んん。。

October 18 [Sun], 2015, 11:47
やっぱSNSって。。。
しょうもない。。。


ライブってさ、結局行った人だけのものであって、
行ってない人はせいぜいセットリストで想像するくらいしか受け取れなくて、
んで、それでいいと思う。
昔の、雑誌の記事のライブレポなんかと違って、
今は普通の人がSNSなんかに書くけど、あてにならないよ。
しかも行った直後にセットリストばらして、平気でネタバレするし。。


SNSで生き生きしている人とか、雄弁な人って、
リアルではつまらない人、失礼な人とか、断言してもいいくらい、
SNSのネット人格は無駄。
むしろ、「SNSで発表することなんか特にない」
くらいのほうが、普通の人の感覚としては当たり前なんだよ。


くだんの身内ノリのライブ、
言葉にならないほどの強烈な身内ノリだったけど、
例に漏れず、「身内の」人間が、SNSでベタ褒めしてた。
ああいうところに載ると、いかにも「メディア」っぽくなるんだろうけど、
身内の人間が友だち褒めてるだけですからね。
あてにならない。
親が子供自慢しているのと大して変わらない。
それ見て、「あのバンドすごいんだー」とかいう印象かもしれないけど、
結局身内しか客は来ないからね。


私のように部外者で、絶対SNSなんかに感想を書けない、
そういう人間の所感がもっとも普通の人の感じ方に近いと思うけど、
誰もそれを書けず、読めないので、
結局、目にすることも、共感することもできない。
本当の感想や評価は見えないところにしかもうないのかもしれない。

SNSでの褒め言葉なんてうんこですな。。。
どこにも公開しない、
関係者だけが知っている現実が、
一番真実の、得がたい真実かもしれない。
要はうそと虚飾しか目に見えてこない。
おかしな時代だね。。
「海外に行ってどうたらこうたら」みたいな話が、
いやみにならないというのも人徳が必要なんだよ。
若造がそんな自慢したってあほぼんみたいにしか見えないよ(汗)

あー。。

October 16 [Fri], 2015, 0:17
私は常々、身内ばっかり集まるタイプのライブが苦手なんだけど、
理由としては、「一見さんに優しくない」
「部外者が見ても面白くない」ライブはダメだと思っているから。
そういうものをお金を取って見せる人にはけっこう不信感がある。

お金を払う人がいればもちろん成立するだろうけど、
基本的にほとんどが友人知人、とその知人で埋め尽くされ、
全く知らずに紛れ込むタイプの客は数えるほどしかいない。

これを普通のプロのバンドのライブと比べると、
真逆なんだよね。
友人知人はほとんどおらず、一見さんがほとんどになる。
常連客であっても友人知人ではない。
私は、そういった客に評価されてこそお金を取る価値があると思うけど、
最近では客の質が低いので、それも今では成立しづらい。

とはいえ、友人知人で埋め尽くされるライブのつまらなさは、
結局、「その人たちを知らなければ親しみを感じることもできず、
そういった感情を排した部分で楽しめる要素もない」
というふうになってしまいがちなことで、
こんなんで楽しめる人とは私は感覚が違うというか、分かり合えない。
ただただ、褒めること以外許されず、つまらなくても出て行くこともできず、
ある意味拷問に近い。

金爆みたいなバンドが好まれる理由は、
そういったライブを嫌悪する感情と無関係ではないと思う。
親しいとかなんとか関係なく、ぱっと見て入り込める、
ひねった笑いで楽しめる、そういうことのような気がする。
長年、そういうバンドばかり好きで見てきた私には、
シャレとか一切通じない、ただうまいだけの素人バンドのライブは、
本当に苦手としか言いようがない。
もちろん好きなバンドもあるよ。
そういうバンドは、「知り合い」であるからうんぬんといった感情とは関係ないところで、
面白いとか魅力があるとか感じさせてくれる。
それがないバンドは結局義理以上のものを受け取れず、
人を惹き付けることはできない気がする。


なんでこんなことを書くかといえば、
久しぶりに、付き合いでつまらないものを見なきゃいけない羽目になりそうだから。
付き合いとか義理で見るライブなんて、クリエイティブからもっとも遠いものだよ。
あーしんどい。。。

ふ〜〜〜〜〜。

October 15 [Thu], 2015, 21:04
超ひさびさに更新。

前に書いてた先生とはいろいろあって疎遠になり、
今習っている先生はけっこう有名な方。

けど、そういう人と関わると面倒も増えるもので、
正直言って、好きな曲を好きなようにはできなくなった、
というか、
学校とかのゴタゴタで、何のために練習しているかわからなくなってしまった。


久しぶりに一人で歌ったり、好きなようにギター弾いたり、
スコア見てコピーしたりしていたら、
「そもそもやりたかったのは違うじゃん」という感じになり、
やっぱ練習以外の雑音はよろしくないなあと痛感した。

私の音楽への姿勢とか聴き方は、かなり独特というか、
メタル系のギターマニアみたいな人とはかなり違う。
早弾き系とかじゃなくて、ものすごくリスナー寄りなので、
新しい音楽を聴かないとダメだし、
映画とか、ほかのカルチャーにも触れないとダメ。
どっちかといえば、ジャンル問わず音楽オタクみたいに聴く、
DJとかできそうな雑食系というか、サブカル系の人とのほうが話が合う。
んで、純粋に面白いと思えることがないとけっこう自滅する。
なんか、SNSとかで、ギターマニアみたいな人たちの記事ばっか見てると、
やる気がまったくなくなってしまう。
比べてしまうからかな。
そういう人たちのクソ真面目さとは相容れないんだよな。。
自分独自の空間とか感覚を保っていないと、
音楽を楽しめなくなるのでやっかい。
なので人付き合いは全然できなくて、SNSは本当に悪影響しかない。
ああいう人たちは、うまい=正しいの世界なので、
そういう価値観に覆われると私はほんとつまらなくなってしまう。


ゆうやの記事を見ると安心するなあ。
安定のゆうや。


ピッチシフターがどうのこうの言ってたときより、
今のほうが多少演奏がこなれた気がする。
結局エフェクター類は一切買えていないけど。。。
DTMを教わったりしてるので、曲を録るほうが先になるのかも。
とりあえずMacが欲しい。。。

ん?

November 21 [Fri], 2014, 12:29
あれ?
↓でピッチシフターを「音程を変えるもの」とか書いてるけど、
なんか違うな。。
ハモりを入れるやつ。
ギターが2本鳴ってるように聞こえる機材かな。


この前楽器屋で、しんぢの使用機材を調べてくれて、
けど、真似できるようなものではなかった。。
私のような素人は普通に使います。。


しかし、いよいよ早弾きの練習。
それで上達するのかなあ。。

ごいすー。。

October 20 [Mon], 2014, 22:37
そうそう。
この前のギターのレッスンで、
「妄想日記」のスコアに出てくる「ピッチシフター」とは何か、という話になり、
普通にエフェクターだと聞いたのでネットで探していたところ。
(音程を変える機材だそうです)

ローリーなんかがジミー・ペイジについて語ってる動画が出てきて、
超面白かったww





この動画は、連続再生でちゃんと番組全部が見れるチャンネルがあるんだけど、
そこで佐野史郎さんが、
「アレイスター・クロウリー等黒魔術との共通点」とかの話をしてて、
これまたびっくり。
クロウリーは、タロットとかで知ってる人で、
まさかジミー・ペイジとつながるとは。。。と。

ジミー・ペイジは、ギター自体は下手だとよく聞くんだよね。
センスがある人だと。
見せ方とかが上手い人なのかな。
まぁ私の中でも頂点に好きなギタリストかも。
ツェッペリンって唯一無二の感じだもんね。
私は他のハードロックは全然聴かないしな。。
ブルージーというか、耳にキンキンこなくてかっこいい、
そういうギターの音が好きなんです。
プロフィール
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる