人を好きになっても 

March 02 [Sun], 2008, 6:22
理解不可能な抜け殻な気分。

あれから何を誰を信じて来れたんだろう。



だからぐっと来るんだね、この詩。

やっと君を信じ始めてもどうして疑うんだろう。





やっぱりきっと好きじゃないや。
好きだけど、好きじゃないや。
燃えないや。
全然燃えないや。

恋焦がれないね。






別れようかな。。。。
そのほうが誰かのためなんじゃないかな。

あたし、自殺しないし。
あの人、自殺しちゃうし。 

もう、連絡するの、やめよ、なんか自分がつらいや。

どうして 

May 15 [Tue], 2007, 4:05
一言




怖いといえないんだろう。



不安だっていえないんだろう。



どうしよう。

そーか 

March 22 [Thu], 2007, 0:43
最近近づきすぎてた。距離がなくなりすぎてた

あ、だめだ。これじゃだめだわ。

感情が募りすぎる。気持ちが募りすぎて、
後戻りできなくなるから。
少し離れたい。離れたい。


離れたいけど、占めていたい。独り占めしていたい。

そんな、わがままが見え隠れするようになってしまった。
だめだ。
やきもちは汚い。
でしょ。


不安だ。




あたしのせいかな。

みきこさんになってる、よーすけさん。

やっぱり。気づいてたけど、気づいてたね。
やっぱり。

始まればいつか終わるでしょ 

February 09 [Fri], 2007, 1:47
なんだってそうなの。

すべてのことはいつか終わるの。

どんなに長くったって、

どんなにつらくったって、


終わるんだよ。


状況も、気持ちも、人も。


あたしには、あの人に対する感情がない。

好きなのか。

無駄になるのはいや。

独りよがりなんてばからしい。

損するのは、あたしだけなんでしょ?

それなら、あたしのことはあたしが守らなくちゃ、

誰が守ってくれるの。

誰も守ってなんかくれやしない。

誰も支えてなんかくれやしない。

自分の足で立たなくちゃ。

じゃあ何で付き合ってるんだろう。

付き合うって何。

すきって、何。

愛って何なのよ。

こんなにリスクのあるもの、信じられるわけないじゃない。

信じるから傷つくんじゃない。

信じるから裏切られるんじゃない。

目の前にいるあの人にとって、

あたしっていったい何。


いい人、都合のいい人、あの人にとって、都合のいい人。

何を思って抱きたいの。

誰でもいいんじゃない?

あたしじゃなくたって。

それの結果でしょ?

信じられるわけないじゃない。

なんにもいい女なんかじゃないよ。

それは勘違い。大いなる勘違い。

やさしいからそばにいると思ってる?

そんな馬鹿みたいなまねするわけないじゃない。

あたしには感情がないの。

愛があるわけじゃない。

何にも思わないの。ただそれだけで、ただそれだけだから、

そばにいてあげられるんだよ。


だから言ったでしょ。

全然いい女なんかじゃないって。

結局のところ 

February 05 [Mon], 2007, 6:31
実年齢が、精神年齢に追いついていないんだって。

我慢しすぎなんだって。

だけど、少し抜けてるから、気がつかなくて、

いつか爆発して死んじゃうんじゃないかって。

大丈夫だって催眠かけて、

大丈夫ぶってて、

いつか、破裂して、倒れちゃうんじゃないかって。

気づいてたけど、気づかない振りしてたよ。



それが、あの人のためと思ったら、

あの人に比べたら、こんな苦しみ。

ちっぽけなもんさ。

はけ口がなくったって、ちっぽけだから大丈夫なのさ。

人なんか信じてないし、信じてなかったから、

傷ついたりなんかしてないんだよ。

分かってたもの。分かってるもの。

こんなあたしだから。

鍛えられたあたしだから。

悟ってるから。

人は裏切るんだって。信じたって、裏切られて、

傷つくのは、自分と自分の心以外、なにもない。



っていうあたしと。



もっともっと18歳らしく、わがままいって、

相手を困らせて、

もっと独り占めしたくて、あたしだけを見てて欲しい、

100%かまってくれなくちゃいや

あたしには、まだ将来があるの

大学生活だって、始まったばっかりなの

まだまだこれからたくさんの人と出会うのに、

こんなところで、傷つきたくない、

こんなところで、いやな思いばっかりの恋愛なんてしたくない

もっともっと信じたい

人との間に子供なんか作ってんじゃんねーよ

最低


って言いたいあたしと。





いがみあって、争いあって、殺しあって、

だけど、決着が付かないんだ、今は。

びりびりに破けそうだ。


真っ二つになりそうだ。

おかしくなりそうなの。

眠れない、

身も心も千切れそうで怖くて、怖くて

目を閉じることが出来ない。



だけど、受け止めてあげなくちゃいけないの、

つかれきったあの人を。


寝かせてあげなくちゃいけないの、

つかれきったあの人を。



今は、もう少し我慢しなくちゃいけないよね。

もう少しだから、もう少しだから、

まだ、優しいあたしでいようよ。


求められてることが分かってるんだから、

答えてあげようよ。

もう少しだから、もう少しだから。

泣くのはやめようよ。

もう少しの間、強がろう。

あたしなら出来るでしょ。出来るよね。もう少しだから。








始まれば、いつか、、終わるでしょ?

神様は 

February 04 [Sun], 2007, 4:03
あの人には、
ひと時たりとも、休める時間を与えなかった。
無常です。思し召しだとしても。
頑張れというのですか、そうだとしたら、それは運命で、
背負う以外の道は、きっとないのでしょう。

そして、あの人をまた、背負うのも、きっと運命だったとしたら、
逃げることは許されるのでしょうか。


逃げる人は、逃げるけど、
神様はずるいから、
賢明だから、人を選ぶのでしょう、任命して、課すのでしょうね。


だから、、私は逃げられないんだなと。


今日あたしは悟りました。
すべてを、これまで今までの故を。

なぜ、あの時期にあたしが選ばれたのか。
誰よりもあの二人の間を知るあたしだから、
こんなような時に、捕まえられるように、
きっとあのときから、、膨らみ始めていたから、
すべてのことがすでに始まっていたから、

きっと細い細い逃げ道を創っておきたかったんだと。

そうして選ばれたあたしには、返事をした責任があります。
役割があります。その二人を受け入れるということを。

こんなあたしだから、神様は、指差したのでしょうか。


受け入れます。たとえ自分の気持ちが、踏みにじられようとも、
受け入れます。たとえ自分の気持ちが、伝えられなくても、、
たとえ、誰もいない部屋で、泣いたとしても、

支えてあげることしか出来ないけど、
それを求められているなら、精一杯答えたいと思ってしまうから、

それを分かっているから、あたしにだけ話したんだということが分かったなら、
首を横に振ったり出来ません。



100%でないことが気がかりで、いやだと思うなら
別れてもいいと思います。
あたしはそれでもかまわないです。
今も昔も、それは変わってこなかったことだし、

それが付随してくること、覚悟で、
返事をしたわけだし、

覚悟は出来てましたから。

我慢しすぎかもしれない。かもしれないじゃない。
だけど、

望まれるなら、そう、してあげたいんだ、あの人には。
好きなように生きて欲しいんだ、あたしの前では。

我慢してる人だから、我慢させたくないんだ。


神様は、神様は、この世にいるならば、
あの人を、休ませて上げて欲しいだけなんです。


どうか、、
彼女が死にませんように。

つらいとき 

February 03 [Sat], 2007, 1:15
つらいときだから、こそ、
我慢したがる私は、
毎回反省するのに進歩しないなーって思う。


貯める貯める貯めて貯めて貯めて、

ぜええええんぶ投げ出すんだ。

ぽいって。


めんどくさーってなって、考えるのやめて
どーでもよくなっちゃう。
今視野狭くなってるからなー。こりゃーいかんいかん。
っていうか狭くしたいのかもしれない。
何にも見たくない。気づきたくないこれ以上。
自分、もう、パンクしそうなのは良く分かってる。
器の小ささにがっかりしてる。
こんなにがっかりしてるのに、

はやくぽいってできる日が来て欲しいな。


あーあーあーあーあーあー・・・・・・もう、こんな気持ち
なりたくなかった。
だから、もっと自分の事抑えなくっちゃ。
自分の事もっと知らなくっちゃ。
浅はか過ぎるのよね。うんうんうーん。

もやもや 

January 09 [Tue], 2007, 23:45
いちばん恐れていることは

距離がなくなること

知りたいと想うけど、

知られるのは怖いと想う。

知りたいと想うけど、

距離がなくなる。

近くなりすぎると、何も見えなくなるから。

自分がなくなっていくから。

最高のわがまま。

わがままであることはいやだけど、

わがままみたいだから、

気づいたら自分論押し付けてる。

でも、それでいいのかな。

彼女は、あたしよりもさらにさらにイエスマンだった。

自分を持ってること。

あの人もそうだから、きっと認めてくれてるんだと想う。

そうか、
それがあたしだから。


でも、会いたいと想うし、近くにいたいと想う。

いつも一緒にいたいと想う。
だけど、、だけどって続いてしまう。


我慢するんだ。

我慢して我慢したら、きっとその反動が大きすぎたら、

距離が短くなるんじゃないかって。
想っちゃう。2歩下がったら3歩進んじゃう。気がする。


あたしはそんなにつよくないし、
我慢強くも無い、

欲だってあるし、

没頭してしまうかもしれない。

一生懸命制御してるんだ。

そんああたしを見るのが楽しい?

見せたくないそんな、子供みたいな、


駄々こねたり、


隠してるんだ。本望を。

本当は違うんだ。

ジレンマと戦っているんだ。

引き止めたいけど、引き止めない。

引き止めたい気持ちは一生懸命隠したら。

もやもや。

墜落 

November 24 [Fri], 2006, 22:58
そんな風になりたくない。


知られたくない。。

きっと 

November 20 [Mon], 2006, 20:05
どこかで疑ってる。

だけど、負けてる。

どーせそう思うなら、
馬鹿みたいに信じちゃえー。


ちゃえー。
P R
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31