武者絵のぼりを作成する事について

October 08 [Wed], 2014, 17:39
武者絵のぼりと呼ばれる物が、昔からこの日本にはございました。端午の節句の際に活用された物だとされ、男児の健康と出世を願って立てられたのだとか。
武者絵のぼりに関しては、さすがに昔過ぎる事なので、実態が曖昧な面が多く、本当の所はどうだったのだろうか?と言う、はっきりした事が言えない状況となっております。



〜〜〜メニュー〜〜〜
・武者絵のぼりが活用されていたのはいつ?
・武者絵のぼりを作成するのは難しい?
〜〜〜〜〜〜〜〜



・武者絵のぼりが活用されていたのはいつ?
鯉のぼりが端午の節句に飾られる様になる以前に活用されていたと言う話を伺っています。もちろん、コレに関しても事実を確かめ様のないほど昔の事になりますが、文献などにも記載されている事なので、間違いではないようです。始まったのがいつなのか?廃れたのはいつなのか?その辺の明確な記述はありませんけど。

鯉のぼりの意味は、立身出世です。もちろん、健康とか長寿とか、そうした物も含まれているでしょうけど。意味合いに関しては、武者絵を設置していた時から継続されていると言えます。それは今でも継続されていると言う事を考えると、歴史が長い慣習であり、行事であると言えます。

武者絵のぼりのデザインには特徴があります。やっぱり、古く良き日本の伝統工芸品である事が確認出来るのではないでしょうか?日本人独特の美意識をふんだんに盛り込んだ、美しい絵柄が特徴的です。



・武者絵のぼりを作成するのは難しい?
武者絵のぼりをオリジナル制作する事は、現在、非常に難しいです。元々の慣習に倣い、端午の節句に飾りたいと思われる方もいるでしょう。お気持は分かります。

武者絵のぼりを製作出来る場所が、限られている・・・と言うのが、難しいとした原因です。デザインが、独特な点が、更に難しさを加速させる要因になっているのではないか?と思います。

のぼりに入れる、武者絵の描き手は少ないです。コレが仮に多く存在しているのならば、もしかしたら、現在の様にほそぼそとではなく、嗜好品の一つとして一定量の製作が続いていたかもしれません。

武者絵のぼりの作成は難しいです。ですが、可能です。まだ、専門に制作している工場が存在しているからです。だから、どうしてもとお求めになるならば、お問い合わせしてみては如何でしょうか?