新年快樂!龍年來了!

January 09 [Mon], 2012, 22:55


有时候,不要把世界看得太孤单了,正如你总在想念某些人,也总会有某些人在一直想念你

yokohama

October 07 [Fri], 2011, 0:24
横浜美術館へ。







全部、消えた。
もう考えるなってことだ。そう思おう。

かき氷 つづく

September 28 [Wed], 2011, 21:48


「ぎおん徳屋」にて。「黒みつかき氷」
香ばしいきな粉が嬉しい。1年中なのも嬉しい。

少し後に「花見こもち」
自分でおもちを網で焼いて、好きな味で楽しめる。
ぜんざいとかきな粉とか甘しょうゆ。

再見!香港!

September 26 [Mon], 2011, 22:27


香港最終日。今回も美術館へ。
足が痛くて、あまり移動が出来ず。



夕御飯前にちょっとだけ休もうと入ってのんびり食べたら、お腹一杯。
なので、そのままインターコンチネンタルホテルへ。最後の夜。
一番、好きな香港の夜景。
日本の観光の方も沢山。
飲んで、少し食べて、デザートまで。のんびり。
思い出とか、これからのこととか、少しの恋の話とか。
足が痛くて、まだ思いでなのか何なのか。

登山

September 24 [Sat], 2011, 23:05


大梧桐山は深圳最高峰で944m。

登り始めて割と早くに、これは、思っていたよりも大変だと、気付く。
でも、頂上まで行って反対側から降りようと言っていた手前、
帰ると言いだせない。無理、無理、と言いながら、登頂。
あそこまで、と登ってみると、そこから先がまだ続いている。
また、あそこまでと登っても、まだ、先が。
山頂の石が見えていて、もうあと少しだと分かっていても、
ここで待ってます。と言った阿明の気持ち。すごく、わかった。

山頂は涼しくて、でも、景色も雲で見えなくて、
ただ登れた感動だけを持って、降りる。そして、また気付く。
降りる方がもっと、大変なんじゃ・・・。
降りてすぐに、山頂の感動を忘れる。ぐらいに、足が笑う。
先に、どんどん降りて行って姿が見えなくなった。
女性陣だけで休み休み、歌を歌いながら、たくさん話しながら降りる。
登るときには景色と、山の音だけで十分だったはずが、
降りるときは危ないために目の前の石段しか見れず、
歌でもないと、心が折れそうになる。
もう先に下山出来たのかなと思っていたら、独り座りこんでいる。
座りこんで、もう1歩も歩けないと言っている。
姿が見えた途端に、わずかに残っていた体中の力が、
戻っていることを感じる。嬉しい気持ち。会えるだけでただ、嬉しい。
うまく言葉で表現出来ない。ただ、心と身体が繋がっていることを感じる。
会えたら本当に元気が出てきた。と伝える。
一人でいると、誰とも話も出来なくて、身体の辛さと共に心が折れる。
大変!とか、つらい!とか、
誰かと一緒に、何でも言葉に出すだけで、笑うだけで、元気に繋がる。
もう1歩だけ前に進める力になる。
皆で残りのチョコとパンを食べて、更に力をつけて、降りる。
地上が近付いていることが、こんなに嬉しいと感じられるなんて。

山登りは人生のようだねと。笑っちゃうようなことを、友達と。
登った!と思っても、まだ先がある。気持ちが折れる、でも、
また登り始める。登れば降りなければならない。
降り切らなければ登山とは言えない。
一人でよりは誰かと一緒だとそれだけで元気になる。
言葉を発することも、大笑いすることも、それだけで元気になる。
もちろん食べ物も水も大事。
登るときには沢山の荷物を持って行くけど、
降りてくると、軽くなっている。
何度も諦めそうになるけれど、そのたびに思った。
この1歩、前に進む小さな1歩で、いつかはどこかへ辿り着くのだと。

ただいま!香港&中国!&JAY!

September 24 [Sat], 2011, 1:02


9月17日シンセンコンサート。



大声で歌う。まわりも皆、歌ってる。
涼しい風が吹いてくるけど、暑くて暑くて暑い。
隣には一緒に見たかった人。一緒に見られて嬉しい。
疲れてくるとイノッちにしか見えないね。って。ヒドイ。
途中、何度かものすごくかっこよかった。
でも、かっこいいって言うと、何も答えてくれない。
大丈夫、もっともっともっとかっこいいと思ってる。

ただいま!香港!

September 24 [Sat], 2011, 0:19


9月15日16日に泊ったホテルの40Fからの香港の夜景。
昨年、泊ったインターコンチネンタルホテルも見える。



16日、朝からバスに乗って向かった赤柱スタンレー。
楽しい気分で飲んだビール。そのあとの頭痛。
もはや赤柱の海さえも写っていない。



昨年の今頃は、あっち側にも行った。あの場所でコンサートもみた。
の気持ちがいっぱいの写真。

かき氷・2

September 23 [Fri], 2011, 23:36


目白の「志むら」にて、かき氷の前の野菜カレー。
窓際で日差しが暑すぎて、汗が沢山出る。



そして食後の氷いちご。トッピングにミルク。
ミルクは無くてもいいかもしれない。



青山の京はやしやへ。
限定のリッチミルクティー。美味しかった。
氷の中にソフトクリームが入っている。

10年そして半年

September 11 [Sun], 2011, 23:39
911・・・忘れずのあの日。見続けたTV。映画のような画像。一緒に見ていた人。
     まだ出会ったいない人。今も友達の人。TVの中の遠いような出来事。
     10年の月日。
     もういない人。出会えた大切な人。今も変わらずの友達。
     変わらないで変わったこと。変わったようで変わらないこと。
     

311・・・突然の揺れと停電。流れ続けるアナウンス。続く揺れ。座りこむ女性。頼もしい男性。
     繋がらない電話。歩き続ける人々。まだ知らなかった大きな津波。
     不安、不信感、恐怖、疲れ、惑わされる言葉、訳もなく強くなる言葉。涙。
     安心感、信頼、愛情、笑いあうこと、当り前のこと。笑顔。
     何でもないことを何でもなく笑えることが、大事だと知る。

いつ、何が起きてもおかしくない。仕方ない。覚悟もした。だからこそ、楽しい嬉しい愛しいことを。

かき氷

August 27 [Sat], 2011, 11:52
軽井沢の「ちもと」にて。大好きなふわふわかき氷。



一番好きな「ライムミルク」



「宇治金時ミルク」