再版・・素直に喜べなくて 

June 14 [Sun], 2009, 22:24
読むのはかんたんだけど、書くのは、そうはいかない・・これ、あたりまえだけど、
読者としては、お気に入り作家の作品が待ち遠しいものです。
絶版になった本もあるとなると、古書店、オークションなど、
探せるものなら探して読みたくなるのも、皆、同じですよね。

最近、ハルのチェック作家の再版が次々と出版・・しかも、書き下ろし付きで。
でも〜〜〜持ってる。
新刊で買ったもの、オークションでようやく手に入れたものなど。
持ってるのに、書き下ろしが読みたい。
数ページしかないかもしれないのに、読みたい。
こうして、また、出版社のワナに、おちていくハルなのです。

でもでも、何とかならないのかな〜いい方法ないのかな。
昔からの読者に、こんな思いをさせていいのかな〜。

乙女のスイーツパイ〜ミニドラマCD付き 

August 31 [Sun], 2008, 22:58
おみやげですよ〜もらってしまいました。
東京バナナより、こっちが喜ぶと見切った家族からのみやげというところが
ちょっと怖いような気もしますが・・・

声フェチかかってるので、歯止めがきかなくなりそうで、
CDには、どこまで手を出すか、探りの状態が続いているハルです。

惚れた小説のCDは少しゲットしていますが、
羊でおやすみシリーズは、欲しくても我慢しているハルです。

でも最近稼ぎがいいので、もう、おとな買いどころか、
過去もの含めたまとめ大量買いとか、絶版もの含めオークションなど
何でも出来そうで、ちょっと自分にブレーキ掛けておく必要があるのです。

なのに・・・こんなおみやげもらうと、飛行機乗りたくなる・・・
自分で買いに行きたくなる・・・

いや、まず食べて、聞いて、それからですよね。

いろいろ感想、高将にぐん『キミログ』 

August 30 [Sat], 2008, 18:36
作者が、個人サイトに載せていたものを投稿し、昨年出版されたという本です。
軽くて可愛くて元気になれる読後感でした。
2回読んで、知人に廻し、昨日戻ってきたので、また読んでしまいました。

基本は、ストーリー性のあるBLが好きですが、こういうのも好きだなあ。

わたしの“読み”は、その時の自分の体調や気分によって、
受け入れられるものや、受けた感じがずいぶん変わってしまうのですが、
疲れてるときや元気がほしいときは、可愛いキャラが効果的と発見・・・
(あくまで、ハルの場合・・)
以来、ディアプラスとか花丸とかも、チェックの対象にしてます。
そういってるそばから、『DEADLOCK』のことも書きたくなってるけど、
それは次回ということで・・

で、『キミログ』ですが、電車男ブームも去り、
こういうネタもありかなと思わせながら、けっこう、新鮮です。
行動と気持ちのギャップが、納得できる描写で書かれていて、
サクサク気持ちよく読めます。

それにしても、個人サイト・・たくさんありますよね。
やってみたいことに挑戦しやすくなったというか、表現の場が増えたというか・・
デビューの仕方も多様、人とのつながり方も多様・・

ホント、ネットでこんなこと書いてる自分も含め、
楽しい時代になったと思いますよ。年バレしそう・・。

早く書いて〜期待の作家さんたちへ 

July 08 [Tue], 2008, 23:49
わたしがBLにはまりはじめた頃、佐藤ラカンさんの『狼は花と散る』を読んだ。
山田ユギさんイラストでボクシング物語りだった。
続編や番外編もあり、面白かったとので、作家買いと決めていた。
なのに、ずいぶん待たされて、あきらめていたところ、ようやく
ほぼ6年ぶりに昨年『長靴をはいた黒猫』が出版された。

以前は1年に1冊程度は出版されていたのに・・6年!!
でもまた読めたことが嬉しくて、今は、やっぱり次作を待っている。

そういえば山田ユギさんのボクシングもののコミックもあったっけ・・
どっちが先だったんだろう・・・
ボクシングといえば、ドクボクシリーズもあった・・・

わたしの場合、作家買い以外は、ネットで情報をとってから購入というパターンが多いので
時間がなくて情報収集が疎かになると、新作がなくなってしまう。
書けばいいというものではないが、期待する作家さんには
ぜひ、1年1〜2冊は書いてほしい・・・小野さんもお願いしますよ

それにしても、また、佐藤ラカン、音沙汰がない(泣)

ぼやき・・・アラブとか貴族とか歴史物とか 

June 22 [Sun], 2008, 20:03
ファンタジーはしょうがないと思ってた・・・
BLがある意味ファンタジーなのは、いろんな人が言ってることだし
そう考えると、隣合わせのジャンルだから
吸血鬼とか蘇りとか、ファンタジーものはしょうがないと思ってた。

でも、でも最近は、場面設定が、もうリアルじゃない・・
いや、特にリアルを求めているわけではないけど・・
でも、日本じゃなくて、現代じゃなくて、今の世の中
どこにも決してありそうもない場面設定は、正直、辛い。

そう思って、チョイスして読もうとは思うが、
出版数が多すぎて、今やどこかで読んだような話しにあたってしまう。

発表方法も多様になり、発表の場も多くあることは
いろんな人がいろんなレベルで自己表現できる良さもあったけど。

今読んでる本もどこかで読んだような・・

『真昼の月』の神崎秀一 

June 08 [Sun], 2008, 11:01
ほんとは暴力も反社会的行動も苦手ですが、
そこはフィクション世界ということで
ミステリー大好き生活を送っているハルです。
いおかいつきさんの『真昼の月』は
ミステリ仕立てのストーリーも良くできているし、個性的な
つまり、ハルにとっては魅力的な登場人物がいっぱい・・

特に“神崎秀一”は、ちょっと他には類を見ないキャラです。
なんて表現したらいいのか・・ツンデレじゃないし・・ツンツン?
どんなに男前な主役でも、〈受け〉って、
なんとなく気弱になる部分が描かれるじゃないですか・・
それが、彼には、最初から最後まで、可愛いとか恥じらいとか、
とにかく女性的なものは何もないのです。
いいねえ、いいねえ、たとえ相手がヤクザであろうと
すっかり“神崎秀一”の虜にさせられました。

まあ、なんでも、行きつくところは好みの問題なのですが
男前が突然デレデレになるのは苦手・・という人には
スカッとするくらい、気持ちよく読めることまちがいありません。
最近、再版され、上中下と3巻、
しかも同人誌の番外編が多数あり、いっぱい楽しめます。

いおかいつきのさんの『リロード』シリーズ 

May 31 [Sat], 2008, 20:14
『リロード』『トゥルース』に続く、3作目の『グロウバック』を読み終わった。
警視庁の刑事と科学捜査研究所の研究者が主役。
物語は、事件解決の過程のミステリ仕立てで進む。
二人の個性的なしっかりしたキャラがいい。笑えるシリアス?である。

本格推理とはいえないが、いおかさんは、上手に物語を展開させるので、
疲れず、飽きさせず、最後まで読ませてくれるので、好きな作家さんのひとりだ。
ミステリ好きを喜ばせる探偵もの、警察ものが、作品の中に多いのも嬉しい。
そして、ヤクザ苦手のハルが、例外として好きなヤクザものも、この作家さんの作品。

同人活動も充実していて、商業誌の番外編などを多く書いている。
なので、それを手に入れるための苦労が・・
過去ものはヤ○○クで探したり・・
そうそう初めて同人誌の書店に行ったときも、いおかさんの同人誌を探したっけ・・
この世界は、本屋で本を買って読むだけでは済まなくなるところが怖いかも。
番外編があると思うと、読まずにいられなくなる自分自身が恨めしい。

いおかさんのことを書いたので、
次回はヤクザもの『真昼の月』についても紹介します。

キョンのケーキ 

May 18 [Sun], 2008, 22:01
わたしの誕生日に、家族からケーキのプレゼントがあった。
バースディケーキなんだと思って蓋を開けると
そこには涼宮ハルヒの相棒、キョンの顔が

ハルヒは大好きな小説のひとつ・・
もちろん、古キョンもいいけど、登場人物のキャラがみんな魅力的なのである。
小説で飽きたらず、アニメも見て、次にはキャラソンを聞いて、
ニコニコの替え歌を探し、お気に入りの歌い手に出会い・・もう
とにかく、ハルヒのおかげで、なんと深みにはまってしまったことか・・

いや、ケーキの話でした。
一人がキョンの下絵を描き、一人がケーキ屋に注文し、
一人がお金を払ったらしいのですが、
ホント、こんな?ワタシに最高の嬉しいケーキでした。
そしてわたしはというと、そのケーキの写メを、速攻、
ハルヒファンの某友人に送りましたよ。
ケーキの出来の良さをほめる驚きの言葉で返信が来て、超満足。
“・・・それにしても、なんでキョンなんだ!”と
ハルヒじゃないことを嘆いていましたけどね(笑)

エロな保険証 

April 23 [Wed], 2008, 21:47
新しい健康保険証が届いた。
記号が!! 漢字二文字のあとが“えろ”
考えすぎだとわかっていても、
何か秘密を暴かれたような気がして、ドキッ!
こうして少しずつ下向きになっていくのか?
いや、そもそもこのブログを書き始めたのは
カミングアウトとまではいかないけど
解放したいというか、
オープンに楽しみたいという気持ちがあったから。
・・・・・・
でも、なかなか最初に決心した職業別BL本分類に
手をつけられない(泣)
できないまま、
また今日も、新刊本が積み重なっていく・・

この冬を振りかえると『ひぐらし』 

April 15 [Tue], 2008, 22:36
同居人の扶養家族として過ごしたこの1年間は
ネットおたく環境としては最高だった。
快適な動画をニコニコ楽しませてもらったし、
ネット書店やオークションのチェックはこまめにできたし
そのおかげで、懐かしい本を発見したり、おすすめBL小説情報があったりで
ずいぶんまたまた荷物が増えてしまった・・・

NHKの朝ドラの『ちりとてちん』がおもしろくて、
毎日の楽しみだった。
最初は怖くて気が進まなかった『ひぐらしのなく頃』も
とうとう最後まで制覇。
そういえば『ちりとてちん』もひぐらし亭という名前だったな・・
この冬は、ひぐらしか・・と、振り返って思い出していたら、
突然、気がついた!!!
あの弟、マ○レンジャーの弟だ!マ○レッドだ・・・
どこかで見たような気がしていたが、
テレビを見ているときは少しも考えなかった。
だって、『ちりとてちん』については、いろいろな人と面白いよねと話したが
まさか、その人たちがマ○レンジャーを知っているハズもないし・・
いや、わたしは知っていた・・思い出せなかったけど・・
・・おもいついたおかげで疲れた・・・。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ハル
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:4月27日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書
    ・マンガ
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
アイコン画像ハル
» 十二国記yomyom(ヨムヨム)騒動 (2008年03月09日)
アイコン画像かずえ
» 十二国記yomyom(ヨムヨム)騒動 (2008年03月09日)