiminokoto
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kiminokotoga/index1_0.rdf