帰ってきた幽波紋 その2 

2006年12月27日(水) 1時25分
 
  休憩もそこそこに、いざ足を進める!このDio様、少々歳をとりすぎてるため休みを入れないと死んでしまう…


  
  K棚を越えると待ち受ける関門、

  某ヨーロッパ風味のアレ。 

  S高専からも幾ばくかの刺客を送り込んでいるらしいが…がんばれ!!

  と、思いながら通り過ぎる。予想される交通渋滞も軽く余裕で通過する。


  
  

  ついに到着、マイ学校!!

  ついでなので立ち寄ってみたものの誰もいない!!!

  学校の中を暴走した後に即出発!こんなところで寄り道している暇はねぇ!!!


  s世保駅を抜け、SSK、パールシー、ナントカ大学を通り過ぎ愛の浦を目指す!!!

  実はここからは未開の地道が良くわからない!!

  看板に見える平DOの文字と、簡易版マップルを頼りに走る!!

  
  ただひたすら北上する!

  E迎町に到着!どうやら道は合ってるらしい。CMでやってた和太鼓のコンサートがあってるようだ…

  正直言ってあまりに興味が無い…

  するー

  sazaとかkosazaとか通ったけど覚えてない…

  特徴の無い道をただひたすら走る!

  
  しかし、TA平に入って衝撃の映像!!!!

  


カブトムシでかっ!
  軽自動車くらいあるし…


  どうやら昆虫公園(!?)らしきものと思う。

  行ってみてぇ!!!

  が、しかし良く考える…

  真冬にカブトムシなんか見たくない!!

  むしろ見られるカブトムシのほうがカワイソウだ…

  て事で、また来年に来ます。

  さらば!かぶとむし!


 真冬に出会った作り物の節足動物に別れを告げ、なおもDio様と北上する。

 
 山に囲まれた黄色い中央車線が続く道路をただひたすら走り、海にでる!

 向こうに見える島は、まさしく平DO!!!

 あの赤い物体はまさしく平Do大橋!!!

 どうやら旅は終わりに近づく…

 あいかわらずのフルスロットルで、橋を目指す!!

 到着


 料金所で通行料10YENを支払い、Q州本土を一時お別れ。

  こんにちは!平DO!

  ついに平Doに到着。

  近くの展望公園にて腰を下ろす。到着したのはいいが…

 さて、何をしよう?

  よく考えればこの企画、具体的な案がなかった…

 …

 …

 …


よし!





帰ろう!!!



こうして、平Doの旅が終わった…









前半が!!

帰ってきた幽波紋  その1 

2006年12月26日(火) 23時14分

  mixiに感化かされ幽波紋使いであることを忘れつつあったマイ。

  しかし、今宵は違う!

  なんたってX'mas!

  
  民放によって犯された日本…

  あまりに狂っている…

  クリスマスにセックスしない人間は非国民!そのような錯覚に陥ってしまう…

  さすがは資本主義…あまりの商売上手に涙がでてくる。

  それに乗せられ踊りだす日本人…引きこもる日本人…

  男同士で鍋などご法度もいいところ!勘違い!

  大切なものを無くしてしまった人々に手本をみせるべくマイは立ち上がった!!!






   緊急企画

「マイダ!


「クリスマスを知る」

  
  マイの住む土地、ここロング崎はキリスト教に縁のある土地が沢山ある…

  どこへ行けば本当のクリスマスを知る事ができるのか…

  うん、平DO!! 市内は人間のツガイが多いのでここはあえて田舎に行こう!!!!

  しかし、ただ平DOに行けば良いという訳ではない!!マイ愛馬DIO様で行かなければ意味が無い!!!



  今回の企画の方向性はだいたい決まった…

  OH村からDio様(50ccすくーたー)で平DOまで行く!!!!

  もちろん見切り発車なので準備なし。

  いくらかの現金と免許書、マフラーに手袋、それだけを携え家を飛び出しす!!!

  時刻は午後2時

  「死ぬにはいい日だ」


  長い旅路への期待を胸に走る。

  順調に走り出すDio様。フルスロット…

  フルスロットで55km/h

  OH村市内の国道の法廷速度は大体50km/h、

  軽快に軽自動車を抜き去るDio様!さすがDio様!

  しかし、後にコレガあんなことになろうとは…

  途中のM原でDio様エネルギ補充、一気にOH村を飛び出す!


  少し進みセンワタを通り過ぎたくらいに異変に気づく…

  前の車との車間距離がどんどん離れていく!!!!
  
  サイドミラーを見ると後続車はピタリとDio様の尻についている…

  フルスロットル55km/h  法廷速度50km/h  田舎国道

うん、どう考えてもDio様のスピードでは…

  勝てない…

 さすがは田舎道!
まさに国道のカースト制度やぁ!! 

 車体を左に寄せ進路を譲る… トラック怖い…

 だが信号で抜く!
 
  下克上じゃぁ!!!

 「巻き込まれ確認良し」

 その攻防はK棚までくりかえされた…

 

  そして到着!K棚駅!


  経過時間1時間弱!!

  まだ、この旅が長いことを悟らせる…

第4話「クレイジー・マイダは砕けない」 

2006年07月06日(木) 23時31分


駅…

電車を待っているマイ…


ドドドドドドドドドド





なにぃ〜!!!





このネコいつの間にマイの足元にぃぃぃいいいいいいい!!!!!

誰かこのネコが現れる瞬間を見たか?康一君????

しかし、気づかなかった…なぜココにネコが…




はっ!





もしやこのネコ…



スタンド使いぃぃぃいいいい!!



いや、だがしかし奴の幽波紋をまだ見たわけじゃね!!!

落ち着け!落ち着くんだマイよ…

2の累乗を数えるんだ…

2の累乗はデジタルな数字…マイに勇気を与えてくれる!!!!!




そうだ!餌をあたえてみよう!!!

奴の幽波紋を見るまでは油断できないぜ!!!





どうやら、投げ与えたパンは食べるようだな…

しかし、まだ安心はできないぜ、今度は手渡しで渡してみよう…





マイは静かにパンを持った手をさしのべた…


















メメタァ!

ぐはっ!

何だ!?
何が起こったんだ!?


奴のネコパンチがマイの手のひらに炸裂した!

しかも爪をたてて…





もしやこれが奴の幽波紋!?

だったら何てスタンドだ!?マイのスタンドではまったく歯が立たない!!!

悔しいがココは逃げるしかない!

しかし、このマイダ!戦略的に逃げることはあっても戦いから逃げたことは一度もない!!!

また会おう…友(強敵)よ…

第3話「マイダは静かに暮らしたい」 

2006年07月06日(木) 22時46分

 荒行の末にマイダは帰ってきた…

 さらなる幽波紋の向上をはかり…


  再び…

 

新たなスタンド使いへと挑む!!!!!!!

ドキューン

ド ド ド ド ド ド ド ド






前回の島瀬の攻防以来すっかり姿を見せなくなった敵…

マイは、幽波紋とは無縁の生活を送ってました…

すっかりスタンドの牙も抜け落ちてしまったぜ…


 それにしても暑い…っち!何だ?この暑さは…

  「はっ!?もしや…」

時計はとっくに午後7時を回っている!?



なのに何故に太陽があるんだぁぁぁぁあああ!?



ゴ  ゴ  ゴ ゴ ゴッ ゴ



もしかして新手の…








いや、違う…

夏だから日が高いのは当たり前だ…



駄目だ…

マイは求めてしまっている…

最強のスタンドをっ!!!



しかし、マイはそのとき気づかなかったスタンド使いはスタンド使いと引かれあうという法則を…






ニートに転職したい… 

2006年04月27日(木) 8時28分
 毎日毎日が大変です。マイダです…

Q: ところでNHKって何の略か知ってますか?







A:答えは「日本ひきこもり協会」らしいです。

たしかに…

しかし、それを聞いてマイは考えました!!!

Q: 日本引きこもり生産プラントの略称はなんだと思いますか?









A: それは…

TV東京

でファイナルアンサーだと思います。

せめて速報の時くらいアニメやめろよ…
と思う点について…

TV東京が存在する限り「日本の引きこもり問題」は未来永劫だと思います。

第一話  Mai の世界 

2006年04月19日(水) 10時55分

昨日の午後6時過ぎに島瀬公園にてマイは電磁気学の教科書に読みふけっていた…

 日は傾きだし…帰宅途中の人々が早足で家路に急ぐ中、そいつは現れた…

 「もしもし、ちょっとよろしいでしょうか…」
 
 (なんだこいつは…)40代前半のその女性にマイは疑問に思いながらも奴を射程内への侵入を許していた。 
 「最近つかれていらっしゃらないですか?」

 (なにぃ〜、もしやこいつは追っ手では、マイが幽波紋使いということがバレた!?)しかし、そのときのマイは健康そのもの…
先ずは奴の能力を見極めるため様子を見なければ…
  
 「いえ、特に疲れていませんが、昨日も睡眠時間は十分とりましたし…」

 「あ、そうなんですか〜肩とか凝ってますよね?」

 「え、いや特になんともないですが…」

 (くっ、なかなかやるな!だが、まだだ!攻撃はまだ早い!!)内心焦って冷静さを欠いていたマイに突然の不意打ちが…
 
 「セイキって知ってますか?」
 
 「なにぃぃぃ!!!!」

ドドドドッドドッドドドドッドドドドドッドドッド

 突然奴は両手を大きく広げマイの肩を覆うような仕草を始めた

 (やはり、こいつ幽波紋使い!?)

 心なしか、奴の手に挟まれた肩は温まりだした!!<ような気がする

 (くっ!これが奴の能力か!すでにマイは奴の術中にいたということか!?)

 しかし奴の術中にはまってしまったマイには攻撃を仕掛ける隙がなかった…
 
 (これは…何とかしなければやれれてしまう…<入団させられる)

 互いの幽波紋どうしがぶつかり合う緊張状態の中、ふと、一つの足跡が近づいてくる…

 (助かった…マイひとりではこの追っ手を撃退することは不可能…しかし、ふたりなら…)

 足音は、マイの背中で止まった…しかし、そこで予想だにしない出来事が…

第二話  運命の奴隷(in島瀬) 

2006年04月19日(水) 10時11分

 「セイキは流れてきましたかぁ?」

 背中の人物はそう述べたのて両手を広げだした…
 
なにぃぃぃ!!!!!
 
 まさか、こいつ新手の幽波紋使いだとぉぉぉ!!!!!!
 
 (くそ、もうこちらに勝ち目はない…)

 そう勝ち目はない、だがしかし、マイには伝統的な戦闘法がある!!

 それは…

 逃げる!!

マイは、ここぞとばかりに

 「俺は、理科系なんで!!」

 その捨て台詞を残し、追っ手から何とか逃れることができた…

 (しかし、危なかった…逃げなかったら完全にやられていた…おそろしい幽波紋だったぜ…)

  

ピタゴラスイッチの定理 

2006年04月18日(火) 0時16分
http://blog.livedoor.jp/matari5539/archives/50432032.html

ピタゴラスイッチ天才杉

将来ピタゴラスイッチのスタッフになりたいです。

これは受信料払わないといけないと思った…

撲殺されました… 

2006年04月16日(日) 21時00分

 昨日、弟とゲームの片付けの事でもめて殴り合いのけんかになり当たり所が悪く死にました…

 長崎県はもう駄目だよ…
 
 今からでも教育委員会の長崎支部にテロを起こしにいきたいくらいです…

「駄目な大人の中に駄目な子供あり」

マイダ流教育論です。
H中の教師はセクハラとかしてる場合ではないはずでは?ふざけるのもいい加減にしたほうがいいです
まぁその程度の教師を雇ってる所にも問題ありですが…

ジョジョリンピック!? 

2006年04月16日(日) 17時37分

 なんと!?

 ジョジョリンピックなるものがこの世に存在するらしいです…

 しかも昨日に…

 マイ抜きで…

 行きたかったよぉ〜

 くそぉ…  くそぉ…  くそぉ…  くそぉ…  

http://passionet.s77.xrea.com/x/jojolynpic.html
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:killerqueen963
読者になる
Yapme!一覧
読者になる