キム・ヨナ選手のグッズ

キム・ヨナ選手のグzッズを探してみました。
下のとおり、たくさんありました。

★詳細はこちらであう。★

キム・ヨナのスケーティング

  キム・ヨナはアクセルを除く5種類の3回転ジャンプを競技会で使用している。基本に忠実な質の良いジャンプ、流れるようなコンビネーションジャンプには定評があり、技の出来栄えを評価するGOEでも頻繁に+2.00の高得点をマークしている。特にルッツ、3回転フリップ‐3回転トウーループのコンビネーション、イナバウアーからの2回転アクセルを得意としている。キム・セヨル元コーチによると、3回転ルッツは初めての試みでいきなり着氷出来たという。
 3種類の3回転‐3回転に成功している(3回転フリップ‐3回転トウループ、3回転ルッツ‐3回転トウループ、3回転トウループ‐3回転トウループ)。
 スピンやスパイラルシークエンスは、その殆どが最高評価のレベル4を獲得している。特にスパイラルは、最高難度のレベル4を頻繁に獲得しており、2008-2009シーズンの中国杯のフリースケーティングでは、GOEで2.00点加点された。
 2008-2009シーズンのグランプリファイナルでは、地元韓国のソウル近郊で行われたが、僅差で浅田真央に逆転勝ちを許した。しかし、この大会で、総合点が180点を超えたのはキム・ヨナと浅田真央だけで、この二人が世界で超一流のレベルにいることは間違いはないと思われる。

キム・ヨナの私生活

 キム・ヨナ(金妍兒)は1990年富川、韓国生まれ、軍浦に移動したときはキム・ヨナは6才であった。2006年には、カナダのトロントへトレーニングのために移住しました。キムは今、高校生であるが、多くの大学から入学の要請があったようです。それで、キムはキムのフィギュア・スケート選手として充分キャリを継続出来る高麗大学に入学することに決めたそうである。キム・ヨナの最初の大学での学期は2009年3月に開始することになっています。
 キム・ヨナはキムの母親の励ましで6才のときにスケートを始めました。2002年に、キム・ヨナは国際的に初めてトリクラトロフィーで初めての初心者ための試合に出場しました。後にライバルになる浅田真央も同じような経歴で15才くらいでデビューしている。

キム・ヨナについて

 現在の女子のフィギュアスケート界で、代表的な選手であるキム・ヨナ(金妍兒)は日本の浅田真央の好敵手であるが、このサイトでは、キム・ヨナ(金妍兒)について調べたことを書いていきます。
 キム・ヨナは韓国の生まれsw、2007年&2008年の世界銅メダリストで、2006年と2007年の世界グランプリファイナルチャンピオンである。2006年に世界ジュニアチャンピオンに耀き、世界の注目を浴びた。
 年令は浅田真央と同じ18才である。フィギャアスケートの世界戦で金メダルを取ったのは韓国では、キム・ヨナが最初である。
国際フィギュアスケート連盟における女子シングル世界ランキング3位。現在の採点法に変更になって、ショート・プログラム71.95、フリースケーティング133.70は国際フィギュア連盟の歴代最高得点である。