吠えたり噛んだりする愛犬に思いについて

March 03 [Tue], 2015, 10:44
吠えたり噛んだりする愛犬に思いめぐらせている人は少なくありません。犬は犬としての特性に準じてそのように振る舞うだけなので、訓練士さんと一緒になって訓練できるようになりましょう。犬はふつう寒さがこたえないという一般的イメージが持たれていますが、犬種やその子によって違います。どの国の犬かとか毛が長いか短いか、大きさにより、大きな差があるんです。「うちの子は私の気持ちをよく知ってるの!」と、よく聞きます。親としてはちょっと自慢です。でもそれ以前に、親であるあなたが、犬の心の中に何があるかちゃんと把握できるようにしましょう!

ワンコであっても風邪にかかることも。ずっと以前は、乾いた鼻だと病気にかかっていると一般的に言われていましたが、それは正しくないらしい。元気がダウン、食欲がダウンした、が病気の兆候です。男の子のワンコは大人になると、喧嘩になることが増えるものの、それは自然の摂理に従ったことと言えます。犬を連れている人が喧嘩に発展する状況を避けるよう、どんなときも注意することをお薦めします。吠える犬の場合に、声帯を除去する処置法が選択肢にあります。その一方で、犬の性質もあるとはいえ、住宅環境を考えてから飼いはじめるとか、吠えグセを治す訓練をするとか、他の選択肢もあるはず。

いつになく長いお留守番させた後に戻ったら、本人の意志にも反してうれしょんしちゃった!そんな犬の姿が可愛いとは思うけど、お掃除たいへん!疲れてるし、それは勘弁〜犬にとって気持ちいい時というのは、どのようなことをしている時?おなかいっぱいになった時、日向ぼっこしている時、お散歩している時、飼い主との遊びを楽しんでいる時・・・。犬だってお風呂上がりは気持ちいいと思うのかな。ワンコによる誤飲はなかんづく避けなければなりません。犬には消化できないもの、大きい為にウンチで出せないもの、傷つけるもの、薬品や犬には毒になるもの、様々な状況があります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kilhs2a
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる