成果 

March 10 [Mon], 2008, 23:12
結果がでた。

現実ってやつだ。

事実は事実。

受け止めねばならない。

二十日間の死闘だった。

食欲という化け物が猛威を振るった二十日間。

対するこちらの切り札はマジカルドリンク「ドクターバーンズ」

今回は決着をつける。

そのはずだった。

いくら素晴らしい魔法も、使い方を間違えてはその力を発揮できない。

正しく使う。

これが今回の闘いの勝敗を分けるポイントだった。

そう、だったのだ。

振り返る。

この二十日間を。

勝利を、栄光を手にするために、俺は、正しく魔法を使えていただろうか。

答えは……ノーだった。

覚悟が……

覚悟の量が足らなかった。

結果が物語る。

甘かった。

自分の考えの甘さに、ただただ幻滅するばかりだ。

ふう。

いや、わかっていた。

気づいていたよ、実際。

世の中そんなに上手くいくはずもない。

そんな事も分からないほど夢見がちなボーイじゃないさ。

だがね、

全てが予想通りかといえば、そうでもない。

そうでもなかったのだ。

随分前置きが長くなったが、

結果。



体重 2.5s減

体脂肪率3%減



トータルね。

あくまでトータルの結果。

一応、成果があった。

嬉しい。

成果があったのだ。

大きな声じゃ言えないけどね、正直自信なかったの。

良かった。

本当に良かった。

これでも、自分なりに闘ってはいたのだ。

その苦労が、流した涙が、多くの犠牲が、

無駄にはならなかった。

それだけでも、自分で自分を褒めてやりたい。

そんな思いで胸がいっぱいである。

そして、

忘れてはならない存在。

ありがとう。

ありがとう、「ドクターバーンズ」。

あなたに頼りっぱなしの二十日間でした。

ありがとう。

ありがとう。





だが、

だが闘いが終わったわけではない。

だろう。

結果が希望に遠く及んでない。

まだ、体は牢獄に囚われたままだ。

そう、闘いはこれからなのだ。

この後のバーンズ効果にも期待したいところだ。

今一度、

今一度決意を新たに闘いに臨まねばなるまい。

よし、がんばる。

がんばるぞ。



そのまえに、

今日痛めた腰を治してから。

ね。



シャレにならんくらい痛い……。






心の声を聞け 

March 09 [Sun], 2008, 19:01
心が折れる。

そんな表現を目にした事はあるだろうか。

体験した事は?

体験した事がある、という人に聞きたい。

では、その心の折れる音を聞いた事は?

先日、その音をはっきり聞いた。

そう、自分の心が折れる音を。



パソコンの調子が悪いと感じていた。

なんか反応悪いな、と。

それがだ。

このブログを書いている時に悲劇は起こった。

けっこう長めだがいい文が書けたと喜んで公開しようとしたその時、

突然のバグ。

混迷する画面。

混乱する自分。

ウイルスに侵されたかのようにコントロールを失い、制御を許さない。

リセット。

苦渋のリセット。

もう一度、落ち着いて立ち上げなおす。

奇跡を願う。

ただ、シンプルに奇跡を。

しかし、

案の定、書いたブログは完全に消えていた。

メシッ

心が軋む音が聞こえた。

痛い。痛すぎる。

何故?何故バグった?

やめてよぉ、ホントさぁ。

気を取り直す。

大丈夫。

普通に動く。

もう一度。

内容はギリギリ憶えいる。

いける。

そう、もう一度だ。

しかし、思ったより進まない。

時間ばかりが進む。

歯を食いしばって書く。

やっと

やっとの思いで書きあがる。

やった。

やっと終わった。

よし公開。

消える画面。

突然開くトップページ。

あれ?

なんで?

あれ、なんで?

戻れない。

何をどうしても書き終わった文章が出てこない。


ボキッ


大きな音が聞こえた。

心の、芯の、深いところで。

何かが折れる音がはっきりと。

どうして……

どうしてこんな事に。

ボキッて言ったよ。心がボキッて。

こんなにはっきり聞こえるんだね。

あはははは。

涙が出るね。

その後、パソコンがまともに機能しなくなった。

あげく、壊れやがるとは……。

涙が、止まらないね。



なんとか友人に直してもらい、復活。

良かった。

直って良かったよ。

さて、ダイエット。

まだあと明日の一日分「ドクターバーンズ」が残っている。

明日、またこれまでの結果を発表しようかな。

自分でも知らないのだ。

体重計に久々に乗る。

ドキドキするなー。

どうかショックな結果ではありませんように。

ほら、今折れやすくなってるからさ。

一応添え木してあるけど。

今度ボキッていったら……



信じてるからぁぁぁ。


あと三つ 

March 07 [Fri], 2008, 1:26
ダイエットを始めて二週間以上過ぎた。

マジカルドリンク「ドクターバーンズ」も残りあと三つ。

何かトラブルでもない限り、このままちゃんと飲み続ければあと三日で魔法が切れる事になる。

あと三日か……。

不安だ。

はっきりいって不安だ。

しかし

「バーンズ理論」によれば、飲み終わってからも効果を発揮するらしい。

リバウンドブロック。

いや、勝手に名付けたのだがね。

つまり、バーンズ効果によってリバウンドしにくい、太りにくい体になっちゃうらしいのだ。

素敵だ。

素敵過ぎる。

ダイエットにとって最大の敵は何か?

それはリバウンドであると言っても過言ではないだろう。

リバウンド。それは暴力。

リバウンド。それは呪い。

リバウンド、それは狂気。

リバウンドと言う名の悪魔は、下手すると命すら奪いかねない凶悪な力を持っている。

怖いね。怖過ぎるね。

しかし

バーンズは、その悪魔から守ってくれるというのだ。

敵は悪魔だというのに。

エクソシスト。

我々(デブ)を悪魔の呪いから守ってくれる、神の使い。

そう、エクソシストだ。

助けて、バーンズ。

今こそ呪文を!

リバウンドブロック!!


ふう。


信じてるから。


痩せる 

March 01 [Sat], 2008, 23:41
人は何故痩せるのか。

健康のため?

理想により近づくため?

誰かを見返したいから?

色々だろう。人それぞれ色々。

だが

一番はやはり、恋しちゃったから

ではないだろうか。

これは効くよね。

湧き上がるね、やる気。

では、痩せるのは恋してからでいいのだろうか?

否、否である。

遅いとは言わない。

しかし、その恋の成功率に大きく作用する事は間違いない。

はず。

転ばぬ先の杖。

だからこそ、恋したいと思っているのなら

ちょっとでも思っているのならば

迷わずダイエットを実践すべきなのである。



そう、だから痩せないんだ。

恋しとらんからいけないんだ。

そうだ、そうに決まってる。

だからだ。

あの、あんなに肉の牢獄から出たいと願ったあの思いが、どうして空回りするのかと。

理由があったわけだ。

納得。



体調はいいんです。

健康バンザイ。

あとは数字がでてくれれば……。

苦戦!本当の敵は自分!? 

February 28 [Thu], 2008, 20:04
体脂肪率2%減

体重2s減


これが今の所の成果である。

順調だろうか?

否!否である。

夕食を食べていないのだ。

もう少し落ちてもいいはずである。

何故?

理由は明白だ。

いつもより余計な所で食べているのだ。

朝に、昼に、三時の休憩に。

いつもより余計に、いつもは食べないモノを、ついついパクリと食べてしまっているのである。

だめだ……。

ダメ人間だ……。

そこで食べたら意味がないのは分かっている。

せっかくのバーンズ理論が台無しなのも分かってはいるんだ。

思わぬ苦戦。

結局、倒すべき真の敵は己の中にいるということだな。

強い、強いぜ……俺。

しかし、この食欲という名の最強の暴君に勝たねば、明るい未来は見えてこない。



あきらめたらそこで試合終了だよ。

俺……バスケがしたいです。

俺達は強いっ!



よし、気合入った。

負けないぞ!




空腹マン 

February 27 [Wed], 2008, 0:33
飲んでから随分日が経ってしまった。

感想。

ハラが減るんですよ。

ようは夕飯を抜くわけですよ。

抜いた分そのまんま空腹。

こいつぁ、くるねぇ。

つらいの、ねえ、つらいの。

味はそんなに悪くない。

色々種類があるのもイイ感じ。

ただね、苦行であることには変わらないのだな、と。

監獄から出るのは、簡単なことではないのだな。

あぁ、脱獄したい……。

脱デブ 

February 20 [Wed], 2008, 21:13
デブである。

デブなのである。

はぁ、朝起きたら痩せてねーかなぁ。
である。

無論、そんな魔法を唱えられるはずもなく、ただただ喋るお肉である事を認識しながら生き続ける事三十年である。


もうそろそろやめてみようか。

もうデブいいだろう。

あきた。

そう、あきちゃった。

一大決心。

今年は痩せてみる事にしました。

さよなら、ブタキャラ。

さよなら、肉の着ぐるみ。

好きな食べ物の欄に炭水化物って書くのも卒業だ。

ウエルカム、パーフェクトボディ。


問題は痩せ方だ。

デブをあなどってはいけない。

デブとは牢獄である。

ぜい肉という名の罪を背負った罪人を閉じ込める、脱獄不可能な牢獄。

アルカトラズである。

このブタのアルカトラズから出所するのは、並大抵の努力では適わない。

もちろん罪の重さに比例して。

随分罪を重ねちまったな……。

何をしたのかって?

見りゃ分かるだろ。

色々さ。

殺人以外は何でもやった級の色々さ。

一生出所れないと思ってた。

シャバの空気なんて、はは、もう思い出す事もないと思ってたよ。


そう、アレに出会うまでは。


出会っちゃったんだよ、ミラクルに。

神からの贈り物かと思ったね。

正確には友人のすすめがあったのだが、まぁそんな事はどうでもいい。

とにかく手に入れたのだ。

魔法を。


その魔法の名は、ドクターバーンズ。


知ってる?飲むだけで痩せるんだと。

痩せちゃうんだと。

え?あぁ、違う。そうね、そりゃそうだ。

飲むだけで痩せるわけないじゃない。

落ち着こう。

説明をよく読む。

どうやらドクターバーンズとは、食事の代わりに飲む、食事置き換え型代謝サポート飲料という事らしい。

なるほどね。

食事の代わりにね。

効きますかねぇ。

バーンズ理論というものを基に開発されたこの飲料は、ただ痩せるのではなく、「食べても太りにくい体」「代謝バランスの良い健康な体」に導いてくれるらしい。

素敵じゃぁん。

まさに魔法じゃぁん。

この00理論ていう響きがいいね。

ただね、一食置き換えるってのがねぇ。

我慢できっかなぁ。

美味いのかなぁ、バーンズ。

運動とかもしたほうがいいのだろうか。

まぁ、いい。

とりあえず飲んでみる。

まずはそれからだろう。

期待してるぜぇぇぇ。


このミラクルドリンクが、俺をアルカトラズから救い出してくれる事を祈りつつ


レッツ!ドリンキング!!























P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:killbaan
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像康之
» 痩せる (2008年03月03日)
Yapme!一覧
読者になる