July 09 [Mon], 2007, 12:41
「・・・・・私は今より一層淋しい未来の自分を我慢する代わりに、

淋しい今の私を我慢したいのです。

自由と独立と己とに充ちた現代に生れた我々は、

その犠牲としてみなこの淋しみを味わわなくてはならないでしょう。」


夏目漱石 『こころ』




思えば人の本当の温かさを知らなかった時が一番強かったと思う

一人で何でもできると思っていた

あの頃はまだ生きていくうえでの目的もあった



人の温もりを知ってしまった今、とてつもない淋しさが私を襲う

人の醜い面をみて、絶望してしまう


誰が私を信じてくれて騙さないでいてくれるだろう

だれが私の事を必要として愛してくれるだろう

もういないってわかっているから耐えてきた

こうやって「今」の淋しい自分を我慢してきたけど、もう限界だ




生きる意味も、目的もない




はやく、かえらなくちゃ

無に、かえらなくちゃ

ぐちゃぐちゃ 

June 22 [Fri], 2007, 23:33
あの後、四月からあの年下の男の子と付き合った

最初は躊躇していたけれど、真剣だと思ったから


周りの友達も後押ししてくれた

このこならゆっくりでも、

あの人以上の関係を築けるかもしれないとそう思っていた

所々の仕草がかわいかったり、新鮮だった

私が一回別れたいと一方的に言ったときも

なんとか繋ぎ止めようとしてくれて心の中では正直嬉しかった

やっぱりこの人となら。。。とも思った



でも結局、些細なことが原因で一ヶ月前に別れてしまった

ちょっとした口喧嘩の後、

私はある友達に三年ぶりに会いたくなって一人で一週間旅行した

その間に彼とはまったく連絡をとらなかった

絵葉書を投函したのみ

帰ってきた後、うすうす彼が別れたがっているというのは気がついていた

だから直接聞いてみたらやっぱりそうだった


お互いに求めるものが違っている

お互いにプライドが高すぎる

誰か同じような人がいい


私は、違うところがあるからこそお互いに学び合えるし、

関係も面白くなると説得しようとしたけどだめだった

もとから彼は何かを決断するのにはよく考えてから行動する

一週間は彼にとって別れを決断するのに十分な時間だったと思う

だから彼の意見を尊重しようと思った


でも、友達にはなれない、

友達になるなら今までの事を忘れるしかない、

と言われた時は悲しくて涙が出た

私は今まで一緒に過ごした時間は絶対に忘れないと言ったけれど

とても悲しい


ついこの間共通の友達の誕生日会で会ったけれど、

彼は本当に全て忘れてしまったかのように見えた

普通に挨拶して、ご飯を食べて、カラオケに行って

前に私のためだと歌ってくれた曲をさも関係のないように歌ったり

他の女の子と仲良くしたり

私が前に座っていた車の助手席に

その女の子を当たり前のように乗せたり


そんな光景を目の当たりにして辛かった

彼に会えなくて淋しいから、会いたくて行ってしまったけど

もうやめた方がいいでしょう

余計に辛くなるだけだから



夏の間とか、一年後に一緒に何かをしようとかそんな事も

全てなくなってしまった

人の気持ちなんてすぐにコロコロ変わるものだとは認識しているけれど

結局は私の中では嘘をつかれたというか、

裏切られた感じがして悲しくてしょうがない

彼は他の人とは違うと言ってくれたのに。。。

いずれはどんなに好きだと思っていても終わってしまう

今はあの女の子の事で頭がいっぱいなんでしょう



結局はその子と今日から付き合い始めたと聞いた



だったら最初に決めた通り、もう誰とも付き合わない

それが逃げることだとはわかっているけれど

もう誰も傷つけたくないし自分も傷つきたくない

これが私にできる最大の防御

同じ事を繰り返して傷を付け合っていくくらいなら、

私はずっと独りがいい



この夏は、あの彼に一年ぶりに会いに行く

彼は誰よりも私を理解してくれた人だから

忘れようとしても忘れられない

ゲーム終了 

March 01 [Thu], 2007, 13:17
本当に、バカみたい

年下は新鮮だったのかな?

今まで最低といえるような、

普段なら絶対に相手にしないやつに結局振り回されてしまった


昨日思い切って聞いてみたのに、

状況が状況だからとか言って、意味わかんない


明日話そうとか言って、結局今日は全く話さなかった

やっぱり嘘つきだった


あーあ、忘れようと思うのに考えてしまう

あのメッセの表示メッセージも別の誰かに向けて書かれたものだし




意味わかんない




夏からの後遺症から抜け出せると思ったのに。。。

でもやっぱり、何があってもそれは無理でしょう

一番好きなのは結局いつまでもあの人だから




しばらくは人に頼るのをやめて、自分を向上させよう。。。かな?

未だに 

February 08 [Thu], 2007, 11:31
あれからいくつかの出逢いがあった

あの人より条件がいい人も勿論いたけれど、どうしても比べてしまう


いつも思うのは、彼ほど私を気にかけてくれる人はもう現れないんじゃないかということ


私に必要なのは、私の事を一番に思ってくれる人だから

仕事・地位・容姿とかはあるにこした事はないけど(苦笑)、

私の事を何よりも大切に思ってくれる人がいい



十一月下旬にそんな人に逢った

ほとんどの要素が彼よりも優れていたけど、

きっとあの人のことがまだ好きだったんだろうな

ちょっと邪険に扱ってしまい、罪悪感

そしてどうしてこんな獲物を逃してしまったのかという友達の声 苦笑

だって、気持ちがなかったものはしょうがないでしょう



そして、休み中に寂しさを紛らわすために二人の人とちょっとした事をしてしまった

結局は虚しさが残った




今、やっと真剣な付き合いをしたいと思った矢先、

私のせいで今回の人が逃げていきそうです。。。

年下のせいもあって、からかいすぎたのがいけなかったのかな?

試すような事もたくさんしてしまったし、自業自得と言うんでしょうね

最初は彼の方が私の事好きで、私はただからかい半分だったのに

気持ちがぐらついている

どうしようどうしよう

半年前だったら絶対相手にしなかったと思うのにな

私、今、そんなに寂しいのかな?

一つ気になるのは、私の事そんなに好きじゃないのかなぁという言動があること

それなのに、たまに喜ぶような事も言ってくれちゃう


逆に、私が遊ばれてるのかな。。。?


まぁとにかく、この子は早く対象から外さないと。。。

本気じゃないだろうし、元から相手にするような子じゃなかったし




あの人の後遺症はここまで響いてたんだと思いました


早く、今の状況から私をひっぱりあげてくれるような人に出逢いたい。。。

限界 

November 07 [Tue], 2006, 14:58
誰にも会いたくない




小さい時から人は嫌いだったけれど、最近前にも増してそう感じる




いつも何があっても大丈夫なフリをしているけど、もう限界だ






誰も気付かないだろうけど







彼以外は。







あの人は、私がどんなに平気なフリをしても気付いてくれた


本当の私は脆くて、どうしようもなく弱いんだって。


その度に私は口でこそ否定していたけど、内心ではとてつもなく嬉しかった







あぁ、この人は私の事を解ってくれてるんだって。










でも、今となっては私の事を理解しようともしてくれないだろう









まったく違う世界で、


違うものを見て、


違う事を感じて、


何もかもが擦れ違っていく。






もうあの時のように交わることはない。






もしも、障害がなかったら




一緒にいられたのだろうか?




この行き場のない想いは




どうすればいいのだろうか?











彼と一緒にいた時は、何故か安心する事ができた


人間なんて嫌いなのに。



ありのままの自分をその侭曝け出す事ができた

自分が自然体になれた





あの時まで、彼と会うまでは誰に対しても仮面を被っていたのに







だから今、自分がとても脆くなっている


せっかく強がりという名の壁を自分のまわりにつくって、

傷つかないようにしてたのに


些細なことで自分自身が壊れそうになる

前なら耐えられたようなことも、今となってはそうする事が難しい






あの人は。




あの人は自分のした事を解っているのだろうか?

私と誰かの事を重ね合わせていたと思うけど

あの人にとって私は、それ程の何でもない存在だったということ。




きっと、他の人にもしていたように無意識の内に行動していたんだろうな。


なんて罪深いんでしょう。





私はあなたのせいで一歩も前に進むことができないでいるというのに。



あなたは前とは何もかも違う環境に身を投じてどんどん先へと進んでいく。



後ろを一度も振り返ることなく。

未練 

November 06 [Mon], 2006, 10:27
やっぱり、気になってしまう

もう大丈夫だと思ったのに。。。


メールのやりとりに一喜一憂したり、

返事が遅いといっその事自分からもうやめてしまおうかと考えたり



だって、待つことももうなくなるから



この話を誰かにする度に自分のした行動を後悔して、

どうして素直になれなかったのかと自分を責める


まだ、私の生活の中心には彼がいる

一生消えない


でも彼にとってこの事は痛くも痒くもない何ともない出来事

そう考えるとすごく切なくなって涙が止まらない

あの二週間は少なくとも私の事を考えていてくれたと思うけど

今は前を向いて、そして別の人の事を想っているんだろうな

過去の事を振り返らないで前しか見ない人だから




私はまだあなたのことしか考えられないのに。。。





お互いどうしようもないほど好きだったのに

こんなに擦れ違うなんて。。。

自分の運命を呪う





最初から、出会わなければよかった





もう何も手に付かない

消えてしまいたい

楽になりたい

不思議なくらい 

October 17 [Tue], 2006, 11:33
彼にメールをしたらあっさりと返事が返ってきた

読んでいる時は心拍数が上がってドキドキしたけれど、なんか違う





なんだ






もう、彼の事好きじゃなかったんだ






何故かここ数日で吹っ切れた気がする





どうしていきなりこんな風に感じるのだろう?





なんていうか、今でも思い出すと胸が痛くなったり泣きそうになる


でも、それを過去のこととして受け止められるようになった




そして




しばらく男なんかいらないと同時に思うようになった。。。

これはこれでどうかと思うけれど、前よりかは状態は改善してきている


はず。。。





遅れた分を取り戻さなくては






不思議なくらい、心が穏やかだ




これでようやく私の夏は終わったと言えるのかな?







止まっていた時間が動き出した気がする

今でも 

October 08 [Sun], 2006, 6:48
'i loved you once'

i loved you once. if love is fire, then embers
smoulder in the ashes of this heart.
dont be afraid. dont worry. dont remember.
i do not want you sad now we're apart.

i loved you without language, without hope,
now mad with jealousy, now insecure.
i loved you once so purely, so completely.
i know who loves you next cant love you more

-alexander pushkin








就職先が決まったと聞いた



「おめでとう」



と言いたい


でもここで連絡してしまったらこれからもっと辛くなる



ただでさえ、この事を知り合いから聞いたとき涙が止まらなかった



友達としての関係を彼は望んでいたけれど、

到底私には無理な話だから。

それに彼も今はそんな事は望んでいないでしょう



あのメーリングリストにメアドを見つけたときは焦った

まさかあるとは思わなかったから

でも、それで連絡がないという事は彼にとって全てはもう過去の事


私にとっては忘れられない事



本当に、先のない関係だった

わかっていたつもりだった



彼がもう次に進んでいると思うだけで嫉妬で狂うし、不安になる

そして、次の人は私以上には彼を愛せないという事位わかる

それはほんの少ししか本人には伝えられなかったけれど。。。



それでも彼はその人と一緒に幸せになるのでしょう。




本当に好きだった

もしかしたら、今でもまだ好きなのかもしれない


よく自分の気持ちがわからない

もういや 

September 18 [Mon], 2006, 3:00
いつも周りに振り回されてばかり。

周りの言う事を聞きすぎてしまうから、自分の心が聞けない


特に親


私はいつも彼らの言いなりになって、自分を殺してきた

子供は親の所有物だから仕方がないと言ってしまったらそれまでだけど




彼のことについてもそう

周りの事を聞きすぎてしまったばっかりに、自分の気持ちに素直になれなかった


彼は今、何しているんだろう?

私のことなんかもう過去の事になって、新しい人と一緒にいるんだろうな

考えるだけで虚しくなる




はやく死にたい

 

September 13 [Wed], 2006, 21:26
朝起きると、自然と涙が出ている。

今でも想っているから。


最近よくあの人の夢をみる。



楽しかった頃の私たち。。。



眠りから覚めるその一瞬は幸せな気持ちでいるけれど、

それが夢だと気付いた瞬間に涙が溢れてくる。


これがもうどれくらい続いているんだろう?

そして、これからどのくらい続くのだろう?


涙は枯れる事がないんだと知った。
P R
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像あづと
»  (2007年07月09日)
アイコン画像あづと
» ゲーム終了 (2007年03月01日)
アイコン画像さら
» もういや (2006年10月08日)
アイコン画像あづと
» もういや (2006年10月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:killmeplease
読者になる
Yapme!一覧
読者になる