2007年02月06日(火) 23時48分
今日はTが仕事明けで一緒に過ごす予定だった。
少し早いけど、バレンタインのプレゼント代わりに
放置してある車の廃車手続き一式を一緒にする予定だった。

運転手のTが今回は少し長距離を走ったので
二人にとっては(つかの間?の)休息の予定だった。

今朝、メールで「何時頃になりそう?」なんてやりとりをしつつ
「お昼過ぎになるから」と言う返事が返ってきたので、
夕べも寝てないあたしは、少しのんびりと待つ事にした。

タイミング悪くトイレに行ってる間にメールをもらってたらしく
友達からのメールでTのメールに気付いた。

T:「今日予定変更になって、○田で積込みになったから
  明日でもいいかな?」

友達:「T、セン○ラルにいるぞ」

この二件のメールを一緒に見たのだ。

Tとは、パチンコ&パチスロ禁止という約束をしてて
ぶっちゃけ、3日の夜を除いて、その他はちゃんと守ってた。
たまーに行きたくなるんだけど、この1万円で何が出来る?って
自分に言い聞かせて、本当にずっと我慢してた。

Tは、今日「あたしと会う約束」を破った挙句、禁止してた事も破ったのだ。

この「ダブルの約束破り」にはさすがに腹が立ち、
いてもたってもいられなくなったあたしは、タクシーでパチ屋へ行った。

素知らぬ顔して隣に座り 「何してんの?」の声に
Tはビックリして、声も出ない。

T:「どうしてもパチりたくなって、昼休憩もらってココに来てた・・・」

その言葉にキレたあたしは、何でも良かったんだけど
しばらく打ってなかった沖スロコーナーへ。
台もどれでも良かった。
日頃ケチケチしながら過ごしてる自分がアホらしくなって
とにかく!!目の前でパァーーーっとお金を使いたかったのだ。

目の前で、1万・・・2万と使っていくあたし。
何度か話しかけられたけど完全無視状態。

T:「俺、積込み行ってくるね・・・」

そう言い残しTは居なくなったが、この怒りは簡単には収まらない。
3万・・・4万と使っていくと「まだやってたの?」とTからのメール。
「今日これで上がりだけど、どーします?会う?」のメールに
今日の約束、完全に忘れてるのを再確認したら、
頭から煙が出てきた。マジで。
あんまり腹立ちすぎて、手が震えてんの。

もーどうにでもなれ!!状態になったあたしはアクセルベタ踏み状態。
(でもコレは支払い分・・・とお金を別にしたのは内緒w)
そこから5万!6万!と簡単に消える消える。
途中、精神的にメゲそうになったので、次女&三女にヘルプを出し、
癒し&励ましてもらって再び開始!!

「今5万終了ー」とメールを打ったら、「そろそろ止めておいたら?」と返事が来たので
「大事なコトは、メール&電話じゃ駄目だって言ってんでしょ?」と再びメール。
「何、来いって?」と返事が来たが、そのまま無視。
7万使い切る頃にTが来て、自分も打ちに行こうとしたから
「悪いけど、今月お金貸せないからね?」と話したら隣へ着席。
また1万崩してきてもらって、8万使い切った所で、やっとBIG。
(BIG来なくても良かったのに)

8万円分を打つってマジで疲れた。
目の前で、お金を使ってやった達成感で満足なあたしは
「打つ?」とTと代わって、1箱と下皿分を打たせた。
下皿が終わった時「どーする?」って聞かれたから
「たまに打ちたくなるんでしょ?だったら、ココで打てば?」と
無理矢理1箱打たせる。

その間、何も話さずただ黙々と消化するT。

結局、全部呑まれて終了。

あー気分も財布もスッキリ!!

Tとは、ほとんど会話もせず、そのまま自宅へ帰ってきて
今度はAと日課の電話を始める。

「何かあった?」の問いかけに黙っていると
「話しなさい」と言われ・・・まさかスロットで使い切ったとも言えず
頭にきてたとは言え、やってしまった自分の行動を後悔した。
結局Aには「集金出来なかった・・・」と嘘をついた。

Aは「やっぱりね。そうじゃないかと思った」と笑い飛ばして
「俺が穴埋めしてもいいけど、ボーナスまで1回しか会いに行けないよ?
 我慢できる?寂しくない?」と心配してくれて・・・
情けなくて、泣く事しか出来なかった。

Aは、そんな無茶苦茶な行動をとるあたしは想定内らしく
最初は、良いように利用してやれ!って思ってたけど
いい加減こんな事が続く度に、尻拭いしてくれて・・・
迷惑しか掛けてないし、すげー冷たくしてるのに
「おみゃーさんと話せるだけで満足なんじゃ」って
そんな風に言ってくれるAに、罪悪感が募ってきてて苦しい。

あたし一体何してんだろう。

嘘って、つくのも嫌だし、つかれるのも嫌。

ごめんね・・・A。

娘の成長 

2007年02月05日(月) 5時02分
三女の成人式の写真を見ていた。

三女にピッタリくっついて満面の笑顔でいるのは娘。
まだ1年しか経ってないのに、なんて幼い表情なんだろう。

自分にとっての1年は、あっという間に過ぎてしまって・・・
何も変わり映えもなく、去年と同じ事を繰り返してるというのに
娘は、顔つきも、体つきも、急に成長してしまったみたいだ。


懐かしい。


まだ幼い表情の娘が、写真の中から「お母さん」と呼んでいるような
その場のやりとりが、まるで映画を観ているかの様に見えてくる。

なんて子供の成長は早いのだろう。

取り残されて、今だに親になりきれてない自分が恥ずかしい。
まだ私の側で甘えながら「お母さん」と呼んでて欲しい。
まだ子供のままで居て欲しい・・・まだもう少し。
あともう少しだけ、子供のままで居て欲しい・・・
そう思うのは親のエゴかもしれない。

でも、まだ親らしい事は、何もしてあげてないよ。
一緒に遊園地行ったり、一緒に公園で走り回ったり・・・
一緒に・・・。一緒に・・・。まだ何もしてないよ。

先に行ってしまわないで・・・思わず引き止めたくなる。

娘が私に意見するのは、成長してる証拠。
娘が私を気遣ってくれるのも、ちゃんと成長してる証拠。
色んな事に興味を持ち、自分の世界を築こうとしてるのも成長。
お友達優先になって来たのも成長。

貴女がまだ赤ちゃんで、手がかかる時期は
「早く大きくなってくれれば良いのに」なんて思ってたけど
いざ離れて行くと、心配で、寂しくて仕方ない。
親って勝手なもんだね。

自分の気持ちに流されて、八つ当たりする時もあれば
貴女が一人で過ごしたい時に限って、やたらと構いたくなる。

でもね・・・言葉は汚いし、キツイし、怖いけど
誰よりも貴女の事、思ってるのはお母さんなんだからね。

貴女を守る為なら、この命を差し出してもいい。
貴女の命がもし危うくなったら、お母さんが代わりになるから。


貴女は私の、一番の、大事な、大事な「宝物」なんだからね。


どうか、健康で、思いやりのある娘になって。


寂しいけど、それがお母さんの願いだから。

葛藤 

2007年01月26日(金) 20時02分
産みの親。育ての親。

ここ最近ずっと調子が悪く、自分は娘に対して
何もしてやれてない。

学校のお弁当作り、習い事の相談、友達との遊びの計画。
毎日のスキンシップや会話・・・全てにおいて。

見かねた両親が、手を差し伸べてくれてる。

でもそれも今の私には「余計なお世話」にしか取れない。
何とも情けない。

親や家族が心配し、娘や私に対してチカラを貸してくれているのに
それすら受け入れる事が出来ないのだ。
逆に、邪魔、うっとうしい、娘を取られる恐怖、親という立場の剥奪
そんな風にしか感じ取れない。

コトの発端は、娘の習い事として「和太鼓」なんかどうか?
働いてない経済的余裕の無い私に代わって
両親が月謝を出し、その際の送迎もしてもいいから
娘に和太鼓を習わせてはどうか?という話しからだった。

三女からはそれとなく話しは聞いていたものの
両親からは何も相談はなく、ただ娘がとてもはしゃいでいた。
その日も普段とは何ら変わりなく、夕方を向かえ次々と家族が帰宅していた。
しかし、急に私の許可も、話しもなく、オカンが娘を連れて
勝手に「体験見学」に行ってしまったのだ。
帰ってきてからの娘は、どんだけ魅力的だったかを興奮気味に
私に話してくれたが、私はどうしてもその行動を許せなかった。

何故、親である私に、一言伝えてくれなかったのか?
何故、親である私の許可なく連れていってしまったのか?

私は急に子供も取り上げられた気がして、興奮しながら話す娘を
制し、結局は八つ当たりをしてしまった。
何故そんな行動をとったのか・・・その場では理解出来なかったが
やはり「子供を取り上げられる恐怖」が私をそうさせたのだろう。
後から、その自分の言動を後悔し、同時に恥じた。
自分の心の狭さに、自分の視野の狭さに、自分の大人としての言動に
自分が自分で嫌になった。ショックだった。自分に愛想尽かした。
同時に急に身体中の力が抜け、何も出来なくなってしまった。
何も考えたくない、何もしたくない、何も。

ただ布団に横たわり、寝たきりの病人みたいに何日かを過ごした。
私は過食をする事はあっても、食べない事は滅多にない。
でも、食事も喉を通らなかった。

ただただ寝て、起きて、泣いて、ボーっとして・・・の繰り返し。
気づけば泣いてる。今もそう。
自分の訳の解らなさに、訳の解らない孤独感、空虚感に
ただ泣くことしか出来ない。
泣いても、何もならないのに。何も変わらないのに。

Aとは毎日電話をするので、その時、その時の気持ちを話したが
自分で何を喋ってたかは、解らない・・・記憶が曖昧。
消えてなくなりたい、消えてなくなれればどんだけ楽なんだろう
そんな事ばかりが、頭ん中をグルグル回ってる。
A曰く、私は「産みの親」で、両親が「育ての親」との事。

両親からしたら、私は初めての子供。
何かしら夢を抱きつつ子育てをしたものの思い通りにはいかず
結局、私の子育ては失敗した。
その後、次女、三女を授かったが、二人とも成人し子育ては終了。
次女に関しては解らないが、三女に関しての子育ては
両親が満足出来るほど、手をかけたので、言わば三女が完成品。
両親から見た私は「不良品」だ。

たまたまそんな折、身近に「孫」という子供がいる。
両親は、私と「孫」をタブらせて、私の失敗を取り返そうとしてる。
三姉妹の子育てを終えた両親は「子育てのスペシャリスト」な訳だ。
みんながそれぞれ巣立ってしまい寂しさを感じてる今
「母親に育ててもらえない孫」がいたら、そりゃー手を出すわな。

だから私は「産みの親」な訳で、両親が「育ての親」という見方が出来る。

今まで散々、私に対して様々な子育てを試してみたが結局は失敗した。
孫には可哀相な思いをさせたくないから、私に対して
「子育て」のアドバイスも散々したが、結局は何も変わらなかった。
そんな私を両親は見放したのだ。
親離れ、子離れとあるが、家は親離れも、子離れも不完全だった。
発病してもうすぐ6年になる私との共同生活や、私の介護も
もうやり尽くしただろう。
誰かこの手のかかる私を、拾ってくれる人がいるんであれば
どうぞそちらで世話になりなさい。もう私には手を尽くした。
私が育てられない娘を、あなたの変わりに育ててあげるから
どうぞその惨めな姿を見せないで下さい。目の前から消えて下さい。
もしかしたら、そんな思いを両親は抱えてるかもしれない。

だとしたら、私はこの家にとって邪魔な存在でしかなく
娘にとっても私は、必要ないのかもしれない。
大好きな、じいちゃん、ばあちゃん、おばちゃん二人と
仲良く、楽しく過ごして居た方が、みんなが幸せなのかもしれない。

離婚してから、今まで私が頑張れたのは娘がいてくれたおかげ。
でも、娘の本当の幸せを願うなら・・・考えたくないけど
本当は嫌だけど・・・娘は「育ての親」に任せて、離れて暮らした方が
いいのかもしれない。

娘と離れて暮らすなんて、今まで考えたこともなかったが
母親なら娘の本当の幸せを考えてあげなくちゃいけない。
今、私は葛藤の中。
「産みの親」「育ての親」考えなくてはいけない。




オトン 

2007年01月19日(金) 7時46分
今日はキキョのオトンについて書いてみよっかな。

一言で言えば「情に厚く、お人好し」なタイプ。

今でこそ年を取って、昔はデカかった背中が随分小さくなった。
白髪も増えたし、だいぶ髪も薄くなってきた。

昔はキキョが寝てから帰って来て、キキョが起きる前には仕事に行ってた。
当時は、両親、祖父母、オトンの妹2人、キキョ&次女の8人と大家族。
キキョは父方&母方共の「初孫」だから、みんなにすごく大事に大事に
育ててもらった。

オトンはじーじと二人で、砂や砂利を運ぶ運転手として
家業を頑張ってた。
だから小さい頃にオトンに遊んでもらった記憶はほとんどない。
その頃のオトンは平日は仕事。休日は朝から草野球で
家にもあんまり居なかったかなぁ?

すごく厳しいオトンで、箸の持ち方や食べ方、挨拶、生活態度等々
オトンの「鶴の一声」で全部しつけられた。(正確には祖母と二人係でw)
物心ついてからはオトンが家にいると、すごく緊張した。
当時キキョが可愛がってたインコが死んだ時、
普段冗談なんか言わないオトンが「焼き鳥にして食べたぞ!」って
言った時は本当にショックで、オトンなんか大っ嫌い!!って思ったなw

幼い頃のキキョが覚えてるオトンとの思い出は、
お正月に学校の校庭で凧揚げをしてた時、凧糸が重くて重くて
手が痛くなったから、キキョは手を離してしまったの。
そしたらオトンが猛スピードで走って行って、半分飛んで行きかけた凧を
ジャンピングキャッチしてくれて「ほら、今度は離すなよ」って取ってくれた。
普段オトンの走った姿なんか見たことなかったから、
キキョは今でもすごく覚えてる。

オトンは先見の目を持ってる人で、仕事も砂利屋から
建設業へと大きくした。会社組織にしたのもオトン。
その為の努力も惜しまない人で、これからは資格時代だ!と言って
色んな資格を、片っ端から取って行った。
じーじの興した家業を、株式会社にしたのもオトン。
関連会社として、当時ではまだ珍しいゴミ処理場に目を付け
それを設立したのもオトンだった。

話しは前後するが、キキョが小さい頃、オトンは仕事が忙しくて
キキョの幼稚園や学校のイベントには一切来てくれなかった。
当時それに対してキキョは不満だったけど、後からこっそり
オカンに教えてもらったのは「感激屋さんで、みんなの前で泣くのが
恥ずかしいから行かないのよ」との事だった。
でも幼心に、キキョは両親にすごく褒めて欲しかったんだ。
一番上で甘やかされて育ったキキョ。
最大のライバルの3つ年下の次女が産まれてからは、いつも不満だった。
甘えん坊で、寂しがり屋なキキョは両親に構って欲しかった。
でもワガママで、頑固な次女には勝てず、毎日喧嘩もしてたけど
結局「お姉ちゃんだから」と何でも次女に譲ってたような気がする。

オトンは学生時代は「重量上げ」の選手で、しかも見た目も
かっぷくが良くて、一見ヤバイ人に見える(笑)
水虫がひどかったから、いつも雪駄を履いてたし。
ガニ股で、肩で風を切って歩くような人だった。
だから夏の七○まつりに行くと、人ごみで歩けないハズなのに
オトンの周りは何故か空間があき、歩きやすかったのを覚えてる。
他の人は「ヤバイ人だと」勘違いしたのかな?

キキョが思春期に入って、親に反抗するようになってからは
オトンとのバトルが絶えなかった。
オトンはキレると手がつけられない人で、表からは見えない
太もも、ケツ等、同じ所を何度も蹴る人だった。
それどころか「学校なんか止めちまえ!!」と制服と教科書を
ビリビリに破かれて、窓から捨てられた時は、血の気が引いたね。

キキョが若い頃、門限があって、次の日が仕事の時は「夜10時まで」
次の日が休みの時は「夜12時まで」だった。もちろん泊まりはダメ。
当時は何でこんなに厳しいのか理解できなかったケド、
すごく心配してくれてたんだね。ごめんね。

いつも、いつも、カッとなって、やり過ぎるオトン。
でもキキョが眠りについてから、必ず寝顔を見ながら
「ごめんな」と泣いてたらしい。

そんなオトンに、最後まで譲らなかった妊娠。
アレが初めての「反抗」だったよね。
結局、折れてくれて、結婚を許してくれてありがとう。
破綻するだろうって、解ってたから反対してたんだよね。
でもあの当時のキキョには解らなかったんだ。
今なら解るよ。何であんなに反対されてたか。

結婚式の時、キキョの手を引きながら
「足元気をつけろよ」って掛けてくれた言葉今でも覚えてる。
頼りない旦那に「頼むな」って深々と頭を下げた姿
今でも覚えてる。
いつも、いつも、キキョをいっぱいの愛で包んでいてくれた。

すごく寂しがり屋で、不器用なオトン。
キキョも不器用だけど、本当は大好きなんだよ。
キキョの自慢の、すごく尊敬してるオトン。

お願いだから、仕事がどんなに忙しくても
何かを食べて、お茶位は飲んで仕事してね。
でないと、また具合悪くなるよ?

いつまでも魚屋さんみたいな
元気なオトンでいてね。

あーイヤんなる 

2007年01月18日(木) 6時57分
もー治そうと思っても全然治らん昼夜逆転。

ここんトコ、ずーっと夜行性なキキョ。
マジたまんねぇ。

大体の一日のサークルは、
16時頃メシ食べて寝る、22時半頃起きだす。
そのまま朝まで行動し、娘を送り出す。
気になる番組がある時は、そのままテレビを見続け
お昼にAと電話。
ボーっとしてると15時半位に娘が帰ってくる。

延々このパターン。

夕方の食事以外は、ほとんどがお菓子。
どうしても家族と一緒に食事をしたくない。
栄養的に最悪だから、必ず口内炎があるし
抵抗力も落ちてるから、風邪が治らない。

たまーに冷蔵庫を覘いてみて、昨日の残り物があると
残り物+納豆ご飯+牛乳を摂る。
それ以外は、ほとんどがお弁当。
このままじゃマジで死ぬ。

汚い話し、お風呂に入るのもイヤ。
本当はお風呂大好きなハズなのに、面倒で仕方ない。
だからもっぱら、Tが時間空いた時に
一緒にラブホに行って、お風呂に入ってくる。
多分、月で数えると・・・5〜6回かな。
って事は、週1ペースでしかお風呂に入ってないって事になるな。
あぁー汚い。自分すげー汚い。

キキョは、皮が剥けてたり、かさぶたがあると
病的に気になる。
ずーっと、それを剥き続けるのだ。
だから、かさぶたがいつまで経っても治らない。
髪の毛の生え際が、たまたまカサカサしてたのを
ペリペリっと剥がしたのは、いつだっけ。
剥いては治り、剥いては治り、それの繰り返し。
このまま行ったら、地肌が傷ついて、髪の毛が無くなる。

でも止められない。

昔、小学校卒業の時、担任の先生から色紙をもらった。
相田みつをの言葉が書いてある物だったが
何パターンかある中でキキョがもらったのは、
「やらなかった。やれなかった。どっちかな?」だった。

最近よく思う。
何事も、キキョは「やれない」のか。
それとも「やらない」のか。
何となく「やらない」だけなんじゃないかと思うキキョ。
そんな自分が、すごくイヤんなる。
役立たず。情けない。終わってる。大嫌い。

オトンに、たまに家の中で会うと息が詰まる。
「お前、何て格好してんだ。情けない」
必ず、ため息まじりに、そう言われるから。
両親の部屋から、たまに聞こえてくる声が
全部キキョの悪口に思えて仕方がない。

何を話してるのかなんて全然解んないし、
仮にキキョの話ししてても、心配して会話に出るんだろうけど
もう諦められた、見捨てられた、そんな感じが
最近すごく感じるから、全部悪口にしか聞こえない。

そんな歪んでる自分も大嫌い。
情けない。

心まで腐ってしまったのか。
もう立ち直れないのかな。

だったら、いっその事・・・消えてなくなりたい。
死ぬのは怖いから・・・いなくなりたい。
マジシャンの様に、誰かパッと消してくれたらいいのに。

消えてなくなりたい。

A HAPPY NEW YEAR!!PART3 

2007年01月10日(水) 2時33分
ハイ。キキョでつ。またまた皆様こんばんは。
早速ですが昨日の続きに参ります。


という訳で、(どんな訳?)旦那に振り回され続けたお正月も
そろそろ折り返し地点を過ぎました。

いきなりでつが、キキョは自分の車は持ってません。
ド田舎では車が必須というのに・・・何故に持ってないかというと
まぁービンボーっつーのもありますが(笑)
高校卒業とほぼ同時期、実は車を買ったんですよ。
しかもクソ生意気に新車。
あの当時はバブリー&世間知らずのお嬢様(自分で言うなって?)
だったので、自分の目で確認もせず
当時、会社に出入りしてた某ディーラーの営業さんに薦められるまま
カタログオーダーしました。(通販じゃねーっつーの!!)
今なら考えられん無知なキキョ。
親の会社で卒業式(3/1)の次の日(3/2)から働いてたキキョは
ちゃんとローンを払ってたんですよ?
間違いなく、あの車はキキョの車でちた。

しかーし!!

結婚するにあたりアパートの駐車場を2台確保するのは
もったいない!!と、キキョの車は家に置いて行ったんです。
で、結局その車の行方は転々と人の手に渡り・・・
最終的には会社の現場の車に成り下がり・・・今はもうありません。

なので、旦那がこっちで動くにあたってレンタカーを借りて
移動してました。レンタカーって結構高かったのね?キキョは知らんかった。
最初は2日の夜に帰って行くハズだった旦那。
地元に戻ってもつまらないと言う理由で勝手に延期。
2日までは娘の携帯を貸してたので連絡も出来たが
3日からは携帯がないので連絡がとれねぇ!!
レンタカーでドコをうろついていたのやら(笑)

キキョは予定通り2日に帰ったモンだと思ってたら
4日の朝に「公衆電話」から着信アリ。
ん?と不思議に思ったものの、無事に帰ったCALLだなと
勝手に決めつけてた。
そしたらお昼前にレンタカー屋さんから電話。
「2日に返却予定でしたが、何かトラブルでもありましたか?」
ん?まだ返ってない?ん???と思いつつ、とっさに返事。
「いえ。予定を変更したのでもう少しお借りしてたいのですが」
「あ、ハイ。解りました♪」

電話を切って、オイオイ何やってんだ?てかドコいるんだ?
てか携帯が無いって、めっちゃ不便ダー!!思いながら
旦那の行きそうな場所を、しばし考える。
すると「公衆電話」から着信。
出てみると、やっぱ旦那。
「アンタまだ帰ってなかったの?」
「ん?今から帰るから、ちょっと付き合って!」
と、また借り出される。何なんだよ・・・ったく。
近場のレンタカー屋さんに車を返すのかと思ったら
駅前まで連れてかれて「ハイ。降りて」
Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!?
ココなの?マジで?こんな人いっぱいのトコ?

だったら最初から言ってよー。
何かチョコ付いてるロンT着てるんですけど?
てか髪の毛ボサボサですけど?
てか顔も洗ってないですけど?
勘弁してよー!! _ノフ○ グタリ

旦那は構わず「寒いからどっか入ってコーヒー飲も♪」
イヤイヤ無理。絶対無理。死んでも無理。
路上で行き交う車の中からチラッと見られるだけなら我慢も出来るが
お店に入って「同じ空間で同じ時間を人と過ごす姿じゃないですから!」
と完璧に拒否り、結局少し歩き適当なベンチを発見!!
「ココでイイ!!」とキキョは根っこを生やしました。
2日のカラオケ大会で頑張ったキキョ。
まだ風邪が完璧治ってなくて、咳ゴホゴホ・・・。
色々と旦那と話してたら、突然咳き込み
次の瞬間・・・

バキッ!!!(てか、ゴキッ!?)

鈍い音がしたかと思ったら・・・こ、腰が痛い・・・。
マジで痛ぇ・・・。
動けねぇ・・・。
てか息出来ねぇ・・・。
何だコレ?

も、もしかして・・・コレが噂に聞く「ギックリ腰!?」

あまりの痛さに話す事も出来ず・・・。
咳が治まってから、旦那に話した。
旦那は心配してくれて、病院へ行こうというが
あ・・・保険証、家だ。
何故か冷静なキキョ。
てか、精神科、内科だけでイッパイ、イッパイなのに
これ以上医者にかかれるか!!とセコいキキョは、
旦那にいいから帰れと促し、Tへ連絡。
痛む所を少し押さえてたらラクになったから大丈夫だ♪と判断。
Tに迎えに来てもらい車に乗ったら
いでぇーのなんのって!!!
車の中で大騒ぎ。
あまりの痛さにパニクったキキョ。
次女に連絡し保険証を用意しててもらう事にした。
そのまま保険証を受け取り近くの整形外科へ。

診断は「第12肋骨骨折」

咳のしすぎで肋骨が折れたそうな。
キキョ生まれて初めて「骨折」した。
しかし肋骨は、なんの処置もできないので
自然にくっつくのを待つしかないらしい。
「2週間後にまた見せに来てね」
で、診察終了。

あぁー何なんだ。ついてねぇ。
正月早々「骨折」って・・・。
今年一年・・・大丈夫かなぁ。
とっても不安なキキョでつ。

という訳で、クリスマスから現在までのキキョの報告でちた。
今年一年、無事に過ごせます様に・・・。

A HAPPY NEW YEAR!!PART2 

2007年01月09日(火) 22時57分
ハイ。キキョでつ。皆様こんばんは。
早速ですが昨日の続きに参ります。


大晦日は家族で過ごすのがキキョの家の恒例行事で
特別何かをする訳じゃないんですが、
夕方(この日だけは!!)家族全員で食事をするのです。
(美容部員の次女だけは別ですが)
キキョが小さい頃は、夕方にお風呂に入って身を清めてから
神棚にお正月料理を奉り、家族全員で正座をして
神様へ手を合わせ、その後夕食が始まるのでした。
キキョの家は「おせち料理」というのは特別ないのですが、
お正月料理というのは決まってます。

お刺身、かまぼこ色々、お煮しめ、きんぴらごぼう、松前漬け
紅白なます、煮豆、栗きんとん、お吸い物。(これは夜用)

お雑煮、あんこもち、お煮しめ、きんぴらごぼう、かまぼこ色々
松前漬け、紅白なます、煮豆、栗きんとん。(これは朝用)

大体、上に書いたのを、大晦日の夕飯〜3日の夜まで
朝食と夕飯だけ食べるのです。(おとそも忘れずに)
でも祖母が亡くなった&子供らが大きくなった事もあり
年々簡素化されつつある恒例の「年越し」な訳ですが
やはりみんなで夕食をとる事は欠かせません。

それともう一つ・・・

極小ながらも会社を経営してるキキョ宅では
「商売繁盛と家内安全」を祈願する為、
県内では結構有名な神社へ行くのですよ。しかも二ヶ所。
最初は昔からお世話になっている神社へ
大晦日の夜9時半前後出発で「一番祈祷」をしてもらいに。
次の神社では商売繁盛の「熊手」を入手し
帰ってきて寝るのは元旦の朝4時過ぎ。
何時に帰ってこよーが、元旦の朝は無理矢理起こされ
寝起きで食欲もないっつーのに、新年の挨拶を強要され
半分居眠りしつつ神棚に手を合わせ家族全員で朝食をとる。
朝食メニューは上に書いたので戻って見て下しゃい。
他の家庭は解らないのですが、キキョ宅は「おもち」の売れ行きが
すこぶる悪く、みんな揃って「お雑煮の餅なし」が定番。
その後、小さい子は「お年玉」をもらって、また寝ます。

これがキキョ宅の恒例となっている「年越し行事」なのですが
みなさんのお宅には、こんな行事ってあるのかなぁ?

実は恒例となっている二件参りには実はキキョは参加した事がなく
一度、キキョが嫁に出てしまったからなんですケド。
先代のじーじが元旦の早朝にお参りに行ってた頃は
露店目当てで、よく目を輝かせてついて行ってましたが。
あー懐かしー!!あの通路の左右にビッシリ並んだ露店!!
よく、じーじに「コレ買ってー♪」とねだったもんだ。

話しが大幅にズレましたが
今回のキキョの「年越し」に戻りますね。


ホントは娘と一緒に大晦日から元旦にかけて過ごしたかった旦那。
今回は「じーちゃんと一緒に出掛ける!!」と、まんまとフラれ。
仕方なく(旦那曰く)キキョが借り出され・・・仕方なくかよ!!チッ。
大晦日の夜から、元旦の朝にかけて
最初はドライブ・・・しかし二人では本気でつまらん。
足を伸ばしてゴロゴロしたいのと、風呂に入りたいという理由で
結局ラブホへGO。
お正月番組もあんまりオモロくなく、結局二人で爆睡。
ハイ期待してた皆様、何もなくてスイマセン。(別に期待してない?w)
「元旦の朝はみんなで朝食!」のキキョは家に帰り朝食。

その後、やっと娘に会えた旦那はテンション上がりまくり。
しかしこの日は何かが違かった・・・
財布の紐が緩みっぱなしの旦那の財布を締めたキキョ。
「ここに行かない?」→キキョ「ダメ!!」
「ここは?」→キキョ「ダメ!!」
「じゃーここは?」→キキョ「ダメ!!」
と、ことごとく却下され続けた二人は
とうとう古本屋巡りを始めた(笑)

でもね?あり得ないのが・・・
一ヶ所ずつが長い、長い!!
もうね、車で待つキキョのゲームがプロ級になるくらい
帰ってこねーのなんのって。
さすが親子っつーか・・・どうも二人で立ち読みしてたらしい。
元旦は、そんな訳でリーズナブルに過ごしました。

で、2日は・・・題しまして「新春!歌い初めカラオケ大会」があり
それまで風邪&喘息で死んでたキキョ、三女は頑張りまちた。
しかも前日急遽、お互いにノルマを課し
キキョはケツメイシの「若気のいたり」を
三女はシーモの「ルパン・ザ・ファイアー」を
久々に1曲延々リピートで聞きまくり頭に叩き込みまちた。
当日は友達、友達弟、友達娘2人、キキョ、旦那、三女、従兄弟、娘の
9人で、開店同時入店の地獄のフリータイムやらかしました。
キキョん家はケツメ好き、友達ん家はKREVA好きと
RAPが飛び交う、飛び交う。
昔懐かし「シングルベッド」が持ち歌な旦那は完璧出遅れ(笑)
子供達の最近の曲にも付いて行けず
人見知りな性格も手伝って、旦那は飲みに走った。

いつの間にやら、夜のお店の雰囲気が漂い
旦那はピッチャーでビールを注文。
友達弟と従兄弟は旦那にビールを注がれ
新入社員歓迎会の様なノリに(笑)

楽しい宴は、あっちゅー間に終了。
各自その日は家に帰りました。

※続く



A HAPPY NEW YEAR!! 

2007年01月08日(月) 22時12分
って言ってもねぇ?もう何日過ぎたん?って感じだねぇ。

てかねぇ・・・


忙しかったんだよ!!!


すげー忙しかったんだよ!!


色々あり過ぎてハードだったんだよ!!!


超ハード!!!


解るぅ〜?って解らんわなw


去年のクリスマスから、もーマジ死ぬかと思った。

お子ちゃま達のクリスマスプレゼントを用意して、
お子ちゃま達の当日の様子を聞いて大満足したキキョw

苦労したケド、頑張って良かったぁ〜w
ってホント救われたw

その後、旦那が年末遊びに来るっつーから
連絡したら・・・出ねぇ・・・。
ホントに来んのかー?なんて思ってたら・・・
公衆電話から「今からそっち行くから!!」って
こっちも色々準備とかあるんだから
もっと早めに言えよ!!思いながら
ん?何故に「公衆電話?」とか思ったケド
「着いたから駅まで迎えに来て!!」って。

慌てて迎えに行って、その車の中でやっと会話。
どうも旦那・・・前日の忘年会で酔っ払って寝込んでしまって
一旦寝たら起きない旦那は、連れに見捨てられ(笑)

数時間後・・・

やっと起きて帰ろうとしたら・・・

ブルゾンがない!!てか靴もない!!

そんな状態にしばし思考停止。
やっと思考回路が回復したら・・・

携帯とカードケースがない!!って事に気づき
しばしパニック。

盗まれたのか?お店の人が預かっててくれたのか?
お店の人に確認した所
「お連れ様が、全て持って行かれました」
(; ゚ ロ゚)ナン!( ; ロ゚)゚ デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

_ノフ○ グタリ 

旦那の会社の人って、地方から来てる人がほとんどで
その忘年会が終わったら、日本全国散り散りになっちゃうんですねぇ。
正月前だと言うのに、携帯とカードケース紛失。
バカでつねぇ(笑)

でも、まぁ盗まれた訳ではないし、
保管しててくれた人が県外に出ちゃっただけなんで
現金と、キャッシュカードはある訳だし。
財布はポケットに入ってただけでも、まぁマシ?みたいな。

今、みんな携帯に番号入っちゃってるから
身近な人の番号くらいしか覚えてないよね?
実際キキョは、自分の携帯番号も覚えてないし
友達のも解らん・・・てか三女&娘の番号すら解らん。
旦那ももちろん同じ。
キキョの携帯番号を書いた紙を握りしめて
新幹線に飛び乗ったそうな。
娘に会いたい一心で(笑)

クリスマスが終わって、旦那が急に来て
振り回される、振り回される。
もう娘の願いを全て聞いてあげたいもんだから
「今日は何したい?」「映画観たい」→映画
「次は何したい?」「ショッピング」→大型ショッピングモールへ
「次は何したい?」「お腹すいた」→遅めのランチタイム
「次は何したい?」「カラオケ」→キキョ「いい加減にしろ!!!」

何ってね?キキョは人込みがダメなモンで・・・
二人が出掛けてる間は、車で待機な訳ですよ。
映画なんて2時間強。一人車ですよ。
一人でDSやりっぱですよ?
でも娘が車に戻ってくる度、デッカイ袋を持ってくるんですよ。

いくら稼ぎの良い旦那でもマジシャンじゃないんだからねぇ?
旦那が休み終わって地元帰って・・・メシ食えなくて死亡・・・
なんて事になったら、キキョも困る訳ですよ。

そんな大げさなー(笑)とお思いの、そこのアナタ!!!
キキョの元旦那を甘くみてもらっちゃー困ります。
自分の何かを削れないかと考えた挙句
家賃が高いと、先日引越ししちゃいましたから!!
少しでも娘にお小遣いをあげたくて
丸々1ケ月とは言いませんが・・・
しばらく「おにぎり」で生活してましたから!!
元々、食が細い人なんですが、放っておくと
何も食べないんですよ!!!
結構やっかいです。ハイ。

なモンで・・・こっちで全財産、使ってしまいそうな勢いだったのを
キキョが止めた訳です。
結果、その日はそのまま家路につきました。

※続く

キキョの病気&薬について 

2006年12月20日(水) 18時14分
今日は午前中、悪友が遊びに来てくれたので
キキョはめずらしく早起きしてまちた。

といっても、寝る時間、起きる時間、いっつもバラバラなんだけどねぇ。

ここ最近はAM1時には布団に入ろうと努力し
目を閉じて、頑張って「寝る!!」
でも・・・結局AM3:30頃にはお目々がパッチリ。
また寝ようと頑張っても・・・結局無理なので
TVを見たり、ビデオ&DVD鑑賞したりが日課。

実はキキョは、毎日これだけは!!しようと頑張ってる事がある。
それは娘の洋服を一緒に選んであげて「行ってらっしゃい」と
「おかえり」を言う事。
んー当たり前の事なんだろうけど、色んな障害を持ってるキキョには
実際、かなり難しいのだ。

睡眠障害、摂食障害、社会不安障害、パニック症状(障害手前)
それに伴う鬱状態(鬱病手前)他にもまだあるけど、
病名をあげたらキリがないw

ちょっとした事でイライラし、ちょっとした事で悲しくなり、
ちょっとした事で落ち込み、ちょっとした事で不安になる。
この不安が実は一番やっかいで、大げさでも何でもなく
「自分は死ぬんじゃないか!?」っていう位、不安になるのだ。
不安が強いと、パニック発作も出やすくなり、
自分の心臓の鼓動が響く響く。呼吸も乱れ息苦しい。
耳鳴りが鳴り響き、いてもたってもいられない・・・
どこかへ逃げたくなるのだ。

今は薬のおかげで、すんなり眠れるようになったけど
前は、電気を消して布団に入ったら最後
このまま死んじゃうんじゃないか?と不安で寝付けなかった。
その代わり副作用もあって、睡眠時間がバラバラな為に
変な時にどうしようもないくらい眠くなる。
大事なお話し中とか、時と場合も関係ない。
一番怖いのは車の運転中だね。

パニック発作には、小発作、中発作、大発作(勝手にキキョが命名)
があって、小発作は日常茶飯事で、慣れちゃいました。
中発作は薬で止まるくらいの発作、大発作は病院へ運ばれるくらいの発作。
一度、車の運転中に大発作が来た時は、
マジでこのまま死ぬんだなぁ・・・と覚悟しました。
でもどこか冷静な自分もいて、車を路肩に寄せハザードを付け
その時、身体があいてそうな人に助けを呼ぶくらいは出来るのだ。
その後は、ホント地獄。
過呼吸ではなく、すっかり逆。呼吸が出来ない。
身体中が冷たくなり、身体中の感覚が麻痺してくる。
耳も聞こえなくなって、視界もボヤけてくる。
意識が飛び飛びになってくる・・・。
死ぬ時ってこんな感じ?みたいな擬似体験をするのだ。
あれはマジで怖かったなぁ。

話しがそれたけど、運転中の眠気も本気で怖い。
自分の意識では、抑えられないから。
でも自分の車じゃないし、何時まで家に帰らなきゃ。
娘が待ってる。あれもしなきゃ、これもしなきゃ。
なんて思って、無理に運転してて意識が飛んだのは
数え切れない位ある。
でも家族みんな忙しいし、キキョの為に時間を裂いてもらうのは
何か気が引けるから、結局全部自分でしようとする。
もうちょっとで交通事故・・・何度あっただろう。

ちゃんと布団で寝ないからダメなのよ!
ちゃんとした時間に寝ないからダメなのよ!
そう言われ続けて、早5年が過ぎた・・・。
キキョだって普通に睡眠が取りたいのだ。
昼夜逆転じゃなくて、ちゃんとした生活がしたいのだ。
娘だって来年には6年生になる。
これからガンガンお金もかかってくるし・・・
社会復帰もしたいのだ。
でも自分の事も出来ないキキョが
社会復帰なんて全然無理な話し。
現実って厳しい。

どうせ仕事するなら、完璧な仕事をしたい。
でも今のキキョでは、無理なのだ。

でも前の心療クリニックへ通ってた頃よりは
かなり薬が減った。
前はホントにヤク中状態。

今キキョが飲んでる薬を今日は書いてみようと思います。

朝:デパス1mg×1、パキシル10mg×2、漢方1包
  ミカルディス40mg×1、ノルバスク5mg×1
  (その他体調に応じて喘息の薬も)

昼:デパス1mg×1、漢方1包

夜:デパス1mg×1、パキシル10mg×2、漢方1包
  (その他体調に応じて喘息の薬も)

寝る前:レンドルミン0.25mg×2、ロヒプノール2mg×1
     メイラックス1mg×1、プルゼニド×2(下剤)

頓服:ワイパックス0.5mg×2(不安の強い時)

お薬を調べたい人は、http://www.jah.ne.jp/~kako/
ここからどうぞ。色んな薬が載ってるよん。

しっかし書き出すと多いなぁ・・・これでも3分の1位になったんだけどなぁ。
もっと少なくなーれ!!

闘ったよ… 

2006年12月19日(火) 23時27分
コレ知ってるかなぁ?

すげーマイナーなジャ○ラー。

今日はすげーやりたくて、やりたくて
今日の本当のイベントは北○の拳。

でも行ってみたら人がいっぱいで
座れなかった…(-ω-;)

しゃーないから沖スロの方へ行ったものの
全然回ってなくて怖くて座れなくて
結局ジャ○ラーに着席。

行った時間帯が悪くてクソ台しかなく
まーいっか的に最初の台で戦闘開始!

比較的早く当たってくれてバケ2。
隣の台に何気に目をやると…
900越え。オヤジ頑張れ!と願うものの
オヤジは肩を落として止めてった。

これはキキョが仇討ちせねば!と
(いわゆるハイエナw)
素早く煙草を投げ入れ台を確保!

その時点でBIG22のバケ5。設定は決して悪くない!!
早速打ち始めて案の定すぐBIG!
50位回してまたBIG!!
やっぱコレいいんじゃねー?何て思ってたら…

やられました…1400越え。
もー台との死闘!!
どっちが先にGive upするか…

結局キキョの根性勝ち!でも…
収支的にはキキョの負け。
闘ったよ。
すげー闘ったよ。
灰になったよ…。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:桔梗
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月11日
読者になる

ファッション全般が大好きな
北国在住のバツ1ママ♪

心の病に嫌悪感を感じる方の
コメント・・・マジで凹むんで
絶対止めて!

現在ボーっと自宅静養中☆★
マイペース♪マイペース♪
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像桔梗
» 闘ったよ… (2006年12月20日)
アイコン画像夢月華檻
» 闘ったよ… (2006年12月20日)
http://yaplog.jp/kikyou74/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる