きっかけは… 

May 26 [Fri], 2006, 0:06
…戸籍謄本。(フ○テレビじゃありません。)

今夜、母から電話がかかってきた時。
先日のパスポート取得の際に戸籍謄本を見て以来、
考えていた事を問いただしてしまった。

母の戸籍の欄には祖母の名前しかなかった。
お腹の中にいる時に戦死したとしても、祖父の名は書かれるだろう。

祖父と婚姻せずに祖母は母を身篭ったのか。
祖父は家庭を持っていたのか。
祖母は未婚の母で、母は私生児なのか。

悶々としていた事を聞いてしまった。

別に母の生まれをどうこういうつもりは毛頭無い。
私は母が大好きで、それが変わる事もない。

ただただショックだった。
なんともいえない気持ちが渦巻いていて、
自分でも説明出来ない。

「浮気しない男なんていないのよ。」
母が笑いながら言う言葉の裏には色々な感情が
あったのだろうな…と、ふと思い出した。

実子と非嫡出子とには物凄い差があると思う。
両親が離婚して父親がいない子と、もともと父親がいない子。
今よりもっと偏見や差別もあっただろう。

母はきっとそういう人生を頑張って歩いてきたのだという事実を
考えると胸がいっぱいになる。

祖父はどういう心づもりで祖母と関係を持ったのかはわからない。
遊びだったのか、真剣だったのか。
イタコさんに降霊してもらって、
「この野郎〜っ!!!!」
と、怒鳴りつけたい気もする。
でも、母の名は祖父の名に由来するものだから、
きっと祖母は祖父を愛していたのだと思う。

私がどれだけ考えても、変化が起きる事柄じゃないけれど
母は優しくて素敵な奥さんだし、よき母親だ。
幸せにしてあげたい。

…なんか、母親が恋人みたいだなぁ





サークル新歓飲み。 

April 29 [Sat], 2006, 23:00
今日はサークルの新歓飲みでした

以前所属していたサークルは新入生タダで
何回も飲み会を実施していたけれど、
このサークルは新歓飲みは今回1回きり。
しかも新入生からも2600円の会費を徴収。
一点豪華主義で出費も少なく、本当に有難い

私は飲み会における、
配膳や給仕の仕事をするグループに配属されてまして。
演芸は男子に任せるにしても。

しかも演芸のレベル高いし!
下手なお笑いより上手い(笑)
第2のオリエンタルラジオを目指せば良いのに。

とても疲れました〜

2時間ほぼ立ちっぱなしで、殆ど料理にありつけず
2700円の会費は何だったんだろう…。

ビール瓶やピッチャーを運ぶ仕事は苦にはならなくても
飲み食い出来ないのが辛かった。
しかも参加者90人に対して給仕担当が4人しかいないって…。

それでも私は海老の天ぷらとおにぎり2個を食べられたけれど
同じ役割の子は、おにぎり1個しか食べられず、気の毒だった
今後の飲み会では勘考しなくちゃならないな
同じ会費払ってるのに不公平だもの。
1次会だけの参加にしておいて正解だった。
疲れてヘロヘロ

まぁ、役割グループの人達と仲良くなれて良かったかな
友達になった人からホタテも貰えたし(笑)
今度彼女に何か御礼をしよう。

ただ、大人数で大騒ぎする中に居るより、
少し離れて動き回っている方が精神的に楽だった事に自分でも驚き。

あれ〜私、人間関係築いていけるのかしら…

Vフォーヴェンデッタ、再び。 

April 27 [Thu], 2006, 22:36
どうしても。
どうしても観たくて。
また行って来ました、六本木の映画館に
未見の「プロデューサーズ」を差し置いて
今度は小説で復習済みだ
かかって来ーい、Vっ!!!

バイト帰りの平日夕方、上映時間より1時間前にチケットGET。
という事で、センターの席に座って観れました
やっぱり前方の一番端の席とは比べ物にならない程の見易さ。

う〜ん、やっぱりV役のウィービング氏は美声です
声音の抑揚、低音の響き、
役に相応しい芝居がかったセリフまわし。
ちょっとした仮面の向きや陰影、身振りでの表現etc…
舞台で経験を積まれた役者さんだけあって、
確かな実力をお持ちです

ナタリーも可愛い
パフスリーブのストライプのブラウスがよくお似合いで。
坊主頭にスカート姿が妙に色っぽかった

う〜ん、やっぱり萌えますね、この映画
『オペラ座の怪人』が好きな人は気に入るんじゃないかな。

いつも偉そうなくせにヒロインに逆ギレされて、とまどうV。
彼女が余所見してる間じっと見つめて、
気づかれた瞬間に目を逸らしたり。
ヒロインと再会の約束をしたものの、
彼女が来てくれるか悶々としてるVとか。
で、ヒロインが約束どおり来てくれたのが嬉しくて
冷静を装いながらも実は内心ルンルンな様子とか。
…萌え〜。

これ、テロを扱った社会派アクション映画なんだけど。
メロドラマの部分がツボにはまりまくっちゃったんだよな。
あと黒マントとか、皮手袋とか、仮面とか、
インテリでアウトサイダーで地下に居住とか…。
しかも真紅の薔薇まで持ち出してきやがって
絶対ファントムを連想しちゃうってばよ!(←ナル○?)

たぶん更に2、3回観に行きそうだな…

もう夢中です。 

April 26 [Wed], 2006, 20:32
今日は授業の合間に本屋へ行きました。
『Vフォーヴェンデッタ』の小説本を買いに!!!

図書館へ戻り、予習を早々に済ませて小説本を熟読

映画には描かれてなかった細かい設定や場面があって
参考になりました…。

そうか、ヒロインは殺人に関わるのが耐えられずに
Vから逃げたのか…

途中、「…?」と思う訳もあったけれど。
そこまで年寄りでもない人物のセリフの語尾に
「〜じゃった。」や「〜かのう。」は頂けません
でも、読みやすかった。

やっぱりVとヒロインのシーンを繰り返し読んでしまう
映画での2人を思い出してしまって。
…あはん。

久しぶりの個人的ヒットですね、この映画は。
映画としては『オペラ座の怪人』より好みかもしれない。
セリフもとても良いし、政治、暴力、
そして報復といったものについて考えさせられます。

Vがドミノを倒していって倒れずに残った、最後の1つ。
小首を傾げて、そのドミノを見つめるV。
それが復讐だけに没頭してきたVの唯一の計算違い、
ヒロインとの出会いと恋、復讐心の変化を表しているようで…。
うっきゃーっっッ(←壊れてます)

ネットで調べたらウィービング氏、身長が188cmもあるんだ
『オペラ座の怪人』のファントム役バトラー氏と同じ。 偉丈夫ですな!
ナタリーは約160cm。 ハリウッド女優さんとしては小柄かな?
でも華奢で上品で、Vとの身長差も良い具合でした

Vフォーヴェンデッタ、初日。 

April 22 [Sat], 2006, 19:49
初日に行って来ました〜。
映画を初日から観に行くのは『オペラ座の怪人』以来。

午前中の英会話スクールを済ませ直行
綺麗で音響設備の良い映画館が好きなので、
いつも行ってる六本木の映画館へ。
土曜という事で混雑を覚悟して行きましたが、
マジ混んでたー

ギリギリ滑り込みで前列の左端の座席。
少々観にくかったけれど、我慢

感想。
まず最初に思ったのが。
「…あれ? ウィービング氏、こんなに美声だったけ?」
V役のウィービング氏、登場してすぐに長台詞を喋るのだけれども
その低めの美声に冒頭から引き込まれてしまいました
ヒロインのナタリーは華奢で可憐だし、
Vでなくてもメロメロドッキューン
そりゃあんな可愛い利発な娘と2人で同居すれば
復讐鬼も感化されるって!!(←オヤジ)

ただ残念だったのが、ストーリーを大まかでも把握していないと
分かりづらい部分が多かったかなと
私は何の予備知識も無く初見したので、
途中話の流れについていけなくなったりして

以下ネタばれ。
話の内容が英国の歴史や
ヒロインとVの関係が『モンテ・クリスト伯』を踏襲している点。
シェイクスピアの戯曲からのセリフ引用など。
文学部の人間としては、内容もとても興味深かった。

ヒロインの根性を叩き直す(←ちょっと違う)のは
グリム童話の『つぐみひげの王様』みたいで。
婚約者と父王に愛想をつかされた高慢な姫が
貧しい男の妻となり、夫に苛められたり
辛い思いもして改心する。 
しかし実はその夫こそ、婚約者の変装した姿で、
姫を改心させるために頑張った…みたいな?
『なか○し』で『くるみと7人の小人○ち』という漫画で
たしかそんな内容だったはず

ネットの書き込みで仮面を被ってるのだから、
ウィーヴィング氏でなくてもいいのでは…
という意見があったけれど、私はそうは思わない
確かな演技力が無ければ、声音と身振りだけで
あの優雅さ、感情表現は無理だと思う。
うん、頑張ったな、エルロンド!(←違うって)

かなり満足出来た映画でした。
パンフレットをよく読んで、また観に行きたいな

勘弁して下さい…。 

April 20 [Thu], 2006, 22:22
今日は授業は無く、バイトのみの日です。
そして、私と仲の良い、ひ○みちゃん&ま○っぺも一緒で
同じ大学で同じ学部、同い年の3人娘が揃いました
新学期の時間割変更のお陰ですな
休憩時間は3人で楽しくおしゃべりできるなぁ、
楽しみだなぁと思いました。
そう思ったのに…。

バイト先には60名以上のバイトが在籍し、
5人の社員さんがいらっしゃいます。
そのうちの一人の男性社員がどうも苦手で。
生理的嫌悪感すら抱いてます

何が嫌って、
呼んでもいないのに話に入ってくる。
その話題はもう終わってるのにシツコク絡んできて、話が混乱する。

今日は特にその傾向が強かった。
バイト始めて1年が経つけれども、
記録を更新したと言っても過言ではない
ひ○みちゃんも「今日は異常だったね」と言っていた
本当に今日は休み時間の殆ど、私たちの所に来ていたし。
3人話かけ易いのがいて嬉しくなったのか?
ひ○みちゃんも、ま○っぺも可愛くて人当たりが良いから。

私たち3人が話していると傍に寄ってくる。
話に入る機会を窺って、背後に立っている。
話に入ってきても、いらん事を言う。

ってか、どうなの?
20代前半の女の子の話にやたら首突っ込んで来るのって。
他の社員さんで、そんな事する人いないじゃん。
物欲しそうな顔して傍に立っているのを視界の端に捕えて
会話に入る隙を与えないよう努力したけれど、
ねちっこく入ってくる…
もう嫌…、しんどい。 うざい。
僕、もう疲れたよ…パト○ッシュ…
いつもなら心で何を思っても、
笑顔で(←強調)適当に流しているのだけれども(←それが奴を増長させたのか)
今日はあまりに酷くて、顔を逸らして無視しました…。

席が近かった先輩ですら
「なんで、あの人こんなに寄って来るの?!」って、うざがってたし。

これから毎週木曜は、こんな風になるのかしら…

焼き魚>初回授業 

April 18 [Tue], 2006, 22:02
今朝、目が覚めた時点から私の精神は。 欲求は。
そして胃は。 
焼き魚を求めていました
是が非でも焼き魚が食べたくて、
授業前に食事する余裕を見計らって家を出たのに
小田急線が遅れやがって(最近ダイヤの乱れが本当に多くて腹が立つ)
12時20分に高田○場駅に到着。
近くの大○屋に行くも、お昼時で列が…
「でも、ここまで来て諦められるかっ!!」
という事で並んで入店。
トロあじの開き定食を食す
時間が無い為、焦りながら魚の骨を除けつつ
大急ぎで完食。
いやぁ、満足満足〜。
なぁんて一息つく間もなく、すぐに地下鉄へ。
教室に到着したのは授業開始から10分後の事で御座いました。

…そうです。 食欲に負けたんです

授業後、前の席にバイトの同僚がいて驚き。

その後、生協で早速TOEICの申し込みを済ませ、
次の授業までの3時間以上を図書館にて過ごす
勉強って疲れるね、お腹すくし。

英語の授業はシャドーイングをするんだって。
予習、復習が厳しくなるなぁ…

TOEIC! 

April 17 [Mon], 2006, 23:38
今日は夕方までバイト、その後登校。

「好色五人女」の演習を受講。
源氏物語寄りの人間なのに、江戸文学の演習。
何故なら演習の種類が少なくて、他に逃げ場が無く
単位取得の為に受講するより仕方なかったのです

先生、その話はもう聞きました。
何回同じ話をなさるおつもりで?
古本ばかりやたらと薦められますが、
古本屋さんと謀ってるんですか?
コピーのプリント、印刷状態が薄すぎます。
読めません。 図書館で原本借りてきます。
そんなこんなで、あっという間に90分終了

そして、すぐにTOEIC対策の授業へ。
先生、紺地のスーツにピンクのネクタイってスゴイですね。
行列のできる事務所にいる○村弁護士に似てますね。
それより何より、内容がまるで某有名予備校の授業。
でもそのお陰で、TOEICについて殆ど知識が無かった私ですら
お尻に火がつきました
就活に向けて11月の時点で最高スコアを出さねばならないと。
600点からが履歴書に載せられて、
11月だと800点、900点狙いはザラだと。
それは物凄くピンチです
英検とは出題傾向が全く違うし、慣れが必要だと実感
問題の解き方は授業でやるにせよ、
語彙は自分でやれとの事で、授業後早速生協へ
単語集と熟語集を購入
なんだか萌えてきた燃えてきた
ここでやらねば、明るい就職は無いもんねっ

Vフォーヴェンデッタ 

April 16 [Sun], 2006, 23:10
ヴィンデッタの方が言い易くないですか?
そう思うのは私だけですか。
そうですか。

CMやってますね。
(縁日の屋台で売ってそうな)仮面被って。
黒いマント翻して。
アミダラ女王が坊主頭で驚きです。

仮面、黒マント、アウトサイダー、何気にインテリ…
「オペラ座の怪人」を連想してしまうのは私だけでは無いはず

しかもヒューゴ・ウィーヴィングでしょ。
マトリックスの仇役、裂け谷のエルロンドですよ!
アルウェーンっ(呼んでみただけ)
コミックヒーローという事は、スパイダーマンやバットマンと同類ですね。
ナタリーちゃんとの恋愛模様は綴られるのでしょうか?
それよりもアクション? 爆発? テロ??
う〜ん、ロマンスも入れてほしいなぁ

公開が待ち遠しいです。

今月中に観に行きたい映画…「プロデューサーズ」「Vフォーヴェンデッタ」

雑誌の何系の女の子かYes・Noで答えて当てはめる項目があり、
やってみました…。
「英会話学校に通ってスキルアップを目指す」
「六本木ヒルズの映画館によく行く」
当たりまくりだぜ、こんちきしょー。
侮りがたし、雑誌企画

外国のCMって… 

April 14 [Fri], 2006, 22:10
今日は三科目連続の時間割で、教室移動が大変だった。

宣伝文研究という授業でカルチャーショックを受けマシタ。
電通の元社員の方が講師として来られて。
AV機器設備のある400人収容出来る大教室で
外国のCMを鑑賞しマシタ。

外国のCMって、時間は長いしストーリー性があるし、
まるでちょっとしたドラマみたいで、とても面白い

キングコングが車を奪って岩に何度もぶつける凶暴なシーンから
始まって一転、それが実は赤ちゃんキングコングが遊んでるだけで
そのうち母親キングコングが現れ赤ちゃんから車(遊び道具)を
奪い返し「遊んでないで早く御飯食べなさい!」と怒る内容の
車のCMとか(笑)

露骨でシュールだったのが避妊具のCMで
女の子が様々な男性遍歴を綴った後に幸せな結婚をするという
「シュ○ック」のような3Dアニメ。
何が露骨って…
性行為の描写が細かすぎ。 時間も長いし。
しかも3Dアニメだから妙にリアルだし。
本当に、本っ当に!本ッッ当に!! ビックリした。
AV教室でAV見るなんて、洒落デスか…???
う〜ん、あれを放映出来るなんて、外国は凄いなぁ

シェイクスピア関連の授業も面白そう。
先生が伊藤み○りに似てる。
シェイクスピア時代は舞台装置や照明器具が未発達の為
セリフで時や場面を表している事を初めて知った。
「あれは雲雀? いいえ、夜鳴鶯」(byジュリエット)
「満天の星!」(byハムレット)
へ〜、なるほど〜

中国語の先生も厳しそうだけれど、
感じの良い方。
2年間易しい先生に教えてもらったせいで
弛んでるから、鍛え直してもらおう
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kima-wisteria
読者になる
Yapme!一覧
読者になる