ヱヴァ「Q」感想【ネタバレ注意】

December 02 [Sun], 2012, 17:14
新世紀ヱヴァンゲリヲン「Q」
観て来ましたーー!(11/26)

以下、ネタバレ含んだ私の感想と考察になりますので、
観た人、若しくは、バッチコイの人以外は、回れ右をお願いします。








































取り敢えず、「Q」におけるシンジ君の心境を代わりに述べたい。

シンジ君『 誠に理不尽極まりない 』

これがぴったりだと思うんだよね。笑

ミサトさん・リツコさん率いる元NERVメンバーは、Wille(ヴィレ)という
NERVに敵対する勢力組織として登場しており、しかもシンジ君を敵視。
シンジ君は14年間、初号機と共に凍結しており、目覚めたら元仲間から、
「もうエヴァに乗るな、もう必要ない」って言われたら・・・ねぇ?
だってさ、「破」のラストの時、

ミサトさん「行きなさいシンジくん、他の誰でもない、自分自身の為に!」

みたいな事言ってたよね??
皆がシンジ君の味方だよ〜的な感じでさ??
ここからして、なんて理不尽! って感じだった。

そして、NERVに戻ったシンジ君は、カヲル君から真実を聞く。
NERV本部にいる仲間や綾波を助けようとしたら、サードインパクト起こしてた。
で、世界は旧劇みたいになってた。
その時出てた、小地球みたいな物体(赤線入った)ってさ、もしかして「月」では?

ここでね、アレ?って思ったのは、「破」のラスト時点では、
「サードインパクトが始まる・・・」と思われたが、
カヲル君が月面からMark.6で飛来し、槍(カシウス)を使って初号機を機能停止に。
どう見ても被害は最小であって、サードインパクトを阻止してませんでした?

しかし、「Q」の場合は、サードインパクトが起こり、大規模な被害が出ていた。
つまり、今回の「破」⇒「Q」は違う世界軸というか、
違う選択肢の結果の世界ではないのか?と。
ただ、「破」の予告の映像は、確かに「Q」の事であり、
それが、凍結していた14年間をダイジェストにしたものなのか。
つまり、「Q」の前半のものであるのか。
若しくは、「破」⇒「Q」の内容が違うもので本来の「Q」の世界の予告なのか。

で、題を確認。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

次がさ、それまでの部分をもう一度繰り返す『:||』っていう反復記号なのか。
ただのそこで終わり『||』っていう終止記号なのかにもよるわけです。
だけど、わざわざ題名の前に全部『:○』って付いてるから、
反復記号なんだと思うんだけどな〜。
公式的に、音楽を意識してるらしいしね。

「:序」「:破」「:Q」何れかに、反復=ループする話ではないのだろうか。

私が「Q」まで観て考えるのは、こんな内容。

序⇒破⇒バッドエンドQ(今回)⇒:破のラスト⇒シンのハッピーエンドQ
⇒エヴァンゲリオン

『シン』のエンディングを迎える事によって、
ヱヴァンゲリヲン⇒エヴァンゲリオン という、新しい世界に移行出来る、と。

そう考えないと、話繋がんなくないか?と。
カヲル君が死ぬ間際、「これは君の幸せではなかった」という台詞から考えるに、
ここで、カヲル君は後悔しています。
つまり、「破」のラストに怒った顔で、
「今度こそ君だけは幸せにしてみせるよ」発言に繋がるのではないだろうか。

ただね〜。TV版から繋げて考えてみる。
アダム = カヲル(アダムの魂◆最初に地球に来た種◆使徒)
リリス = レイ (リリスの魂◆後から地球に来た種◆人類)

で、どっちにも好かれたシンジ君(神の魂)が、どちら(の種)を選ぶのか?
って話も組み込まれてたわけじゃないですか。
「破」のラストで、必死にレイを救おうとして、
カヲル君が嫉妬したから怒った顔をした説も、あながち間違いじゃないよね。
まあでも、台詞込みで考えると、「Q」⇒「破」ラストにループするんだと思う。


TV版でも新劇「Q」においても、結局のところ、カヲル君はゼーレやゲンドウに
騙されており、失敗している。
TV版では、「アダム」と接触する事が目的であったのに、居たのは「リリス」。
リリスにのまれてしまうので、自ら「死」を選択する。
新劇「Q」では、ロンギヌスの槍とカシウスの槍が必要だったのに、
同じ槍が二本あったっていう・・・。(たぶん形状からしてロンギヌスが二本)

槍ってさ、生命の種である源の動きを止めるものですよね。
アダムとセットの「ロンギヌスの槍」
リリスとセットの「カシウスの槍」
つまり、カシウスの槍は、リリスの動きを止めるもの。
だから、「破」のラストでカシウスの槍を使って、初号機を止められたって事?

でもさ、旧劇だと、「ロンギヌス」の槍が初号機に向かってきましたよね?
元々、アダムから人に似せて造ったのがエヴァだから、本来なら、
ロンギヌスの槍でエヴァが止まるのは分かるのですが・・・。
初号機だけ、リリスから造られてたんじゃ?

そこまでいくと考えすぎなのかしら?

まあ、初号機云々はおいといて・・・。
ロンギヌスとカシウスをカヲル君とシンジ君で取りに行ったってことでしょ?
それで、やり直せる的な事をカヲル君がシンジ君に話していました。
つまり、アダムもリリスも一度止めてしまうって事ですよね?

しかし今回も、カヲル君は嵌められてるわけですよ。

カヲル君「そうか、そういう事か。流石リリンの王、シンジくんの父親だ」
 ↓
ゲンドウ「ゼーレの少年を排除し、第13号機も覚醒へと導いた」

そしてね、
カヲル君「第一使徒の僕が第十三の使徒におとされるとは・・・」

第一使徒は言うまでもなく『アダム』です。
第十三の使徒に、「堕ちた」という漢字をあてるのだとしたら・・・。

カヲル君「僕がトリガーだ」

って発言から察するに、
第13使徒になる⇒13号機、覚醒状態⇒フォースインパクト
カヲル君爆死。⇒でもガフの扉閉まらない。

そこで、マリが見抜いたのか、
「ワンコ(シンジ)君は保険か!」って発言が気になる。どゆこと?
魂が二つないと動かせないダブルエントリーの13号機なのに、
なぜカヲル君が死んでも動いていたのか?
そもそも13号機は、途中でカヲル君の指示では動かないようになった。
そして、シンジ君が13号機から抜け出したら止まったのよね。
ふーむ。


いやあ。兎に角ね。
カヲル君が始終画面上でイケメン過ぎて、シンジ君好きすぎて、通常運転でした。
あのさ、星見てた時に、ふと相手を見たら、あの姿でこっち見てるとかさ。

思わず 「ふっ」 って笑いを堪え切れなかったわ!何あれ??笑

ピアノ連弾でのイス座るシーンにもウケた。何アレ??笑

後、シンジ君のチョーカー外そうとしてた時の動作がアレ過ぎて、
後ろから抱きしめるんだと直前まで思ってしまった私を、殴りたい。^^
公式的にそうなってもおかしくないじゃないですか!笑
私のせいじゃないよー!きっと、あれ見たら皆思うよーー!!><


そして、カヲル君の発言。
TV版「君に出会うために生まれてきたのかもしれない」
 ↓
新劇「君に出会うために生まれてきたんだね」

この変化も気になるよね。どう確信になったんだろうか?

後は、「どうしたの?元気、少ないね?」っていう台詞が凄く可愛かった!
「Q」のカヲル君は、TV版より表情豊かだった気がするかな。


うーん。そうねえ。
TV版も旧劇も含めてじゃないと、新劇「Q」からは分からない気がするのよね。
いや、全部見ても謎が多すぎて咀嚼しきれてないんですけども^^;

「Q」で、あの巨大なレイの顔があったって事は・・・
アスカが眼帯してるって事は・・・
あの赤線入った小地球みたいなのがあるって事は・・・

「旧劇」の方に、より近い世界観って事だよね?おそらく。


取り敢えず、「ユイ」さんがキーなんだって、気づいた。
もしかしたら、ゲンドウよりも、ユイの方が独善的というか・・・
そして、振り回される 【運命を仕組まれた子供達】 に繋がると。
エヴァを操縦するために、パイロットの母親の魂を介在して動かすわけですし。
子供が可哀相だわ!と。


うん。また、色々考えてみよう!^^
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:星巫
  • 誕生日:9月5日
  • 血液型:AB型
  • 趣味:
    ・映画とか洋ドラ-SF・ファンタジー・アクション・ホラー
    ・料理-主にお菓子作り
    ・芸術-絵とか音楽とか踊りとか
読者になる
基本的にヲタクです。時々実況とかしてみる。
スピリチュアルです。時々変な事言います。
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる